ここから本文です

シャーペンの芯、一般的な0.5に比べ0.3がとても割高なのに気づきました。 細い...

roc********さん

2019/12/613:25:59

シャーペンの芯、一般的な0.5に比べ0.3がとても割高なのに気づきました。

細いほど減りも早いのに、たとえばぺんてるのAin替芯の場合、0.5が40本入りなのに対し0.3は15本しか入っていません

。値段は一緒です。
オレンズネロは0.2または0.3しかないので、ランニングコストが高くつきます。他のメーカーではUniも似たような価格設定です。
ユーザの足元を見たぼったくりでしょうか?
それとも細い芯はコストがかかるのでしょうか?

閲覧数:
101
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fly********さん

2019/12/618:05:12

他の方も仰る通り、歩留まりの問題が大きいと思います。
0.3mmは折れやすいので、製造過程でも折れが発生します。
当然折れた芯は売り物にならないので廃棄になります。
そうすると1本あたりの値段は上昇するので割高になります。
また0.3mm等の細い芯は製造に手間がかかるので時間あたりの製造数(スループット)も少ないでしょう。
スループットが少なければそれだけ製造にかかるコスト(人件費、光熱費など)が上乗せされるので、やはり高くなります。

質問した人からのコメント

2019/12/11 03:33:50

回答くださった方々、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

Windcatさん

2019/12/616:35:34

1)製造数が少ない、工業製品は数を作るほど安くなります。

2)歩留まりが悪い、製造過程で不良が出る量が多い(折れる、曲るなど)

rxu00045さん

2019/12/613:27:46

値段を決めるのは、売れる量です。

芯は、圧倒的に0.5mmが売れます。ごくわずかしか売れない0.3mmを同じ本数・値段で売っていては、コストがかかりすぎます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる