ここから本文です

なぜ自分の専門分野以外は高校範囲の知識さえわからない大人(親や先生)が、「興味...

You yusuiさん

2019/10/1421:20:58

なぜ自分の専門分野以外は高校範囲の知識さえわからない大人(親や先生)が、「興味ないことでもいつか役に立つから覚えなさい」と言うのですか?

閲覧数:
15
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

本質さんさん

2019/10/1421:44:54

その言い方だと
おそらく次の2つのうちどちらかと思われます。

①子供(や教え子)がとりあえずやってもらわないと大人のメンツが立たないため


②自分のやってきたことに自信や自覚がなく、今苦労している(もしくは満足してない)と感じているため


一応、
③自分はきちんと興味のない分野も勉強し、その必要性がわかっているため
というパターンもあり得ますが、
その場合だとそんな言い方はしないはずですので③は消去です。


現代の大人の、後世に対する大きな罪の一つに、
知識の必要性と使い方の"明確な理由"を伝えられる程、自分を磨いてないというのがございます。

よくいらっしゃいます。
「勉強しろ」とばかり言うだけで
その理由が明確ではなかったり
「受験に使うから」などというチープなものしか言えない大人が。

これは
100点を取ることを目指し、
右に倣えということだけをやってきた
教育制度のせいでございます。
このやり方では
正直、単純作業しかしない作業員が育つだけなのです。


質問者様の仰るような質問であったり
「どうして勉強しなきゃいけないの?」という質問に対して
納得のいく理由ができる大人は非常に少ないです。残念ながら。。


例えば
義務教育は、野球でいう素振りに近いものがあります。

・素振りは何故必要なのか
・素振りで何が得られるのか
・その得たもので自分はどうなるか
・その自分を積み重ねるとどういう未来が拓けるか

全ては絶対繋がるのでございます。
そして
その過程で自分が行ったことが
結果になるのでございます。

余程の強運や天賦の才がない限り、
人は「なるべくしてなる」のでございます。

質問した人からのコメント

2019/10/14 22:40:14

ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

new********さん

2019/10/1421:42:15

二つの理由があります


●一人の人が生涯に必要不可欠な知識の範囲は定められない
君が、そんなことは必要ないと思っていても必要になるかもしれない。
今の君に生涯これだけで絶対十分でそれ以外は絶対に不必要だと言えないだろう
間口を広く引き出しを多くしておいた方が将来は役に立つ、大人は経験から知っているんだ。

●色々な分野のことを学び考えると、頭その物が良くなるんだ
必要最低限の勉強しかしたくない君は、色々な勉強をしている他の子より頭を使うことが少なく、さび付きが始まるのが早いよ。

fly********さん

2019/10/1421:24:30

彼らは興味の無いことをそのままに大人となり、今になって苦労しているからでは?

aub********さん

2019/10/1421:22:01

私はバリバリ文系ですけど、社会人になってから「右ねじの法則」が必要になりました。
仕事でめっさ使うんですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる