ここから本文です

今話題の桜を見る会の名簿ですが、シンクライアント方式という保存方法だそうで、...

マードックさん

2019/12/400:37:41

今話題の桜を見る会の名簿ですが、シンクライアント方式という保存方法だそうで、復元は本当に出来ないのでしょうか?

閲覧数:
78
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nora1962jpさん

2019/12/422:07:19

「シンクライアント」はデータの保存方法ではないので、質問としても回答にしても不適切です。
システムに保存してあるデータ、ファイルの消去方法、復元方法とは関係ありません。

「シンクライアントだから復元可能」「シンクライアントだから復元不可能」はどちらも正しくありません。

通常公的(企業内も含め)ファイルの管理についてはファイルサーバを置いてバックアップが必須です。

一方でデータをかなりの確率で消去する処理も可能です。
究極は「物理破壊」ですが。
ただ、そうした処理を行ったかどうか、どのような運用をしていたのか記録はどうなっているか不明です。
通常であれば数ヶ月で復元ができなくなるような運用設計は行わないし、それでは契約が取れません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pop********さん

2019/12/620:46:53

別にシンクライアントとかに限定しなくても、一般のパソコンでデータを削除した場合、復旧できるのは極めて限定された条件になります。
基本的には削除した後にできるだけそのディスクに対して書き込みを行わないということが必須になります。日常業務に使っているパソコンだったら朝一番に特定のファイルを削除して、その後一日業務に使ったら夕方にはまず復旧はできません。
これが数百枚の画像が入ったフォルダを丸ごと消したというようなことなら、その内の何割かは復旧できるかもとはなりますが。

でバックアップがあるとなったらまた別の話です。これは削除したとかその後どれぐらい上書きされたとかとは別次元の問題で、そのバックアップ自体をどれぐらい残しているのかという話です。消していない状態が残っているバックアップがあるのであれば、その保存期間内なら幾らでも復旧はできます。これは復元というよりは復帰となります。しかし今回はその期間はとっくに過ぎているようですからまず無理でしょう。

また掲示板などのデータベースをなどのファイルでしたらまた別です。あれ自体が一種のイメージファイルですから、イメージファイル的なものであれば削除したデータの痕跡も拾うことは出来る可能性はあります。
しかし文書ファイルということならファイルサーバーのデータドライブのディスクイメージをそのまま丸ごとバックアップするというような仕様を前提にしていないと無理でしょう。丸ごとのディスクイメージを定期的にバックアップするという設計はかなり有り得ないとは思いますが、仮にあるとしても削除した直後の状態のディスクイメージという前提が必須になります。そこまでくると復元可能と主張するのは無理すぎとおもいます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tco********さん

2019/12/510:39:15

シンクライアント方式だから、復元できない
ではなく、
シンクライアント方式だから、パソコン端末に情報は無い。
パソコン端末に情報があれば、簡単に復元できる。

しかし毎日数万人が利用している基幹業務を動かすシステムで、廃棄処理されたデータを復元するのは、そんなに簡単ではない。

バックアップファイルが存在しても、それを閲覧することはできないシステムなど当たり前。バックアップファイルは、安全性の為対策をしたシステムであっても、どんなことが起こっても、絶対に完璧とは断言できない。そうした不足の事態の時に最終手段として役に立つのがバックアップファイルであって、通常の企業のバックアップファイルも、一度も利用したことが無いなんて当たり前。

そのバックアップファイルでさえ、8週間で上書き保存される仕様といわれているので、今では完全消滅していると考えられる。

また、一部で開示請求があった時に、バックアップファイル中にデータが残っていたはず、と言う人もいるが、もう一度言う。バックアップファイルは通常閲覧できない。

個人用パソコンとか、100人未満の企業システムならできる場合があるが、数万を超える利用者・基幹業務まで動作しているサーバー群のバックアップファイルをみるなど、200億ぐらいかけて、半年~1年ぐらいの時間をもらえれば、不可能ではないが、エンジニアに言わせれば、「不可能」と言うでしょう。

基幹業務だけのサーバーの場合は、基本的に消せないシステムにするのだが、データサーバーの場合は、消せる仕様にしている場合もよくある。業務システムしかやったことがないエンジニアは、
「通常であれば数ヶ月で復元ができなくなるような運用設計は行わないし、それでは契約が取れません。」
というのだが、データサーバー併設型なら、消せる。全然消せる。契約も取れる。領域を分けて、消さない部分を作るだけ、もしくは、運用サーバー自体を並立型にして、消さないシステムサーバーと消せるデータサーバーを並立させて、シンクライアントで表示する。

つまり、消せます。消したら簡単には見れません。
パソコン感覚でもモノを言うと恥かきます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2019/12/406:11:33

過去に同様の質問に回答しています。以下をごらんください。

---
安倍首相が言っていた
”シンクライアント方式だったので 電子データの復旧が難しい”
のコメントについて。実際はその逆で、シンクライアント方式だからこそ (データベースからの)データ完全廃棄は困難で 仮に廃棄してもバックアップから取り戻せる可能性がかなり高いらしいです。

単に政府は証拠を隠滅しようとやっきになっていませんか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q142170321...
---

過去に同様の質問に回答しています。以下をごらんください。

---
安倍首相が言っていた...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる