ここから本文です

最近の災害でボランティア不足というのをニュースでよく報道されてますが なぜボ...

y_t********さん

2019/11/1309:24:46

最近の災害でボランティア不足というのをニュースでよく報道されてますが
なぜボランティアじゃないといけないのでしょうか?

民間でも有償でも有料でもさっさと片付けないと時間だけダラダラ無駄にしてる感じでは無いのかと、あとボランティアで1から10まで済ませれるなら、私のおうちもボランティアとやらで建てて欲しいところであります。
実際自宅や周辺が被害のままでも会社は再開してる所がほとんどかと思いますので、このギャップをどう捉えてるのかを教えて欲しいです。

閲覧数:
62
回答数:
7
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kenchikun221さん

2019/11/1320:46:12

ボランティア不足は間違った表現です


「善意が足りない、ボランティアの不足」というのは
そういう求め方をする方が
間違っています


ボランティアは
あくまでも無償の善意によるものですから
その志がある者により自発的に行われるもので
要求するべきものではありません

足りないと言うべきものでもありません


ボランティアの労働力が不足しているのであれば
時間をかけるか、自力で行うか
業者に発注するかという選択肢になります

質問した人からのコメント

2019/11/14 09:32:30

ボランティア不足は間違った表現です

この一言に尽きます。
こんな私の思考回路は炎上モノかと思ってましたが
共感してくださってる方が多くて内心ホッとしました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uch********さん

2019/11/1408:22:27

熊本地震で被災しましたが、東日本の人間は甘えすぎ。
私の周辺の人たちも自分でやってる人が多かった。
何度か水害にあったこともあったけどボランティアに来てもらったことは一度もないわ。
一部の人を除いて自分たちで出来るはずです。
いい加減被災者様するのはやめてほしいです。

gar********さん

2019/11/1401:34:27

公共団体がが個人の敷地や建物に入るのは生命や財産に明白な危険があるときで、罹災後の後片付けは個人がやらなければならない。税金を個人の資産形成や維持に使ってはいけないからです。しかし罹災者は自力では手が回らないので、ボランティアが応援します。

ID非公開さん

2019/11/1317:36:39

はっきり言ってボランティアに頼り過ぎている様に思えます。
ボランティアは本当に困った時に一時的にいるものだから本当のありがたさがあるもの。
何かといえばボランティア、ボランティアというからそのありがたみが薄れている。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kas********さん

2019/11/1312:57:15

ボランティアでないといけないということはありません。
ちゃんとしたプロの手でやってもらいたかったり、見知らぬ人間である災害ボランティアに入ってもらいたくないということであれば、災害ボランティアなど用いずに業者に頼むのも勿論アリです。
しかし、請け負う業者の人手が足りるとは限りません。
来てくれるまでに何ヵ月も待たなければならないこともありますし、一から十まで頼んでいたら痛い出費になってしまいます。
災害ボランティアで行えるのは、家屋内外の泥出しや家財道具の搬出、ニーズ調査や災害ボランティアセンターのお手伝い、被災者の傾聴ボランティアなど、特別な技能がない人間でもできる程度、いわば素人でもできるものですが、それでもやった場合とやらなかった場合では復興の進み方に大きな差が出ます。
例えば家屋内に入り込んだ汚泥はできるだけ早く除去しないと、悪臭の元となったり白蟻を発生させます。
業者が来ないからといって何ヵ月も放置するのは得策ではありません。
家族の人数が多ければ作業は進められるでしょうが、核家族化の進んだ現代にあっては家族だけでは処理しきれないのが現状です。
家一軒の泥出しなら、大の大人が数人でかかってもひどい場合は数日かかります。
300人いたってチーム分けすれば50チームくらいにしかならず、しかも同じ現場に延べ数日に渡り派遣し続けなければならないとすれば、数百、数千以上もの被災家屋のニーズを完了させるのは容易なことではありません。
そのくらい、膨大で気が遠くなるほどの労力が必要とされます。
自衛隊だろうが災害ボランティアだろうが、とにかく投入できるものは投入して、人海戦術で作業を進め、専門の業者にバトンタッチするのが復興の近道です。
素人でもできる作業を業者に依頼していたら、逆に復興の歩みを遅めることになりかねません。
業者自身が被災して作業ができず、依頼に着手できる業者がさらに減る事態も有り得ます。
業者だけで対応できるくらい被害の規模が小さいなら、そもそも災害ボランティアは募りません。

tak********さん

2019/11/1312:44:05

先日台風19号で被災した宮城県丸森町にボランティアで行ってきました。
まず、有償で業者に依頼するという考え方についてですが正直「有り」だと思います。しかし現地に行って被災状況を見れば分かると思いますが大概の被災した自治体は先ず人手が足りないです。通常業務に加えて災害対応しなくてはなりませんし個別の家々を回り被災状況を調査し、対応を協議していたのでは家は何時まで経っても片付きません。時間が経てば経つほど家は傷み木材は腐りカビに覆われてしまいます。あと業者に依頼するにしても費用ですがただでさえ財政難に陥っている地方の自治体に災害復旧費用を捻出する余裕などありませんし、国が税金で何とかするにしても公共事業やライフライン優先で個別案件は後回しになっていまいます。
被災した方々はボランティアに来てもらうだけでも見捨てられてはいない、個人個人では心が折れてしまいそうになる片付けも誰かと一緒なら力が湧いてくる、と先日お邪魔した被災者の方は仰っていました。ボランティアは強制ではないしやりたい人が好きに活動すればいいだけの話しです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる