ここから本文です

PHPプログラマになりたく、転職活動しておりました。ある会社からスカウトメールが...

blu********さん

2019/11/1211:52:36

PHPプログラマになりたく、転職活動しておりました。ある会社からスカウトメールが来て「WordPressを中心とした自社システムの開発、カスタマイズ等が主な内容」というものでした。

WordPressのコアソフトウェアの大部分はPHPで書かれているのは知っていましたが、私が言ってるPHPと言うのはWeb開発、業務アプリ系のものでした。
WordPressのPHPやって、他の現場のWeb開発、業務アプリ系のPHP言語が書けるようになるのでしょうか?詳しい方ご教示ください。

閲覧数:
71
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

qq_********さん

2019/11/1312:54:46

PHP7がリリースされてから既に数年が経つ。PHPはバージョンアップ毎に進化し続けてきたが、WordPressの設計は下手をするとPHP4時代で止まっている。

下位互換性を重視してきたから仕方ないとはいえ、WordPressの設計は、15年以上前の過去の遺物だと思っておくといい。それぐらい何もかもが酷い。


WordPressをやっていて学べるのは、あくまでもWordPressの事であって、「他への応用はほとんんど効かない」と思っておいた方が無難。

仮に、採用面接でWordPressのプラグインを触った事がある程度の人が、「私はPHPを書けます」と言っていたとしたら、俺ならそんな人は即不採用にする。そういうレベルだと思っておいて欲しい。


ただ、勘違いして欲しくないのは、仕事の依頼者やサイト利用者にとって、そのシステムがどういう設計なのかというのは、すこぶるどうでも良いという点だ。

WordPressは、「形にする」のはとても楽だし時間もかからない。その点は非常に優秀なCMSだ。

PHP界隈に携わる以上、何らかの形でWordPress案件に携わる機会もあるかもしれないから、パソコン上にWordPress環境を構築し簡単にカスタマイズする程度の事はできた方が良いだろう。


また、WordPressは非常にセキュリティリスクの高いシステムだ。

インフラ系の知識を身につけるには、そういうシステムを実際に運用してみるのが一番だし、実際面白いほどに攻撃を受けまくる(笑)

もしPHP以外にサーバ関係の知識も身に着けたいのであれば(というか身につけた方がいいよ)、良いおもちゃになると思う。


本気で技術を学びたいなら、その会社はオススメしない。

あくまでも次へのステップアップ(繋ぎ)として考えるのであれば否定はしないが、将来性は低いと思う。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oni********さん

2019/11/1419:03:57

カスタマイズがどんなものかでしょう。
ワードプレスを表面上さわりデザインしていくなら、プログマーでなくてもできますが、跡えば、他のサーバーとのファイル交換をするとか、ワードプレス以外のだえーたベースとデータお入手出力をするとかの業務であれば、ワードプレスの内部の構文をさわらなければいけなくなります。
理解するまで結構かかると思います。
そういったカスタマイズができれば、ZENDでもシンフォニーなどのフレームワークでの構築も問題なくこなせるを思います。
入ってみて、だめだと思ったら転職すればよいのではないでしょうか?
当社はHTMLでできるものでも、ZENDで組む事があります。
将来、拡張以来があった時作りなおしではなく追記でできるよにという配慮です。
もちろん、ワードプレスで簡単に仕上げる仕事もあります。
phpバージョンに関しては、ワードプレスも対応してくるので問題はないでしょうが、古いバージョンの場合エラーが出る事があります。
エラーが出れば、エラーを無くすためにいろいろと勉強しなくてはなりません。
会社の方針で作り変えてしまうところもあれば、あれやこれやと修正するところもありますので、なんとも言えませね。

qo_********さん

2019/11/1217:41:01

WPをインストールして、WP独自のDB設計を見てみましょう。
これは、WP用に作られたものであり、
他の業務システムでは使いづらいデータ構造です。

WPの使用を前提に、クライアントに提案する人がいますが、
システムにおけるデータの重要性を殆ど意識していないと推測します。
私はそんな会社に技術力があるとは思いません。

ゆえさんさん

2019/11/1216:28:23

WordPress の カスタマイズ業務をやって身につくのは、
WordPress 専用フレームワーク内の専用関数を使ったカスタマイズ作業のノウハウ程度で、他の開発業務で役立つPHP技術の習得はあまり期待できません。
実際、HTML+CSS+JS しか書けない人でも簡単に行っている業務だったりします。

これは、イチから PHP でシステム開発するのにキモとなる初期設定周りやDB周りやセキュリティ周りなどの工程が、WordPress の中に既に用意されており自分で作る必要が無いためです。

採用人事の目としてアドバイスすると
業務を通して書けるようになるかを心配している辺り、プログラマのキャリア採用(転職)に求められる即戦力としての採用対象になりづらいのが現状の実力だと思います。

もしこのスカウトを、更にその次の転職に向けた1ステップの機会として考えるならば、WordPress のカスタム業務であっても1度実務を経験しながら独学を並行で続けるというのも悪手では無いかもしれません。

また、業界的に下火なスクラッチのPHP開発者を目指すよりも、
WordPress のカスタム開発を本気で極めたほうが、より稼げる仕事になる可能性もあります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kin********さん

2019/11/1214:33:29

WordPressのPHPいじりは広義ではWeb開発に入りますが、例えばLaravelのようなMVCフレームワークを使う開発、とは別モノですね。WP本体がフレームワークの一種とも言えます。

WPプラグイン開発の中で独自DB(テーブル定義)も作って使えますが、出来るだけWPの標準の「投稿」や「カスタムフィールド」等のデータ構造を利用したほうが楽ですので、結構勝手は違いますね。MVCフレームワークとは全然違います。

あゆむさん

2019/11/1212:03:41

プラグインを開発する業務につけるなら、可能です。

また、カスタマイズがどの程度か分かりませんが、カスタマイズする以上、ソースの修正は、有るかと思います。

私は、プラグインのソースの修正もしてました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる