ここから本文です

根抵当権において、抵当不動産の第三取得者が破産手続開始の決定を受けた時は元本...

eki********さん

2019/12/906:08:45

根抵当権において、抵当不動産の第三取得者が破産手続開始の決定を受けた時は元本の確定事由になるとのことですが、民法398条の20第1項4号では、

債務者または設定者が破産手続開始の決定を受けた時と規定されています。


なぜ抵当不動産の第三取得者の破産手続開始の決定も元本の確定事由になるのでしょうか?

閲覧数:
13
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

あがく人さん

2019/12/1418:14:50

担保が担保でなくなる(配当されてしまう)、ので、確定しないといけないですね。

配当に参加しないと債権確保できないです。

質問した人からのコメント

2019/12/15 21:19:49

大変よくわかりました。論点はシンプルですが、そのちょっとした点に思いが至らないと法律の勉強はうまく進まなくて気持ちも折れそうになります(汗)また前に進めそうです。本当にありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる