ここから本文です

古今亭志ん生はさっぱり何を言っているのかすら分からないけど むしろあのかなり...

アバター

ID非公開さん

2019/11/1601:44:04

古今亭志ん生はさっぱり何を言っているのかすら分からないけど
むしろあのかなりの滑舌の悪さが売りの落語家だったのですか?

閲覧数:
58
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

oob********さん

2019/11/1611:36:13

滑舌が悪くなる前から聞いている人たちは、脳内で全盛期のしゃべりを補完できるのではないかと思います。

大病後から落語ファンは、何言ってんのかよくわかんないけど、何だか面白いじいちゃん、ですかね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

わをんさん

2019/11/1610:25:29

違います。
滑舌の悪さが売りになる訳がない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/11/1608:45:54

違いますよ。

1961年に大病(脳出血)になりましたので滑舌が悪くなりました。

その前に録音したものをお聴きください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる