ここから本文です

住宅ローン返済について。期間短縮か返済額軽減型か悩んでおります。こちらで質問...

qfb********さん

2019/12/1015:27:15

住宅ローン返済について。期間短縮か返済額軽減型か悩んでおります。こちらで質問した際、次のようなご回答を頂きましたが、この理論は計算上、たたましいのでしょうか?

返済軽減で繰り上げ

し、翌月以降は減った分の差額を繰り上げ続ければ、「減らせる利息はほぼ同じ」「毎月の返済額は、必要なら減らせる」と良いとこどりできます
現状では、期間短縮は役目が終わった制度です

閲覧数:
40
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gd0********さん

編集あり2019/12/1019:38:21

一部返済に手数料がかからず、毎月繰り上げ返済の手続きをする根気があるなら、「ほぼ」同じと言うのは正しいです。
※厳密には一括で繰り上げした方が総返済額が少し少なくなると思います。

質問した人からのコメント

2019/12/10 20:25:40

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pap********さん

2019/12/1017:49:45

理論上はそうでも、
都合よく繰り上げできますか?

それと、完済する時期は?

年金では生活できません。
定年後は、
預貯金と退職金で2000万~3000万は欲しい。

よって、定年までに預貯金&ローン完済しなくてはいけない。

いずれにしろ期間短縮しないといけないのです。
あなたの計画性が問われます。

無難なのは期間短縮です。

毎月の返済額がちょっと変わったくらいで
生活は変わりません。
人はあるなりの生活をします。
外食1回減らすだけで埋まりますよ。
カフェのコーヒーがコンビニのコーヒーで変わります。

ご家族の為にも、
確実性のある期間短縮をオススメします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる