ここから本文です

登山靴です。 この度登山を始めて一年。どっぷり山の魅力にハマって近所の裏山か...

som********さん

2019/10/1800:14:42

登山靴です。
この度登山を始めて一年。どっぷり山の魅力にハマって近所の裏山から赤城、榛名。
谷川天神コース、西黒尾根、燕岳、妙義(白雲山)コース と、段階を踏んで登ってきたつもりです。

で、そろそろNETで5000円で何もわからず一年前に買った登山靴からステップアップしたいと思い、本格的に探しはじめました。

初めはソールの硬いヤツ=良い靴 との先入観と見た目のかっこよさで スポルティバの トランゴアルプエボ に興味をもって 近所のICIさんで試着&相談したところ「雪山に登らないなら歩きにくいだけ。北アルプス2泊くらいなら私はこれで登ってますよ」とTX4のローカットを進められました。

確かにトランゴタワーを試着した感想は「土踏まずキッツ」「スキーのブーツみたいだな」「こんなんで妙義登ったら滑りそう」でした。

今後の用途、目標としては
北岳小屋1泊 槍ヶ岳小屋2泊 1500m以下5時間以下の日帰り雪山 表妙義縦走 最終目標は剱岳小屋2泊

テント泊は今のところ考えておりません。
そんな中で考えた候補ですが
さすがにローカットはその店員さんだから可能なのだと思うのでせめて

①TX4 MID
ソール柔らかめ 歩きやすい 妙義などの岩場のグリップ良さそう
心配点:やわらかソールで10時間超えとか平気なのか。ソールの減りがかなり早い?

②ボルダーX MID
これとTX4の性能的な違いがわからない。どなたかご教授ください。

③TX5
TX4をハイカットにしてソールパターンを 土、登山道 > 岩場 にしたもの で合ってますでしょうか?

④ブレードGTX
マウンテン のジャンルでは一番 アプローチに近いもの??
TX5とトランゴTRK との中間???

⑤トランゴTRK
ソールが硬い?雪山、テント縦走する方の中ではいちばん歩きやすい? 妙義縦走には不向き?


もちろん履いて合うのを買え ってことでしょうが、TX4 TX5 は驚くほどの履き心地でしたがそれ以外 置いてあるお店がありません(T-T)

どんな事でも良いのでアドバイス頂けると嬉しいです。

あとその店員さんは「ソックスは薄いのを履いてFITさせた方が良い」と。
厚い靴下で大きめサイズ というのは間違いなんでしょうか?

閲覧数:
259
回答数:
10
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pan********さん

2019/10/1801:03:51

登山靴選び。
用途と足にフィットすることはわかっていると思いますので省略。

登山用品店の店員がローカットのTX4ということなら、あなたの
登山経験と足の強さからそう判断したのかもしれません。
無雪期、山小屋泊まり、2泊くらいまで…であれば、ローカット
でも行けると思います。
ただし、ある程度の山歩き経験者に限定されますが。

私は、見ず知らずの人にローカットは勧めません。
山歩きしているうちに、足が鍛えられ、歩行技術が身につくので、
ローカットでも歩けるようになることは十分にあり得ます。
(重荷のテント泊、長期間、雪山は別の話です。)
自分で大丈夫だと実感できてローカットに移行するなら良いですが、
第三者に「大丈夫だよ」と言われて選んで良いのかどうか…。

アプローチシューズというのは、クライミングの岩場に行くための
靴です。昔は登山靴でクライミングをしていましたが、現在の
クライミングシューズは「歩く」ための機能をほとんど有して
いません。車道や遊歩道から近ければスニーカーでもサンダルでも
いいのですが、それではちょっと…というための靴、
簡単な岩場、傾斜がきつくないスラブ状なら、ソールの固さと
フリクションで登れてしまう、それがアプローチシューズです。
だから長時間、重荷、何日も歩くのには向きません。
長い林道歩きには重宝しますが…。

TX4 MID、BOULDER X MID、TX5はアプローチシューズです。
ミッドカットでトレッキングシューズと似ていますが、やはり
アプローチシューズなのです。メーカーがアプローチシューズに
分類していることからも、それがわかるでしょう。

それに対し、TRANGO TRKはトレッキングシューズです。
トレッキングシューズとしては一番ソフトなタイプですが、
山をオールラウンドに歩くための靴としては、これが適して
いると思います。

BLADE GTXは、より軽い荷物でスピードアップし、短い期間で
登山するのに向きそうです。

TRANGO ALP EVOは、GWの北アルプスや岩稜縦走まで対応
する靴ですが、無雪期オンリーならTRANGO TOWERで十分
すぎるように思います。

今後、よりハードな登山をするつもりならTRANGO TOWER、
ほどほどならTRANGO TRKでしょうか。
ここではSPORTIVAの靴に限定しましたが、同じメーカーでも
みな同じ木型を使って作られているわけではありませんから、
実際に履いて選ぶようにしてください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

匿名さん

2019/10/2408:58:11

靴を完全にフィットさせるにはオーダーするしかないです。
既製品では必ずどこかに負担がかかります。
ちょっと大きめを買って靴下で調整することになります。
(足のテーピングまで必要な場合は靴の選択ミスだと思う)

薄い靴下でフィットするのは理想ですがまぁ無理です。
なだらかな坂道や階段でローカットでも十分な道
=その程度の負荷ならばフィットしている気になるだけ。

靴をステップアップさせる気がないのであれば
重登山靴(硬い&ハイカット)をすすめます。

冬山もやるのならばアイゼンとの相性も要確認です。
靴と同じくアイゼンにも硬さがあります。
柔らかい靴には向かないアイゼンもあります。

また、靴に求めるものは歩きやすさだけでなないです。
安全性も必要になります。ねん挫の予防など・・・。

2019/10/2023:19:45

店員さんのアドバイスも様々ですね。私は剱岳日帰りでノースフェイスのソックスが破れてボロボロ。新しく購入に行ったらインナーと厚いソックス2つ勧められ2つ買いました。私の師匠が言うのはソックスがやられたら次は皮膚。FITって微妙ですよね。
お話を聞く限りでは上を目指すタイプの様ですが私ならTX5を選びます。それは重い方を選ぶだけです。重いのはそれなりの理由があるからだと思います。
私が師匠から教えられたことは楽をしようと思うな。です。いつも鍛えてろということです。柔らかソールで剱岳に行くのも良いかもしれません。経験から何を学ぶかですので。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

tie********さん

2019/10/2020:41:11

セミワンタッチアイゼン装着可能な靴か、それ以外か、です。それ以外の靴、を選ぶ場合は、ソールの硬さが選択基準となる要素ですが、これは、その人の考え方、経験、荷の重さ、などによります。僕はソールの硬いものをお勧めします。人によってはランニングシューズで登る人もいます。あるいはアプローチシューズ、とか、トレランシューズ、とか。なので唯一の正解はないです。

let********さん

2019/10/1920:33:27

身も蓋も無いようなことで申し訳ありませんが、なんでも慣れだと思いますよ。

私が山始めて2年くらい履いてたのはソール柔らか目なハイカットの軽登山靴です。山始めて3年目に山小屋(尾瀬ではありません)入りしたのですが、小屋で登山靴取り上げられました。屋外作業はボッカ含め長靴でやれ!との強制がありまして。
おかげさまで長靴に慣れてしまい、プライベート登山も長靴愛用しています。登山靴履くのはテント泊と12本歯アイゼンが必要な雪山登る時だけです。
あなたが挙げた山は全て長靴。笠ヶ岳や鹿島槍、北岳も長靴で日帰りしてます。厳冬の赤城、北八ヶ岳は防寒長靴(アイゼン無し)で数回。

長靴の利点は何より安い!!私の履いてるのは夏用で800円、冬用で2,000円(笑)そして完全防水だから沢渡渉も楽々、汚れても水洗いでかんたんに落とせる!です。
デメリットは勿論、靴の中で足が動く(ローカットと変わらない)ので下手な歩き方すると簡単に捻挫しますし、特にガレ場は足裏痛い思いします。足の置き場分かってれば何の問題もありません。完全防水なので間違って水没させると水が抜けません(笑)夏はとにかく蒸れる!!

個人的には長靴は最強の登山靴だと思ってますが安易に勧められるものでもないんですよね。でも…
>ローカットはその店員さんだから可能なのだと思うので
というわけではない、ということを言いたいんです。
履いてれば直慣れます。足にフィットするなら何でも良いと思います。

ただ、小屋泊のみでテント泊するつもりはない、というのであれば重量物担ぐわけではないのでハイカットにする必要はないのかなって思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ang********さん

2019/10/1821:05:35

数年前に、質問者さんが考えているシチュエーション用にトランゴTRKを購入したときに選んだ理由は、

1.ワンタッチアイゼンに対応してなくていい(後コバなしでいい)けどその中でそこそこソールが硬め

2.つま先をしっかり保護してくれる

3.でもできるだけ軽い

トレランシューズで岩稜帯小屋泊してみたり、軽登山靴でテント泊してみたりして、ただ軽いだけではいろいろデメリットもあるなあと思い知り、私にとっての最低限の機能が上記のような感じ。

そこそこソールが硬いとローカットはないし、仮にあってもかなり脚力が要求されそうです。

候補はアプローチシューズが多いようですが、アプローチシューズはよく分かりません(興味は持ってるけど試すに至ってないので)。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる