ここから本文です

陶芸初心者です 顔料の使い方について教えてください 土に練りこみで使うほか...

iti********さん

2019/10/1109:15:37

陶芸初心者です
顔料の使い方について教えてください

土に練りこみで使うほかに絵具のようにつかえますか?

またその場合水に溶くのか釉薬に溶くのかどうでしょうか
素焼き前の作品に水溶き顔料をかけて素焼きできますか?

よろしくお願いします

閲覧数:
114
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

xmb********さん

編集あり2019/10/1309:22:32

顔料は

1 下絵の具としてそのまま使います。(但し透明釉などを少量加えると安定します)
2 釉薬に混ぜ発色材として使います。
3 化粧土に混ぜて色化粧土の発色材に使います。
4 粘土に混ぜ色粘土を作り練り込みなどに使います。

陶芸材料店などでは顔料という名称でいろいろな色が売っていますが昔から着色剤として呉須(酸化コバルト)や弁柄(酸化第二鉄)が使われていますがこれも顔料の一つです。

「素焼き前の作品に水溶き顔料をかけて素焼きできますか?」
できますが濃さが問題になります。濃いと素焼き段階で剥がれます。下絵の具として使う場合も濃さは経験値が必要です。濃すぎると剥がれたり釉薬を弾いてしまいます。黒や青のように発色しやすいものもありますが黄色のように薄すぎると発色しないものもあります。

素焼き前に色をつけたいなら化粧土にした方が無難です。

  • xmb********さん

    2019/10/1309:32:33

    思い出しましたが、呉須などは墨弾きという技法があります。
    顔料は下絵の具として使う場合でも乾燥した素焼き前のものではなく生乾きのものに施してください。完全に乾燥した素地に使うと剥がれます。

    さて墨弾きですが普通呉須を用います。顔料であればどれでも使えると思います。

    生乾きの素地に蝋や撥水材で紋様を描き全体に筆で呉須(顔料)を塗ります。その後素焼きをします。撥水材で描いたところが綺麗に抜けますので透明釉をかけ本焼きします。

    素焼き後にもできますがさらに素焼きする必要があるので素焼き前に行うのが一般的です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/10/15 08:17:25

顔料の使い方よくわかりました
色の濃さ使うタイミングなど難しそうですがやってみます

回答ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

マリモさん

2019/10/1110:23:35

釉薬に溶かして使います。
釉薬用として使えるかは以下のサイトの表をご覧下さい。
https://www.nitto-nsk.co.jp/product/ceramic/nsk-ceramic-colors.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる