ここから本文です

12月フィギュアスケートグランプリファイナル

ニャーさん

2019/11/2510:30:40

12月フィギュアスケートグランプリファイナル

ネイサンチェン、VS 羽生結弦

どちらが勝利するでしょう?


ネイサン・チェンが3月の世界選手権で歴代合計最高点の323・42点です。
羽生選手は20点差をつけられ負けましたよね。

グランプリファイナルは この2人の闘いになりますね。

閲覧数:
661
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tot********さん

2019/11/2518:48:46

今季、羽生選手はチャンスと見ています。
(言い換えれば、
もし、今季勝てなければ今後勝てないかもしれません。)

というのも、
ネイサン選手は、北京オリンピックに向け、
来季以降2年間大学から休学を貰うべく、
今季猛勉強しているからです。

今季、彼の出来るマックスのジャンプ構成より低い構成で、
290~300点でとどまっているのは、
練習時間があまりとれていないからだろうと思われます。
これも、コーチと相談し、計算しつくされているはずです。
彼はとても賢く、冷静沈着で、状況を良く把握しており、
今は良い位置をキープできていればよし、と判断しているのではないでしょうか。
ネイサン選手が見据えているのは、北京オリンピック金メダルですから。


一方、羽生選手は、北京はまだ見えていない様子です。
平昌以前は、今のネイサン選手のように、オリンピックを見据えた戦い方でしたが、
平昌以降は、先を見据えるというより1つ1つの目の前の試合を全力で、
とにかくネイサン選手に勝ちたい、上回りたい、
という感じがします。

  • 質問者

    ニャーさん

    2019/11/2519:19:24

    そうですか。
    ネイサンが来季以降二年休学となると、いよいよ本気モード突入になりますから、恐ろしいスケーターになりますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/11/27 16:43:47

皆様 ご回答ありがとうございます。
試合までドキドキします。

「グランプリファイナル」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

twi********さん

2019/11/2523:26:01

今の勢いからするとネイサンのほうに分があると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

sor********さん

編集あり2019/11/2519:45:33

ジャンプをより多く失敗した方が負けですよ。昔も今も変わりません。
フィギュアは滑ってみなきゃわからない競技ですから。

二人ともイマイチで、ボーヤン辺りがかっさらってく場合もあるし。
ソルトレイク五輪のクワン対スルツカヤのようにね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tof********さん

2019/11/2516:57:10

それは誰もわかりません
羽生は故障なくきてるし、完成度高い演技してるし、そこまで差は開かないと思う
とはいえ今年はネイサンは大学優先でジャンプの難易度落としてやってるから、4Lz4Fをどのくらい入れて飛んでくるかによるね
羽生は両方飛べないから、ネイサンが本気モードで来たら技術点では叶わない
全体の完成度上げて対抗することになるから、お互いミスなし、かつどれだけクリーンに滑って加点もらうか勝負だから、当日滑って見ないと正直わからない

現実は無視で、自分が神と崇める選手に全て都合よく事実捻じ曲げたただの願望を、もっともらしく語ってる、気がふれた素人引きこもりお婆ちゃん↓の妄想は鵜呑みにしないほうがいいよ
あちこちでフィギュア詳しい人なら苦笑するようなことばっかり垂れ流してるし

それにネイサンは世界一とかタイトルにあんまこだわってないし、点数も気にしてないと思う
今は勉強と並行しつつだし、本命は次のオリンピックだから、今回負けてもそんな気にしなさそう

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

misha 003255さん

2019/11/2512:10:57

実力的には、羽生ですね。間違いなく。
今シーズンの最高点は羽生の322.59で、それがターゲットスコアです。

ルール改正は、旧採点と新採点以外根本的なルール改正ではないと思います。
判定の基準をあれこれいじり倒すのが新採点のみそであるが、新採点が評価するものというのは正しい技術でしかないのが旧採点から新採点に変更した主旨のルールの基本構造だと思う。
そのいじり倒すことが、それはどーなんだ違うでしょという事が毎年あるという。
つまりは、来年はまた判定基準が変わる事もあるが、基本が新採点である以上、技術の正確さ以外意味がないと思ってる。

下で回るジャンプを見ぬふりする判定もできれば、取り締まる判定もできるのが新採点です。ただスポーツとして、同じ試合でこの選手は見逃す判定、この選手は厳しく判定、はあてはならない事であればもはや競技ではない。
GPSを通してみて、スピンの判定はゆるゆる・・・シットスピンの浅ーい選手のレベル判定、違うんじゃないかな。

まず、スケジュールですが、

GPF 12/6
1.羽生 スケカナ/322・NHK/305(11/23)/628 約2週間
2.ネイサン スケアメ/299・フランス/297(11/2)/596 約1か月
点差32点。


ネイサン
スケアメはあってないようなもの。
フランスの雑感 氷の質は普通。ピーキングの過程上の甘めの採点。

羽生
NHKのジャッジ傾向は普通だが、試合の流れが下位グループからミス乱発の為辛めに点数がでる傾向の試合構成の運び。氷の条件を悪くした低スコア大会ともいう。サッカーで言えば、濡れた芝で試合をするようなもので弱者救済の側面はかんじる。その中で、300出せるのは羽生の実力以外何ものでもない。
スケカナは本人のメンタル問題(笑)結果問題なく出来てる。(笑)

で、ピーキング
羽生さんはいい感じですね。
ネイサンは4回転5本にしたいのはやまやまでしょうけど、ノーミスとはいかないでしょう。結局3Aが1本の着氷ミスになるか4Lzが3Lzになりそうに思う。
回り回って、結局ターゲットスコアは322以上ですね。
予想構成だと
羽生 4Lo 4S 3Lz 4T /4T-eu-3F 3A-3T 3A-2T/76.19
ネイサン 4Lz-3T 4Lz 4T-eu-3F 3A/4S 4T 3A-2T/77.65
点差1.46

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

wnmさん

2019/11/2511:20:30

ミスをしたほうが負けます。

どちらもショートノーミスなら羽生選手がリードしてフリーですかね。


雑念を払って、より集中できるのはどちらか。
楽しみです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる