ここから本文です

「働く事」はサタンの手先になる事でもないでしょうか?

お金が何故人格を養うか、さん

2019/10/1207:55:28

「働く事」はサタンの手先になる事でもないでしょうか?

補足サタンのパンを食するという事では?。

閲覧数:
25
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

osa********さん

2019/10/1208:00:20

労働は、人間の原罪に対する神が与えた罰

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dam********さん

2019/10/1215:06:12

そういう考え方もありますが、マックス・ウェーバーという人は「プロ倫」という書物の中で「天職」の概念を生み出し、プロテスタントの教義の中に「自分が神により救われる人間であるとすれば、神により用意された適切な職業に真剣に打ち込むはずである」という考え方があることを指摘しています。つまり、働くことは神の意志に沿っているということです。

もうちょっと突っ込んで言うと、仏教では「因果応報」であるため、何か良いことをすることにより天上界に生まれ変わり、悪いことをすれば地獄に落ちるという考え方をするのですが、伝統的なキリスト教、特にプロテスタントでは人殺しばかりしているヤクザでも救われる人は救われ、マザー・テレサのような人であっても救われない人であれば救われないとするのです。救われる人であるかないかは神様が決めることであり、しかも神様はいい人であるかそうでないかで救うか救わないかを決めるわけではないのです。ぶっちゃけ気まぐれ、あるいは自分のお気に入りであればクソみたいな人であっても救うし、嫌いな奴であればどんな善人であっても地獄に落とします。まぁ、わかりやすく言えばワンマン社長の経営する中小企業みたいなものです。

そうした中、それでも何とかして救われたいキリスト教の信者は、「仮に自分が神により救われる人であると認定されていると仮定すれば、この世においても(神により用意された職業に励むことより)豊かで祝福された生活を送っているはずである」という妙な論理を展開し、そこから「まじめに働き豊かになる=神に救われている証拠」と思い込むようになったというようなことが「プロ倫」に書かれているのです。

余談ですが英語で「天職」はCallingといいます。神からの呼びかけという意味です。

jigorokenさん

2019/10/1209:17:47

ブラック企業で働けばそう言う事になります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

nak********さん

2019/10/1208:07:28

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Apolloさん

2019/10/1208:04:43


「働かざる者、喰うべからず」は真理です

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる