ここから本文です

ファーバーカステルの色鉛筆なのですが、この2つはどう違うのですか?どちらも3...

dog********さん

2019/12/212:05:03

ファーバーカステルの色鉛筆なのですが、この2つはどう違うのですか?どちらも36色入りですが、右のは値段が赤いほうの4倍くらいします。調べてみましたがイマイチ違いがはっきりしません。

ファーバーカステル,色鉛筆,36色入り,結合材,顔料,発色,値段

閲覧数:
104
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

一期一会さん

2019/12/214:53:50

ファーバーカステルは大きく分類して3つの油性色鉛筆を展開しています。
赤の方は一般的な物。子供から大人まで幅広く使える物です。一方、写真の緑の方は上級者や画家向けに作られた色鉛筆で発色がとても鮮やかです。
色鉛筆やクレヨン、パステル等の画材は顔料に結合材等を混ぜて(芯を)形成して作られますが、この顔料(色)の濃度が高ければ高いほど発色が綺麗に出ます。しかし、顔料が多くなると柔らかく脆いので作るのも大変なのだと思います。結合材を多くして固い芯にすれば自ずと安価になり発色もそれなりなのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ber********さん

2019/12/223:59:50

サツ筆の使い方

2019/12/215:27:40

左がカラーグリップ、右がアルブレヒト・デューラーという水彩色鉛筆です(水筆で溶かせますが、そのままでも使えます)。
これはパステルも同様ですが、主な価格の差は顔料の質と量です。安いものは紫外線により退色しやすいのですが(いずれポスターのようになります)、専門家用の高価なものは堅牢です。
高価なものはカラーチャートに★や*の数で耐光性が表記されていて、数が多いほど強いことを意味します。
同社のポリクロモス、ピットパステルや他社プリズマカラー、カーブオテロなどが高品質です。大切な作品にはできるだけ良いものを使って下さい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる