ここから本文です

ボランタリーチェーン契約をして10年になります。その間、技術支援・広告宣伝費支...

アバター

ID非公開さん

2019/10/1912:11:28

ボランタリーチェーン契約をして10年になります。その間、技術支援・広告宣伝費支援といった名目で月額会費を払い続けています。しかし、これらの支援がほとんど皆無の状態です。

本部の運営費にも使用されると明記されているので、会費の全てがそこに集中しているようです。そのため、決算報告書のようなもので会費の使い道を明らかにして欲しいと本部に連絡をしたのですが、その必要はないと一蹴されてしまいました。こういった場合、会費の納入を拒否することは可能なのでしょうか?
また、この状態でボランタリーチェーンから脱退したときに、「2年間は同様の業務を行ってはならない」という契約を遵守しなければならないのでしょうか?
ご教授のほど、よろしくお願いいたします。

閲覧数:
8
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/10/1913:29:22

まず、契約書に2年間うんぬんなどと書いてあっても、
加盟店がそれを墨守する必要はありません。
契約内容自体が、不正競争防止法に違反している可能性が強く、
本部側も、その事は承知の上での脅し文句です。

ただ、会費の納入拒否は、裁判などをしないと、
受け入れられる事は難しいでしょう。
技術支援というのは、POSデータの提供なども含まれるので、
そういう当たり前のことを盾に取られたら、反論できません。
広告宣伝費も、ボランタリーチェーン自体の広告が、
されていれば、それが該当します。

だから、払いたくなければ、脱会して、自分で仕入れ先を探し、
独立する事が一番です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

たたたさん

2019/10/1913:05:32

約束された分の支援がないことを証明できれば、支払いは拒否できますね。
証明した上で、契約を無効にできれば、同様の業務を禁止する条項も無効にできます。
職業選択の自由と業務ノウハウの兼ね合いで場合によっては、同様の業務を禁止する条項自体を憲法違反で無効にできる可能性がありますね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる