ここから本文です

エーハイムのクラシックフィルター2213とエーハイムフィルター500の違いってなんで...

gif********さん

2008/12/2523:53:25

エーハイムのクラシックフィルター2213とエーハイムフィルター500の違いってなんですか?

閲覧数:
1,526
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fie********さん

2008/12/2622:33:46

コンテナのありなし以外では能力、静寂性等は同等ですので、安い500がお勧めです。

ただ500の方は、まだ実績が少ない分信頼性は未知数のところがあるようですので、その辺を重視なさるのなら2213がよいかと思います。

両方使った感想としては、2213はコンテナを使うと濾過材の入る量が少なくなるので、外してネットを利用した方がよいかと思います。
500の方は下の方の仰るように出水側の配管が上部から真上に向かって出てますので若干扱いづらいと感じました。

ご参考までに・・・。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

che********さん

2008/12/2609:34:43

500は50Hz、60Hz仕様に分かれてます。
50Hz地域で使用するなら2213より500の方が流量が多いです。
これは物理ろ過能力が高いと言えます。

2213のろ材コンテナではろ過容積が2.5リットルあります。
500はろ材固定盤を使用するためろ過容積が3リットルあります。
ろ材コンテナはメンテするときは楽ですが、生物ろ過能力では500の方が勝っていると言えます。

上記の事から少ないとはいえ2213<500となります。
でも個人の好みで決定してください。

500の排水口は真上方向なのでキャビネットが低いと排水ホースが曲がってしまうレイアウト
になってしまうので注意が必要です。

odi********さん

2008/12/2600:26:17

水の容量や流量などに目立った差はありませんが
濾材を入れるケースがエーハイムフィルター500には付いていません。
クラシック2213は緑色のフィルターケースの中に濾材用のケースが付いていて
濾材を取り出しやすく感じます。
比べて500のほうには上と下に土台となる部品がついているだけで
緑のフィルターケースに直接濾材を入れます。
濾材をネットなどに入れたりして工夫すればさほど使いづらいわけではないと思うので
値段と合わせて考えて見ると良いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる