ここから本文です

急ぎの質問です

アバター

ID非公開さん

2019/12/518:28:03

急ぎの質問です

2019年6月以降、香港では大学生など若者による激しい抗議活動が続いている。若者を含めた香港の多くの人々は一体、どのような危惧を抱いて、何に対してこれほど大規模な講義を行っているのか説明せよ。その際、必ず次の言葉を使用すること。

1997年、イギリス、アヘン戦争、民主主義

回答よろしくお願いします

閲覧数:
16
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2019/12/518:40:00

アヘン戦争によりイギリス領となった香港は1997年、中国に返還されたが
民主主義は温存され中国は一国2制度の道を歩む事になった。
近年、香港の民は民主主義消滅の危惧を抱き、中国共産党の管理に対し抗議をしている。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

和田謙一さん

2019/12/518:55:25

アヘン戦争は、清とイギリスの間で1840年から2年間にわたり行われた戦争である。
イギリスは、インドで製造したアヘンを、清に輸出して巨額の利益を得ていた。アヘンの蔓延に危機感をつのらせた清がアヘンの全面禁輸を断行し、イギリス商人の保有するアヘンを没収・焼却したため、反発したイギリスとの間で戦争となった。イギリスの勝利に終わり、1842年、1860年に南京条約が締結され、イギリスへの香港の割譲が決定され、その後、日本が占領した時期もあったが、日本の敗戦によってイギリスの植民地と復帰し、民主主義が根付いた。
1997年7月1日イギリスから中華人民共和国への返還・譲渡(主権移譲)が決定され、50年間は1国2制度ということで、現体制を維持するということであったが、それを待たずに、本土への取り込みが行っていることから、香港市民が反発しているものである。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる