ここから本文です

社会党が埋没し、社民党になって勢力が衰えたのは、全て村山富市の責任ですよね? ...

nan********さん

2019/12/1212:37:17

社会党が埋没し、社民党になって勢力が衰えたのは、全て村山富市の責任ですよね?
村山は、自分達をないがしろにしたとして細川連立政権から離脱して、どうしても政権復帰したい自民党にまんま

と利用され、自社さ政権時代には社会党の哲学を放棄し、自民党に擦り寄り、がた落ちしました。

閲覧数:
15
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

blu********さん

2019/12/1213:10:54

レゾンデートルを失ったために消滅したのは
ご質問者様がおっしゃるとおりですが
冷戦が終結したときに自民党も社会党も同時にレゾンデートルを失いました

ですから社会党は自民党と連立しても、
小沢氏と与党にとどまっても、どっちみち消滅したと思います

現在の自民党は「与党である」ということが存在意義であり
小沢氏と非自民勢力が今一歩うまく活動して与党に長時間留まれば
野党となった自民党と社会党は同時に消滅したと思います。

その後
社会党は大部分の議員と支持母体である連合が
民主党に移動したために分裂しました

民主党が結党されるとき、社会党は全部合流したかったのですが
民主党側が一部の議員の合流を拒み、社会党が残りました。
(「排除の論理」といわれました)

社会党から党名変更した社民党は
わずかな労組を支持母体として存続しましたが
地方議員や連合の選挙基盤を失ったので
選挙のたびに勢力を失ってきました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ret********さん

2019/12/1217:50:30

当時、私の周囲にいた社会党や組合の活動家の中には、社会党に幻滅して政治そのものから離れていった人も結構いました。

実は、その数年前からコアな社会党支持層は動揺していたのです。私もそうでした。国鉄民営化による国労の崩壊、ソ連・東欧社会主義圏の消滅と、それまで信じていた社会主義革命の夢が消えてしまい、茫然としていました。そして、とうとう自民党との連立政権です。
社会党の議員先生の多くが、本当は社会党の綱領や基本方針を信じていなかったことが、その時よく分かりました。今でも、そうだろうと思っています。

現在の反自民政党の議員先生も、反自民を言っておけば、そこそこ票がとれるのでそう行動しているだけだと思っています。何かあれば、2年前の小池新党のドタバタの再現、あるいは石破内閣の実現にすり寄るということになるのではないか、と思っています。

tom********さん

2019/12/1212:58:00

大学で習った政治学の教授は「大臣の椅子が欲しくて自民党にすり寄り、消費税増税と言うナイフを自身の首に突き立てた」と表現してたな。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる