ここから本文です

母系制と父系制の違いを、わかりやすく説明してくださいませんか?

vap********さん

2019/10/1223:13:02

母系制と父系制の違いを、わかりやすく説明してくださいませんか?

閲覧数:
35
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ail********さん

2019/10/1307:50:02

母親の財産を娘が
父親の財産を息子が
各々継承する基本システム。
産まれた子供をどちらの親が育てるか共、連動します。
日本は両系で家制です。
男女いずれかの家に入るのが日本の結婚制度です。
婿養子に入っても、家付き嫁が死ねば、新たに嫁貰います。親とは全く血が繋がりませんが、家(家名としての苗字)は継続された、財産も赤の他人が継承する事になります。
日本特有の制度です。
母系はイスラエル、ユダヤ人、東南アジア他
父系は中国、朝鮮、欧州
両系・家制は日本のみ。
余談
苗字・家系図頼りに自らの先祖探す馬鹿日本人が増えましたが、日本は中国・朝鮮とは違うので、不可能です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aka********さん

2019/10/1318:21:08

<旧石器時代>
旧石器時代の母系制氏族社会では、男は共同で狩りや漁に、女は共同で木の実拾いにいそしみました。収穫は平等に分配しました。始めの内は男女は誰と誰がやっても自由で、群婚・自由恋愛でした。生まれた子供は共同で育てました。女は子を一人産むのに一年近くかかるので、優れた男を慎重に選びました。男は相手さえ居れば毎日でもやりたいので、良い女を求めてムラからムラへ渡り歩きました。その結果、どこのムラも女は地元出身者ばかり、男はよそ者ばかりでした。だから竪穴住居などの財産は女が管理し、婆さんから母へ、母から娘へと女系=母系で受け継ぎました。ムラの掟や方針は巫女の婆さんが神のお告げと称して決めました。

<新石器時代以後>
やがて地球が寒冷化して収穫が減り、男達は磨製石器や弓矢を発明して、新石器時代になり、農耕や牧畜を始めました。農地や家畜などの生産手段は男の私有財産になり、それを男達は奪い合い、貧富の差が付き、階級支配が始まりました。男達は女をも私有して、自分の子孫を特定し、財産を受け継ごうとして、男系=父系になりました。女から共同体の権力も奪い、女性を差別し、女を生殖資源として、他のムラとの外交手段に使い、交叉いとこ婚や平行いとこ婚になり、近親相姦を禁忌としました。更に有力者の一夫多妻制に、後に一夫一婦制になりました。
女たちは従来の群婚・自由恋愛か、結婚して人妻になるか選択を迫られました。結婚する場合はムラの男達とはもうできなくなるので、結婚前夜にムラの男達みんなとやりまくって、別れを惜しむ風習が世界各地に残りました。中世にはそれが変質して、ムラの男達の代表として、有力者とか聖職者が花嫁に対する初夜権を持ちました。
一方群婚・自由恋愛の名残りは歌垣や妻問婚や夜這いなどの形で後世まで残りました。夜這いは中世の農村の婚活で、若者組や青年団が取り仕切り、目当ての女性には事前に打診したり、女性には拒否権が有りました。

<近代>
夜這いでは幕府や政府には税収が入りませんでした。そこで政府は夜這いを禁止して、一夫一婦制を勧め、産業革命に伴って、農村の余剰人口を都市に流し、男は工業労働者に、一部の女は売春婦にし、性産業を整備し、税収を確保しました。
だが群婚・自由恋愛の名残りは更に不倫や援助交際などの形で後世まで残りました。

<将来>
一夫一婦制は崩壊し、経済的に自立した男女による自由恋愛、多夫多妻制に向かうしか解決しようが無いものと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

man********さん

2019/10/1223:30:14

父方の血筋を継承するか
母方の血筋を継承するかに違いですが
単純に言えば
代々嫁を貰うか婿を貰うかみたいな感じ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる