ここから本文です

兵庫県西宮市の六甲山のすそのに広く広がる

アバター

ID非公開さん

2019/10/2119:19:58

兵庫県西宮市の六甲山のすそのに広く広がる

舌状台地みたいな地形について教えて下さい。
この地形は最近、水、水流が作ったと思うのですが、
今から約2万年ほど前の氷河期の影響が一番大きいですか??
海抜が今より130メートルも低かったんですよね。

閲覧数:
9
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

det********さん

2019/10/2316:01:17

兵庫県西宮市の六甲山のすそのに広く広がる舌状台地みたいな地形、
とは甲山森林公園のあたりのことでしょうか?

この付近の地質は白亜紀の花崗岩になっています。

産総研の日本シームレス地質図V2です。
https://gbank.gsj.jp/seamless/v2/viewer/?center=34.7743,135.3268&z=...

すぐ南側に断層が走っているので、六甲山と同じように傾動隆起した傾動地形だと思います。

つまり、約100万年前から始まった、ほぼ東西の圧縮による地殻変動による隆起です。

六甲山の海抜500m付近には、約100万年前の海成粘土層が見つかっているそうです。



このようなサイトがあったので参考にしてください。

神戸の地層を読む2
http://www2.kobe-c.ed.jp/shizen/strata/tis2_org/index.html

アバター

質問した人からのコメント

2019/10/23 19:16:10

興味深いサイトの紹介もありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる