ここから本文です

婚活パーティーなどで「共働き希望」「子供希望」と言っている男と付き合おうと思...

アバター

ID非公開さん

2019/11/1310:34:41

婚活パーティーなどで「共働き希望」「子供希望」と言っている男と付き合おうと思いますか?

補足皆さまご回答ありがとうございます。

これは私ではなく知人の話です。

男性の細かい条件は
・実家暮らしで家事はほとんど親にやってもらって、できるのは幼稚園児レベル
・転職したばかりで収入が足りないため、実家を出る代わりに共働き希望
・一人っ子のため、子孫を残したい本能
などです。

閲覧数:
1,814
回答数:
23

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2019/11/1620:44:06

そんな男と付き合うのが嫌なら婚活するのが間違い。

婚活ではなく「パパ活」のほうが
その知人の狙ってる獲物がみつかるはず。

みて

1時間お茶するだけで1万円
…パパ活で荒稼ぎする30歳美人「茶飯女」の人心掌握術
11/12(火) 11:00配信


現代社会を生きる女性が避けては通れない「婚活」「結婚」「妊活」「子育て」。これらのライフイベントに伴う様々な困難にぶつかりつつも、彼女たちは最終的には自分なりに編み出した「ライフハック」で壁を乗り越えていきます。読めば勇気が湧いてくるノンフィクション連載「女のライフハック」、待望の第9回です。


バックナンバーはこちら https://www.dailyshincho.jp/spe/rikaoizumi/


真面目そうな、普通のサラリーマン風の男性が多い


年上の男性とデートをして、その対価としてお金やプレゼントを貰う“パパ活”は、必ずしも性行為を前提としていないライトさから、気軽に始める若い女性が多いと言われている。しかし、果たして男性側は、何を思って“パパ”になることを希望するのだろうか。もちろん、本当に一緒に食事や会話を楽しむ以上のことを一切求めずに、それで相手の女性に相当の対価を支払う男性も存在するとは思う。

けれど、あわよくば口説き落としてホテルに連れ込みたいという下心を持っていたり、手っ取り早く、金銭の授受と引き換えに性行為へと及びたいと考える男性のほうが実際は多いのではないかと思うし、パパ活する女性たちは、前者のようなおいしい相手に巡りあうことを期待しつつも、実際は手練手管を駆使して、男性の下心をかわしているのではないだろうか……。


そこで今回は実際にパパ活をしているという阪野麻衣さん(仮名・30歳、独身、キャバクラ勤務)に、その実状を尋ねてみることにした。


取材当日、新宿にある老舗の喫茶店に現れた麻衣さんは、秋らしいブラウンのパンツスーツに、レースでデコルテのあたりが透けてみえる黒いノースリーブニット姿で現れた。耳たぶにはシャネルのピアス、バッグはプラダ。ファッションに疎いわたしが見ても、お金のかかっていることはわかる服装をしている。


すらりとした長身で、ヘアスタイルは顔の小ささが引き立つショートカット。本業はキャバクラ嬢ということだが、メイクも服装もシックにまとめているため、ほどよく落ち着いた雰囲気だ。彼女がオーダーしたアイスティーが届いたところで、さっそく本題を切り出した。


「パパ活の相手は、主にアプリで見つけています。パパ活アプリっていうのがあるんですよね。わたしの場合は、paters(ペイターズ)や、paddy67(パディロクナナ)を使うことが多いんですが、実際にやってみるんで、ちょっと見ててもらってもいいですか」


麻衣さんはスマートフォンを取り出すとパパ活アプリのアイコンをクリックした。するとずらりと男性の顔写真が並んで表示される。年齢層は40代から50代くらいがメインだろうか。一時期前に流行した“ちょい悪オヤジ”のようなタイプは少なく、むしろ真面目そうな至極普通のサラリーマンといった風貌の男性が多い。そんな彼らに対して 麻衣さんは片っ端から『いいね』を付けていく。


「私の場合は、お相手は誰でもいいので、ひたすら『いいね』しちゃってますね。それで、向こうからも『いいね』が来たら、メッセージのやり取りができる状態になります。メッセージは、あらかじめ定型文をセットしてあるので、送信ボタンを押すだけです」


スマホの画面を見せてもらうと可愛らしい絵文字付きの定型文が入力フォームに表示されていた。こうすることで必要最低限の手間で相手とのやり取りをスタートさせることが出来るという。


しかしお相手は誰でもいいといっても、遠方の人とは、なかなか会いにくいのではないだろうか。気になって尋ねると麻衣さんは首を横に振った。登録している男性たちは、仕事で東京を訪れる機会の多い出張族も多い為、たとえ地方に住んでいる相手であっても関係ないという。地元を離れたテンションで財布の紐も緩みがちになるメリットすらあるそうだ。


それよりもむしろ避けるべきはイケメンと、若い男性だという。イケメンの男性は、自分に自信があるために金払いが悪く、若い男性もお金を払わない出会いを求めていることが多い、というのが麻衣さんの主張だ。なるほど、そう言われれば確かにその通りのようにも思えるが、イケメンと若い男性さえ避ければ、いざ会ってから、金銭の授受で揉めることはないのだろうか。



初回はお顔合わせのみ、お茶1時間で1万円のワケ


「それは、事前のやり取りで、しっかりと決めておくんです。例えばこの方は、今度お会いする予定で連絡を取っているんですが、こういうやり取りをしています」


麻衣さんが再び見せてくれたスマホの画面には、『私の条件ですが、初回はお顔合わせのみ。新宿でのお茶1時間で1万円。次回以降はお食事で1万。フィーリング合えば継続。あとはお察しで……』という男性とのメッセージのやり取りが表示されていた。“お察し”という言葉のセレクトが絶妙だ。


「これでよければ会いましょうっていう流れです。わたしの場合は、待ち合わせの場所はだいたい新宿にしています。それで、真面目っぽい人は『R』に連れて行って、経営者タイプの人はハンバーガーとかが置いてあるようなカフェ、気難しそうな人や、タバコが吸いたい人は、ここの喫茶店。約束通り、1時間だけお茶をして解散するんですけど、『もうちょっと、一緒にいたい』っていう人は、『じゃあ、買い物に行こう』って誘う。なので、駅ビルやデパートのすぐ近くのお店が、都合いいんです」


デートの延長を望む男性には、ショッピングデートを提案し、行った先で服やコスメ、小物などを買ってもらうという。が、会ってまだたった1時間しか一緒に過ごしていない女性に、そうホイホイと財布を開く男性がいることが、わたしにはどうしても信じられない。麻衣さんは何か特別なテクニックでも持っているのだろうか。


「男性の“ヤリたい”っていう感情を、分析して明確にすると、実は、女の子の肌を見たいとか、エッチな格好を見たいってところに行きつくんです。そこをくすぐる。


あと実はわたし、洋服屋の店員さんの、何人かとグルなんですよ。それで、パパを連れていった時は、『あの人、買ってくれる人で、あなたの売り上げ成績にもなるので、どんどんノセちゃってください』って、こっそり伝える。なんなら、パパと会う予定の2日前に下見に行って、店員さんと『今回はこれを買わせよう』って打ち合わせをしておくことも。


そうやって口裏合わせて、決めておいた服を持って来てもらって、試着室から出た瞬間に、『めっちゃかわいいー。似合うー。彼氏さんにこんなに買ってもらうなんてマジ幸せですね~』って褒めてもらうんです。


そこで『買っていい? 今度のデートで着ようと思うんだけど』って次のデートを匂わす。目の前に、新しい可愛い服を着てる女性がいて、その女性の肌が見えていて、さらに店員さんからの圧力がかかると、『これ、俺払うしかなくない?』ってなるんですよ。


そうなったら、もうこっちのもの。『ありがとう! じゃあこれもいい?』ってそこらへんにある数千円の小物も追加して。男性側は、その時には感覚が麻痺してるので、ダメとは言いませんね」


裕福ではない男性に財布を開かせるテクニック


男性の財布を開かせる為に、あらかじめ協力者を作っておく鮮やかな手口に驚いたが、この手法を見出したのは、麻衣さんの前歴の経験を踏まえてのことだという。実は麻衣さんには20代前半、アパレルブランドのショップ店員として働いていた時期があったという。


ショップ店員は通常、自分の勤め先のブランドの服を身に着けることになる。購入に当たっては、一応、社販で割引されるものの、それでも負担は大きく、家賃や水道光熱費や携帯代、社販の引き落としの後に、麻衣さんの手元に残るのは、3万円ほどだったという。


「クレジットカードを使いすぎて負債がかさんで、それがパパ活を始めたきっかけでもあったんですが、だからショップ店員さんの事情もわかるんです。この間も、ずっと仲良くしていた店員さんが辞めちゃったので、シャネルをプレゼントしました。『今まで、ありがとう』って」


自分が欲しい服ばかりでなく、コスメやハイブランドの小物やバッグといった、転売しやすいものを買ってもらう場合もあるという。話を聞いているとパパ活男性は、なかなか気前のいい人ばかりに思えるが、いざ会ったとこで必ずしも裕福な男性ではない場合もある。そうした場合は、どうしているのか。


「あんまりお金がなさそうな人の場合はファストファッションブランドのお店に連れて行くんです。『散歩しよう』って、腕を組んだりして、ハートをキュッとさせつつ、『鞄がないから、ファストファッションブランドのやつでもいいから買って』って。

で、店に入ったら2千円の二ットとか3千円のワンピースを『可愛い、これもいい?』ってどんどん籠に入れていく。ファストファッションブランドって、一品一品は安いイメージがあるけど、それでも、数をのせていったら2万円とかなるんですよ。


買ってもらったあとにクレジットカードじゃない場合は、会計の時にレシートを貰うんです。30日以内にタグを切らない状態でレシートを持っていけば返品できて、お金が返ってくる。これが1万円にプラスのお手当になります」


1万円という現金を渡し、さらには服やブランド品までも貢がされた男性が次に期待することといえば、ホテルに行くことだ。しかし、麻衣さんはそこもテクニックで乗り切っているという。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191112-00591055-shincho-s...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/22件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dap********さん

2019/11/1506:57:21

補足に書いてある事だけを見れば「情けない男」に見えますね。
でも、
意図的に「そう見えるように書かれている」ような気もします。

あくまでも、
「書かれていることだけ」について感想を言うとすれば…

・実家暮らしで家事は幼稚園児レベル

結婚したらどうするつもりなのか、
家事を覚える気が有るのか、しっかり決意できていれば良いかも。

・転職したばかりで収入が足りない、実家を出る代わりに共働き希望

収入が足りなければ働く必要があるのは普通では?
収入が足りないので実家暮らしを止められず同居希望、より良いかも。

・一人っ子のため、子孫を残したい本能

一人っ子じゃなくても子孫を残したい本能はあるでしょう。
親に言われて何が何でも跡取りを!じゃなければ、良いかも。

これは、あなたではなく、お友だちでもなく、身内でもなく、
あくまでも「ただの知人」のお話なんですよね?

だったら、あなたが気にすることは何もないし、
まして、アドバイスなんていっさいいらないでしょう。

もし、仮に、万が一でも、
これがあなた自身のことだったとしたら、

ここで質問しなければ分からない、
自分の目で相手を見極めることができない段階で「縁が無い」です。

kai********さん

2019/11/1416:00:09

共働きなんて今でもお勤めされているんでしょうから特段変わる事ないのでは?
子供だって家族になるんですから希望して当然では?
逆にそういう意見きくと、結婚ニート目指してるんじゃないかと疑いますけど。

nij********さん

2019/11/1414:10:46

別に良いのでは?

でも当然夫になる人も、家事育児やってくれないとね。

家事能力や家事のやる気が数値で表せる仕組みならいいのにね。

utg********さん

2019/11/1413:28:35

もちろん人に寄りますけど・・・特に問題ありません。

専業主婦にはなりたくないので、
「専業主婦希望」と言われたら、付き合えません。

suw********さん

2019/11/1411:44:01

思います。
もし「専業主婦希望」となってたら即座にお断りします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる