ここから本文です

登山の魅力って何ですか? 小高い山にハイキングならともかく、ちょっとした山...

アバター

ID非公開さん

2019/10/2221:04:29

登山の魅力って何ですか?

小高い山にハイキングならともかく、ちょっとした山なら遭難の可能性もありますよね?

中には近所に山菜を採りに行って滑落するような人もいるので小高い山へのハイキングも決して安全ではありません。

遭難して多くの人に迷惑かける可能性があるのに登山をする魅力って何なんですか?

他人に迷惑かけるかもしれないスリルでも味わっているんですか?

閲覧数:
103
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fef********さん

2019/10/2414:42:53

綺麗な景色、山の中の雰囲気、山頂で食べるご飯の美味しさ、楽しみながら鍛えられる身体、登山後の温泉の気持ちよさ、登山後に飲むビールの美味しさ、友達と行けば楽しい山旅、罪悪感無く思いっきり食べられる登山後の食事、などが魅力です!

アバター

質問した人からのコメント

2019/10/27 21:13:54

遭難のリスクまで冒してまでやりたい魅力は何なのかと思いきや、そんなもんですか。

それにしてもmaxとかいうカテマスは質問の回答にもなってないし何が言いたいのかわからんな。

maxってバカなんだろうね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

san********さん

2019/10/2502:48:06

登山とは大きなロマン。

大きな山を登ることによって
充実した達成感が得られる。
あと、山の雄大な景色を見れて目の保養にもなる。
それで気持ちがリフレッシュされる。



登山客に人気の「御嶽山」の記事が
ウィキペデアにある。





御嶽山(おんたけさん)は
長野県木曽郡木曽町・王滝村と岐阜県下呂市・高山市にまたがり
東日本火山帯の西端に位置する標高3,067 mの複合成層火山である。

大きな裾野を広げる独立峰である。

2014年9月27日に7年ぶりに噴火。

山頂付近にいた登山客が巻き込まれ、1991年雲仙普賢岳の火砕流による
犠牲者数を上回る事態となった。





■概要[編集]


木曽御嶽山、御嶽、王嶽、王御嶽とも称する。また嶽の字体を新字体で表記し御岳山や、単に御岳と表記されることもある。標高3,000mを超える山としては、日本国内で最も西に位置する。


日本には同名の山(御嶽山・御岳山)が多数あり、その最高峰である。

山頂には一等三角点(3,063.61 m、点名「御岳山」)と「御嶽神社奥社」がある。


古くから山岳信仰の対象の山として信者の畏敬を集めてきた巨峰で、いくつもの峰を連ねてそびえる活火山である。


民謡の『木曽節』では「木曽の御嶽夏でも寒い袷やりたや足袋添えて」、『伊那節』では「わしが心と御嶽山の胸の氷は 胸の氷はいつとける」と歌われており、神聖な信仰の山であるとともに木曽を代表する山として親しまれている。


東海地方特に尾張地方ではほとんどの場所からその大きな山容を望めることから、「木曽のおんたけさん」として郷土富士のように親しまれている山である。


日本百名山、新日本百名山、花の百名山、ぎふ百山のひとつに選定されている。


旧開田村を代表する山として飛騨頂上、旧三岳村を代表する山として剣ヶ峰が「信州ふるさと120山」の一つに選定されている。


1927年(昭和2年)に、大阪毎日新聞社と東京日日新聞社などにより日本二十五勝の一つに選定されている。


国立公園に指定されている飛騨山脈や赤石山脈と異なり、木曽山脈とともに国定公園にさえも指定されていない。

長野県の御岳県立自然公園および岐阜県の御嶽山県立自然公園には指定されているものの、国立・国定公園に指定されなかったのは、木曽ヒノキを主とする林業の盛んな地域であるという事情がある。


山腹は深い森で覆われ多くの滝があり、木曽川水系の源流部の山であり、その下流部である中京圏の水がめとなっている。


以前は死火山や休火山であると思われていた山であるが、1979年(昭和54年)10月28日に突如噴火した。


気象庁は2008年(平成20年)3月31日に噴火警戒レベル「1」(平常)と噴火予報を発表した。


2014年(平成26年)9月27日に噴火、南側斜面を火砕流が流れ下り、噴火警戒レベルが「3」(入山規制)に引き上げられた。


これに伴い、火口から概ね4kmの範囲が立入禁止区域に指定された。


2015年6月、火山性地震は続くものの2014年10月中旬以降噴火が観測されていないため、噴火警戒レベルが「2」(火口周辺規制)に引下げられた。


これに伴い、立入禁止区域は火口から概ね1kmの範囲に変更された。


2017年8月、噴煙活動や山頂直下付近の地震活動は緩やかな低下が続いており、2014年10月中旬以降噴火の発生がない為、噴火警戒レベルが「1」(活火山であることに留意)に引下げられた。


ただし現在も、火口から概ね1kmの範囲は立入禁止区域であり、「岐阜県北アルプス地区及び活火山地区における山岳遭難の防止に関する条例」により御嶽山の火口から4km以内に立ち入る場合に登山届の提出が義務づけられている。


また山頂付近には噴火に備えて、登山者向けの屋外スピーカー避難シェルターが設置されている。





■山名の由来[編集]

遠く三重県からも望め「王御嶽」(おんみたけ)とも呼ばれていた。

古くは坐す神を王嶽蔵王権現とされ、修験者がこの山に対する尊称として「王の御嶽」(おうのみたけ)称して、「王嶽」(おうたけ)となった。

その後「御嶽」に変わったとされている。

修験者の総本山の金峯山は「金の御嶽」(かねのみたけ)と尊称され、その流れをくむ甲斐の御嶽、武蔵の御嶽などの「みたけ」と称される山と異なり「おんたけ」と称される。

日本全国で多数の山の中で「山は富士、嶽は御嶽」と呼ばれるようになった。





■登山[編集]


御嶽山頂上(剣ヶ峰)、山頂からは北側に乗鞍岳や穂高岳が望める。


残雪期の春先に王滝口の田の原から山頂に向かう登山者、独立峰であり稜線では強風で雪煙が舞っている。


王滝口上部の富士見石、この高さまで登ると富士山が前衛の中央アルプス越しに頭を出し始める。


古来より信仰の対象として少数の修験者によって登られ、江戸時代に覚明行者が黒沢口を開き、普寛行者が王滝口を開き全国各地に御嶽講が広まり信者による集団登拝が盛んに行われ、現在も白装束の登拝者が見られる山である。


江戸時代の御嶽登山者の病気や凍死による死亡者の記録(御嶽山遭難者遺族差出証文など)が多数残されていて、1847年(弘化4年)7月16日には山頂の強い風雨で7人中5人が凍死する山岳遭難が起きた。


1868年(明治元年)に黒沢口8合目の「女人堂」が御嶽山で最初に山小屋としての営業を開始した。


1872年(明治5年)に女人禁制が解かれるまでは、避難小屋などとして登拝者に利用されていた女人堂から上部への女性の立入りは禁じられていた。


明治初期に外国人の登頂により近代登山が始まった。


1894年にウォルター・ウェストンが登頂して以降、一般の登山者にも登られるようになった。


ウェストンと同時期にアメリカの天文学者パーシヴァル・ローウェルが来訪した際に登頂し、『オカルト・ジャパン』(第1章「御嶽」)で当時の様子を記している。


1907年(明治40年)の馬やかごに乗る御嶽山登山者の写真が残されている。御嶽山の登山口は木曽側から3つ(王滝口、黒沢口、開田口)、飛騨側から1つ(小坂口)が昔から利用されていたが、その後日和田口が比較的新しく開かれた。


1979年10月の噴火により、山頂から4合目までが入山規制された。1981年に山頂部の火口付近を除き入山規制が解除された。


気象庁が発表する噴火警戒レベルにより入山が規制される場合がある。木の丸太などで整備された階段状の登山道は「木曽御嶽奉仕会」などによる地元の有志や御岳信仰の関係者によって修復整備がなされている。


3,000 mを越える高峰であるが登山口の標高が高いため日帰りで登山されることもある。


麓の開田中学校や王滝中学校、下呂市の小学校などで学校登山が行われている。黒沢口などでは御嶽講の先達を背負ったり、信者の荷物や、山小屋の物資を運ぶ強力を担う人がいる。

1954年(昭和29年)から8月8日に山頂直下(剣ヶ峰と王滝頂上の間)の八丁ダルミで御嶽教の御嶽山大神火祭が行われている。


大多数の信仰登山者が利用する黒沢口と王滝口の登拝道は、一般登山道としても利用されている。


積雪期の登山において難所はないものの、独立峰のため山頂付近が強風でアイスバーンとなるため滑落に注意を要し、視界が悪い時にはルート判断が難しくなる山である。


百名山ブームもあって、旅行会社による登山ツアーが多数行われた。


2014年9月の噴火により、噴火警戒レベルが3(入山規制)に引き上げられたことに伴い、火口から概ね4kmの範囲が立入禁止区域に指定された。


2015年6月、噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引下げられ、立入禁止区域は火口から概ね1kmの範囲に縮小された。


2017年8月に噴火警戒レベルが「1」(活火山であることに留意)に引き下げられたが、現在も火口から概ね1kmの範囲は立入禁止区域である。

また「岐阜県北アルプス地区及び活火山地区における山岳遭難の防止に関する条例」により、御嶽山の火口から4km以内に立ち入る場合には登山届の提出が義務づけられている。





■登山道[編集]


各方面から登山道が開設されている。小坂口、日和田口利用者の中には、剣ヶ峰まで登らずに、飛騨頂上・継子岳あるいは、摩利支天山までの登山を目的とする登山者も多い。

一ノ池を取り囲むの西側の稜線に登山道があり、剣ヶ峰からニノ池小屋へのルートの一つとなっている。

以前は、王滝川の支流の濁川に沿って濁川温泉(現存せず)を経て、剣ヶ峰と継母岳の鞍部に登る松原新道があったが、1984年の長野県西部地震により発生した伝上崩れにより崩壊し、廃道となった。





■交通アクセス[編集]


■主な交通機関[編集]

松本空港の南西50 kmに位置する。

JR東海中央本線「木曽福島駅」の西北西20.0 kmに位置し、
JR東海高山本線「飛騨小坂駅」の東南東21.2 kmに位置する。



中部縦貫自動車道(高山清見道路)
高山インターチェンジの南東37.8 kmに位置し、

中央自動車道伊那インターチェンジの西42.0 km、
中津川インターチェンジの北46.3 km、
塩尻インターチェンジの西南西51.4 kmに位置する。





■路線バス[編集]


岐阜県側のJR東海高山本線「飛騨小坂駅」及び「高山駅」から御嶽山の登山口である濁河温泉への濃飛バス路線は2007年(平成19年)11月30日に廃止された。


王滝・田の原線(黒沢・王滝線) - 長野県木曽合同庁舎前 - 木曽福島駅前 - 王滝 - 田の原(御嶽山登山口)、2006年7月よりおんたけ交通から王滝村営バスに移管された。


御岳ロープウェイ線 - 木曽福島駅前から御岳ロープウェイまでの区間、2006年(平成18年)6月1日よりおんたけ交通から木曽町生活交通システムに移管された。


チャオスノーリゾート線(おんたけ交通) - 木曽福島駅前 - チャオ御岳スノーリゾート - 濁河温泉



https://ja.wikipedia.org/wiki/御嶽山

max********さん

2019/10/2411:27:45

小高い山でも、低い里山でも遭難は度々起こってます

街中で暮らしていても車に轢かれるリスク、貰い事故になるリスク、川や海で遊んでいても鉄砲水や海水で溺れるリスクなど様々あります
そうなれば誰かに迷惑はかかるかもしれません
だったら家から出るのを辞めますか?

もし辞めないというのなら単にあなたに危険意識が無いだけです

其れとも危険意識はあるというのであればそうまでして他人に迷惑かける可能性があるのに外に出る理由を教えてください
他人に迷惑かけてまで外に出なければいけない理由とは何でしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

匿名さん

2019/10/2406:18:12

はい、その通りです。
あっしの山行目的は冒険ですから
極論すれば質問者さんの言う通りですよ。
今更な質問だね。

jau********さん

2019/10/2319:24:03

人に厳しく自分に優しくですかね

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/10/2300:02:13

惰性ですよ、だせい・・・
タバコ吸うのも、酒飲むのも、コーヒー飲むのも、毎日知恵袋にへばり付くのも皆「惰性」
生きるのに必要無い事を人間は「惰性」でやり続ける。

趣味ってやらない人には判らない。これはどんなジャンルにも言える事。
あなたもちょっとした山に5回ほど行ってみなさいよ。
魅力が理解できるから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる