交通事故の慰謝料の件 通院期間199日、通院回数86回で慰謝料は46万程でした。 任意保険の基準を見ると60万近くだとおもうのですが、なぜ46万なのでしょうか?

交通事故646閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(5件)

0

損保会社で人身事故の担当者をしています。 ※本件交通事故についての過去のご質問も拝見いたしました。 >なぜ46万なのでしょうか? 加害者側保険担当者からみて、通院慰謝料(傷害慰謝料)を減額すべき何らかの理由があったのだと思います。 ただ、どのような理由があったのかは、情報が全く無いため、推測することすらできません。 また、賠償額の妥当性というものは《賠償額全体》を検討しなければ判断することはできません。 ※通院期間と通院回数のみで、なおかつ慰謝料の金額だけをみて、妥当かどうかの判断はできないということです。 少なくとも、正確な傷病名・治療内容・通院先の情報・賠償提示額の内訳明細内容、といった情報が必要だと思います。 ※場合によって、さらに情報が必要なこともあります。 >紛争センターに相談すれば、弁護士基準の90万程の金額になるという認識でいいでしょうか? 弁護士基準というものはありません。 ※説明は、長くなるので省略させていただきます。 交通事故紛争処理センターでは、原則として、(各種の)裁判基準をベースに賠償額が算定されます。 この場合にも、慰謝料だけを考えていても、妥当な賠償額は算定できません。 裁判基準では、治療費が高額な自由診療の場合、その一部が否認されることがありますし、必要性・妥当性の観点から、治療期間が短く認定されることもあります。 交通事故紛争処理センターでは、現実の裁判ほど厳格な主張・立証を求められませんので、大きな心配は不要ですが、 治療内容・治療経過・通院先等によっては、加害者側保険担当者から思わぬ反撃を受けることがあると思います。 【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

0

>任意保険の基準を見ると60万近くだとおもうのですが、なぜ46万なのでしょうか? →総損害額が120万円を超えると、保険会社の担当は任意保険基準をベースに治療期間中の様々な事情を総合的に勘案して基準額を増減して被害者に提示します。 知恵袋の回答者には治療期間中の事情が分からないので、なぜ46万円しかならないかは担当に聞くしかありません。 >紛争センターに相談すれば、弁護士基準の90万程の金額になるという認識でいいでしょうか? →センターの弁護士が質問者様とも保険会社とも話をした上で妥当と思う慰謝料を双方に提示します。 保険会社がどう反論するかわからないので、簡単に弁護士基準が認められるかどうかは「やってみなければ分からない」としか言えません。 紛センの慰謝料は弁護士基準×80%が標準額だとも言われています。

0

任意保険の基準?任意保険の基準は一般に公開はされてませんよ。質問者様のいうのはおそらく任意保険の基準ではなく自賠責保険の基準です。ただ今回おそらく記載のとうり任意保険の基準計算ですから自賠責の基準と計算方法が違うというだけです。 又紛争センターや弁護士に依頼したとして必ずしも90万円になるとは限りませんよ。ただその可能性もあるというだけです。 ただ当然争うという事ですから相手の保険にしても主張することは主張しますよ。例えば過剰通院だと言ってくることもあるかもしれませんよ。

0

自賠責保険の範囲内であれば保険会社は基本的には自賠責基準です。 任意保険での支払いの部分は任意基準です。 弁護士基準にしたければ弁護士へ委任したらいいのでは? 紛セに行っても保険会社が弁護士基準を認めなければそれまでです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

0

知るかよ。 ごちゃごちゃいってねーで、さっさとやれよ。