ここから本文です

新築について 現在新築住宅を建設中です。 先日妻の実家に帰省した際、知り...

パンパースさん

2019/10/2811:01:39

新築について

現在新築住宅を建設中です。

先日妻の実家に帰省した際、知り合いの家のオープンハウスへ義両親と見学に行きました。

その際、義父が言った言葉が何故か無性に頭にきてしまったので、誰にも相談できずにこちらに来ました。

頭にきた言葉は下記の2言です。

・「お前らの家もガルバリウムの外壁にすれば良かったんだ。軽くて建物の負担も少ないし、お前らの家は10年でどうせ塗り直しで大変だぞ」
・「ここみたいに絶対にデッカイ窓があったほうが良い。あんな小っちゃい窓じゃダメだ」


本当に、ガルバリウムの外壁はそこまで手放しで絶賛出来るほど素晴らしいのですか?
30年間全くメンテナンスフリーで、窯業系の外壁は足元にも及ばないのですか?

ちなみに我が家の家は、ニチハ社のFu-geという外壁で、プラチナコートとプラチナシール付きの30年持つと言われている外壁を採用しています。
ガルバ不採用の理由は、見た目が好みじゃない、キズに弱い、夏が熱そう(イメージ)という事からでした。


そんなに大きな窓があると素晴らしいのですか?
リビング丸見えの生活は、普通は気にならないのですか?
外からの視線よりも、外への眺めと大量の光が優先ですか?

我が家のリビングの窓は幅1.8Mと標準の窓ですが、外からの視線は最低限に抑えれるように設計してもらいました。目線の気にならないところで窓を設け、光量も確保しています。
性能も考えて、YKKAPのAPW-330にしました。
確かにフルハイト窓にするべきだったかなと、今になって後悔していますが…。
ちなみに、見学に行った家は、品名メーカーは不明ですが複合サッシで、枠も小さくてガラス面が大きくて、フルハイトの幅3Mと、とてもカッコ良かったのは事実です。
豪雪地帯で冬は2mの雪が積もり、義父は非常に寒さに弱く、夏でも毛布を掛けているんですがね…。

義父と私は、もともと意見が全く正反対で一切噛み合いませんし、議論をすることは諦めているので論破は考えていません。
納得しない事があっても、私は何も言わないようにしているので、仲は悪くない、普通です。(義父からは、意見が無い奴って思われてるかもしれませんが)

しかし、色々調べて考えて採用した事に対して、思い付きで全否定されたことが許せなかっただけです。
ただの愚痴です。
もし、家が完成して見に来た時に文句を言われたら、出禁を提案しようと思うくらいムカついています。(冗談ですが…)
フルハイトじゃない窓を指摘された時だけは容認します。

文面では妻は登場しませんでしたが、妻も見た目重視の人間で、基本的に義父の意見に賛同します。
ただ、私が調べられる限りのメリットデメリットを説明し、原則妻が選び、妻主導で家を設計をしているので、我が家に納得しています。
「まぁ、父さんの言ってることは分かるけどね」という感じ。


外壁と窓の考え、義父は正しいのですか?

補足皆さま、私の愚痴に付き合っていただいてありがとうございます。
高価な買い物ですし、妻の夢でもあった新築、その夢の実現のため、また、私自身も後悔をしたくないという念で、色々と調べて考えて悩んで決めてきました。
実際に住んでみると失敗したところもあるかもしれませんが、それでも自分達で決めた事と納得できる、好きになれる家にしようと取り組んできました。
それを思い付きなのか知りませんが、事ある毎に否定され、積もり積もった感情が今回の件で限界に達したようです。
普段はスルー出来る事だらけなのですが、私自身も、知らない間に相当ナーバスになっていたようです。
もちろん、これまでどおり義父とは上手に付き合っていきます。子供達をとても可愛がってくれるし、大変感謝もしています。
今は、ほとぼりも完全に冷めました。

お礼が長くなったので、補足にコメントさせて頂きました。
また愚痴りたくなった時は、お付き合いください。
ありがとうございました。

閲覧数:
182
回答数:
7
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

BAHAGIAさん

2019/10/2811:18:21

結論は入居して住んでみないとわからないという事かな。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rud********さん

編集あり2019/10/2923:47:27

私は建売で嫁側ですが、家探しの際に向こうの義父からお宅のお家を探していましたっけ?と思うくらいアレコレ言われたので、怒髪天突くお気持ちはよく分かります。
とうとう堪り兼ねてストレスの限界だったので、私から「希望全てが叶う家は無いのだから、自分達が納得出来るレベルなら良いと思っている。温かく見守って欲しい。色々心配してアドバイスしてくれてありがとうございます。」と言ったら、以降何も言って来なくなりました。
良い物件が見付かってからは、「お陰様で良い家が見付かりました、お義父さんのアドバイスのお陰です。」と持ち上げましたので、購入した家はそりゃもう褒めて貰えましたね。おべっかでも。
質問者様の義父様も、子ども達を心配しての事だと思うので、こちらがこれでもかとストレスを感じているなんて夢にも思っていないでしょうね。そこは上手に持ち上げながら自己主張はしっかりして、付き合って行くしかないですよ。ビジネス相手だと割り切ってしまいましょう。
奥様のご家族なら、子育て時にも何かとお世話になると思うので、出禁は実行しないで下さいね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/10/2816:09:20

価値観が違いますので、そうですね。と聞き流せばいいことです。

頭に来ても時間が忘れさせてくれる事と思います。。

お父さんにとっては、良い買い物をしたと思ってのことです。

家はその人其々が1番良いものを選んでいるはずです。

建築会社によっても普段取引のない建材を使用しますと良い結果は生まれませんので、間違いは無いはずです。

nob********さん

2019/10/2814:43:00

そもそも年代によって価値観が違っていますからね。
私の親の世代なんかも全面タイル張りがいいなんて言ってますが、正直ダサいと私は思いますし、ガルバに関しても同様です。

おっしゃる通り傷がつきやすく、断熱性能、遮音性、結露などデメリットのほうが圧倒的に多い気がします。何よりも見た目が・・・・

ボブの父さん

2019/10/2813:08:22

①、ガルバリュ-ム複合鋼板もメ-カ-では、10年~15年保証は自社
内での施工研修をした技能者の場合に色褪せ傷の保証とするようです。
厚み16㎜以上の窯業系外壁も同様で、メーカ資料で確認することです。

②、複合鋼板は、加工が悪いと台風で風切り音が出やすく、冬場は確
かに窯業系より凍結は少ないが、逆に夏場の外壁が外壁温度を上げる。
その点で、寒冷地には外壁としては傷つき易いが好まれるのでしょう。

③、義父と建築で争うよりは、親をその場は尊重してお祝いしてあげ
るくらいの貴方様の心のゆとりも大切かと思います。それが、奥様の
家族とも仲良く付き合う選択です。質問の点は価値観で差はないです。
また、窓開口も外皮計算や耐震壁量と偏心率計算の安全率の次第です。

bry********さん

2019/10/2812:29:37

ウチもほぼ全否定で嫌われてるのかと思う程ですね。
極力気にしないようにしてます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる