ここから本文です

なぜ将棋連盟、日本棋院は「 プロ棋戦の棋譜が著作権が発生する 」と裁判ではっき...

アバター

ID非公開さん

2019/11/1201:32:03

なぜ将棋連盟、日本棋院は「 プロ棋戦の棋譜が著作権が発生する 」と裁判ではっきりさせないのですか?

https://xn--pet04dr1n5x9a.com/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/%E6%A3%8B...

棋譜が著作権があるかどうかの判断がはっきりしないなら、YouTubeで広告を付けている人間を片っ端から訴えて判例を作れば良いのではないですか?

将棋、囲碁界なら政治家、官僚の知り合いも多いから棋譜は著作物と認めさせる判例を出すことも可能でしょう。

なぜ連盟、棋院は裁判を起こさないのですか?

閲覧数:
88
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/11/1208:20:21

万が一にも裁判で負けて「棋譜には著作権は無い」
という判決がハッキリと出てしまったら、
国家権力がユーチューバーなどの無断利用者達に
やりたい放題のお墨付きを与えてしまいますので、
将棋連盟からユーチューバーたちに棋譜利用を控えるようにと
「お願い」する大義すら失うからだと思います。

チェスの世界では棋譜に著作権が無いということが
連盟を弱腰にさせていると推察します。

このままグレーゾーン扱いで据え置きしておけば、
将棋連盟と敵対まではしたくない大手ユーチューバー達は
連盟の「お願い」に一応耳は傾けてくれますので。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

unt********さん

2019/11/1210:50:08

シンプルに「無理」だからでしょう。
棋譜に著作物となり得るイラストを入れる、みたいな搦め手を除けば、棋譜に著作権が認められるということはまずあり得ないかと。

「棋譜そのもの」は、あくまでも事実の「記録」であり、著作物ではありません。
これが著作物になると、野球のスコアブックなどの各種データも著作物である、ということにしないといけなくなります。
他、「楽譜」なんかも著作物である、とせざるを得なくなるでしょう(「楽譜」として記載される「楽曲」は著作物ですが、「楽譜そのもの」は普通著作物ではありません)。
つまり、対象範囲が広すぎるので、裁判所がこれを認める、ということはまずあり得ません。

「手筋そのものが著作物だ」なんて話になると、今度は「同じ手筋を使ったら著作権侵害」という非現実的な状況になります。
著作権法では「プロ」「アマ」といった区別をしませんから、手筋自体に著作権がある、となると、素人が動画として公開した手筋と同じものをプロが使った場合でも、「著作権侵害」となってしまいます。
そもそも、過去の手筋を調べて、著作権侵害にならないように打たないといけない、なんてことになったら、将棋も囲碁も成立できなくなるでしょう。

一応、上記の「楽譜」なんかでは、そういった「記録」を作るのにも労力がかかっているのだから、「記録」を作る側にも何らかの権利を認めるべき、なんていうことは主張されています。
ただし、採譜に当たって人間の感覚的な部分が反映される「楽譜」(別人が採譜した場合、普通全く同じにはならない)と違い、「棋譜」は極論すれば機械的に記録可能なもの(別人が記録しても、基本的に同じものになる)です。
この点からも、将来的な法改正についてもかなり厳しいのではないかと思います。

son********さん

2019/11/1210:06:02

日本の裁判の判決は、政治家、官僚の意見に左右されたりしませんよ。

ito********さん

2019/11/1209:15:08

youtubeの人たちは
将棋や囲碁を盛り上げてくれている存在です。
連盟や棋院が敵視する理由がありません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる