ここから本文です

旧日本海軍の機体に対する主翼の面積が最も広い航空機top3を教えてください。

アバター

ID非公開さん

2019/12/1319:06:32

旧日本海軍の機体に対する主翼の面積が最も広い航空機top3を教えてください。

閲覧数:
13
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ipp********さん

2019/12/1401:17:49

「機体に対する」というのが機体の何に対してかで変わると思うんですが、重量にしろ全長にしろ旧式な複葉機が上位を占めるのは間違いないでしょうね。たとえばロ号甲型水偵は零戦よりもやや長くてだいぶ軽い機体に対して48㎡と2倍以上の翼面積です。二式複座水偵は零戦と同じくらいの重さで翼面積56㎡。十四式水偵はロ号甲型よりさらに長く二式複座水偵よりも少し重い機体で54㎡。みんな馬力が小さいうえにフラップなどの高揚力装置がまだ無かったので主翼を大きくしないと飛びたてず、単葉で大面積は強度に問題が出るので複葉にしていたわけです。

アバター

質問した人からのコメント

2019/12/14 08:49:44

ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる