ここから本文です

山で遭難ってなぜするんですか?

アバター

ID非公開さん

2019/11/1218:01:19

山で遭難ってなぜするんですか?

すごいバカな質問ですが、なぜ遭難するでしょうか。現在地がわからず、目的地もわからないとしても、近くの国道や山道に出れればいいというのであればそんなに難しいことではないと思うんですが…。

怪我をしているとか、極寒の吹雪だとかなら分かりますが、夜は寒いと言っても氷点下でもなければ2日ぐらい飲まず食わずでも生きることはできるでしょうし、2日あれば最寄りの道にたどり着けそうな気がするんですが…。

富士の樹海は35万㎢あるそうですが、縦横6km程度ですよね。いくら木々が生い茂っているとはいっても、力尽きる前に6kmぐらい歩けないもんですか?


登山舐めてるわけじゃないんです、登山家さんや愛好家さん怒らないで…。

補足思いの外、山道でもないところを歩くのが大変ということですね。


仮にですが、縦横6kmの36万㎢の真っ暗闇の空間に入れられたとして、人は真っ直ぐ歩けるのでしょうか。
舗装された地面で、平均速度(4km/h)で歩けるとします。

机上の空論にはなりますが、最長で歩く場合は斜め横断の8.5km、さらに、出発地点から30度ズレたとしても歩く距離は9.3km、45度ズレたら11km歩くことにはなりますが、それ以上のズレは別の辺に着くので最大距離は11kmということになります。

足場が整っていれば、樹海程度の広さならば遭難して出て来れないということはないのでしょうか。
それとも、根本的に人間が真っ直ぐ歩けず足場の問題ではないということでしょうか。


真っ直ぐ歩いているつもりで同じ場所をぐるぐる…というのが未だに感覚的に理解できないので…同じ間隔で(例えば)100mごとに3度づつ定期的にずれればその場でぐるぐる…ということもあり得ますが、そんな天文学的な確率を人工的に作り出す方が無理があると思えるんですが…。

閲覧数:
302
回答数:
24
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2019/11/1316:43:28

道迷いはなかなか厄介です。天気が悪ければ地図で現在地を割り出せる人はごく少数です。
自分は霧と雨の樹林帯で30分掛けて同じ所を1周したことがあります。人間は、まっすぐ歩くことができないのです。
迷って途中登山道を横切って気付かないこともあるようです。
下れば沢に行き当たり、崖に囲まれて身動きが取れなくなることもあります。
登山道があれば30分の距離でも、道のない樹林帯では3時間以上かかる場合もあります。
そして迷った人は、当日中に帰らなければならないというプレッシャーがあります。

今はスマホと登山用地図アプリがあればGPSで現在位置はわかります。電池切れを起こさないことです。

  • 2019/11/1317:09:21

    リングワンデリングは人間の体が正確に左右対象でなかったり、利き足があったりで、左右の歩幅が数ミリ違ってしまうことで起きるのでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/11/14 22:44:42

回答ありがとうございます。

同じ場所を回ってしまうのは脚の性質らしいですね。リングワンダリング…調べてみましたが面白かったです。
登山はあまり経験なく、山道から外れたことがなかったので想像できませんでしたが、みなさんがおっしゃる感じから山道を歩くのは想像以上に困難なものだとわかりました。

登山舐めたらアカンですね笑

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/23件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

たくんさん

2019/11/1410:42:25

遭難の第一歩は「思い込み」です。
質問者様が書かれている補足がまさにそれで、思い込みで数時間歩けばどこかに出ると思う、でも数時間歩いても山中から出ない、あれ?どこかで間違ったかな?、不安に思うと正常な判断はできなくなります。
あと数100m歩けば道路という場所から引き返し、結果滝で滑落とかそんな事例もありますよ。

不安や恐怖という感情要素は天文学的確率とか軽く超える計算できない数字なんですよ。

なぜ遭難するか回答するとすれば、まずは技術と知識と経験が足りていないから、その他要因としては怪我や病気、天候等の外的要因の急変が挙げられます。

ale********さん

2019/11/1404:26:41

樹海を歩くのにどれ程神経使った事か
30分で100メーターぐらいしか歩けませんよ

あちこちに穴があって、深いところで3メーター程の高低差があります

しかも岩肌が鋭利に尖ってるんです、捻挫でもしたらアウトでしょうね

そして落ち葉が天然の落とし穴になっていて
地面かなと思って踏むと
ズボッと50センチもめり込んだり
怖くてたまらなかったです

樹海を歩くのにどれ程神経使った事か
30分で100メーターぐらいしか歩けませんよ...

sin********さん

2019/11/1311:07:37

現在地が認知できないからです・・・
500mの平地でもグルグル廻り力尽きます
ホワイト ブラックアウトとはそんな状況です
下界とは全く違う

プロフィール画像

カテゴリマスター

ang********さん

2019/11/1309:54:43

①極寒じゃない条件で歩き続けられないのか
②まっすぐ6km程度歩けば抜け出せないのか

ざっくりこの2点ですね。


①極寒じゃない条件で歩き続けられないのか

歩くのにはエネルギーが必要です。
体温を維持するにもエネルギーが必要です。
人間の体は疲労します。
精神も疲労します。


②まっすぐ6km程度歩けば抜け出せないのか

街中と違い方向感覚がわかりにくいです。
川や谷があって進路変更を余儀なくされます。

最近はスマホの地図もあるので、なかった時代に比べれば道迷いによる遭難は防げてるかもしれません。
ただ、登山用アプリの地図ならともかく、グーグルマップなど山の傾斜が分からない地図で現在地だけ分かっても何処に歩いていいか迷います。

max********さん

2019/11/1301:13:45

自分が山の中のどこにいるかを見極める技術があり、それを身につけていないから遭難します

広義で言えば、自分のいる位置が地図上のどこだとすぐに答えられなければそれは遭難です


山の中は平坦ではありません
目の前に到底登れない崖があるとします
あるいは降りれない崖でもいいです
突き進む人はいません
左右どちらかに回りますよね

それに人はまっすぐの方向に歩くのは非常に難しいです
そうやって徐々に方向がずれて行きます

登山ではリングワンデルングという言葉が有名です
敢えて説明はしません
釣りでないならお調べください

舗装された道だと1km15分で歩けても
起伏のある登山道では1km30分から1時間かかります
登山道ではない道無き道を歩く場合、その数倍の時間がかかります
平坦ではなく起伏が激しいとも慣ればまっすぐ進むことは出来ません
また、冬など、膝くらいの深さの雪があると、慣れていても1時間で200mも進めません

想像されてるほど簡単ではありません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる