ID非公開

2019/12/17 19:22

33回答

福島のトリチウムの処理水はタンク内100万ベクレル1000トンとか言われていますが。

福島のトリチウムの処理水はタンク内100万ベクレル1000トンとか言われていますが。 それが1000個なら100万トンでわかります それが100億トンと言うのは、なにかの間違いかと思いますが、そう言っている人がいましたが それに関して別な方が海洋放出する際に1000倍に薄めるから10億トン、今もトリチウム水が出ているから(年間8万トン)、それを1000倍に薄めるから8000万トン、100年続けば80億トン、計90億トン 100億トンもありえない数字ではない、と数字はまあ若干違いますがそういう趣旨の様に聞こえます しかし、処理水を希釈して1000倍の濃度にしてしまえば後は海洋放出されて、さらに希釈されてしまいます。100億トンだと言う人は処理水の事を言っている様ですが1000倍に薄めても10億トンです。タンクが1500個あると言っても15億トン。これは希釈された処理水で随時海洋放出されている過程の処理水であって何時までも15億トンが存在するわけではないと思います。 汚染水の量も年間8万トンと言っていますが当初より随分と減っています。さらにもっと減らす計画だそうですが2018年で1日170トン、60250トンだったそうです。2019年には150トンを目標にしているそうですがそうなると54750トン/年間じゃないでしょうか? また福島事故原発は廃炉工程にとりかかっていて、近年中に燃料デブリ取り出しにかかります。1号機が終われば当然汚染水はその分少なくなります。まだ技術開発も必要なようですがごく少数については機械で触るなどの実験をしています 政府は2021年に2号機で取り出し開始と先送りを発表しましたが廃炉の工程は30年から40年というのは変わらず、と言う事はそのかなり前に燃料デブリは取り終え、汚染水問題も別な展開になっていると言う事だと思います。燃料デブリを冷やす水が不要になるわけですからたまり続ける汚染水と言う事態は100年どころか10年経てばそういう事態ではないと思われます 汚染水問題に限らず原発事故に関してはオーバーに危険性を煽る人がいると思いますが、そういう発言をする前には自分の発言は正しいのかどうか? よく考える必要があると思いますが、どうでしょうか? 100年かかるなどと言うのは心配しすぎじゃないでしょうか?

ベストアンサー

0

まあ「甲状腺ガンが~!」の人の言うことは 95%デタラメ くらいに思ってないとw 正直、あの長々と全く整理されてない質問文を みんなが真面目に読んでくれると思ってるのかな? あの質問読んで賛同回答するのは自作自演の複垢だけだろ? としか、思えない状態なんですけどねえ。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q112169896... でも 「甲状腺ガンが~!」の人は逆ギレして中傷してるだけで 真面目に反論できてないですし、信頼性は低いかと。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

タンクが1000トンで100万ベクレルなら1トンは1000ベクレル 1キロなら1ベクレル タンク内で泳いでも放射線じゃなくて、細菌が死滅せずにうじゃうじゃいるかもしれないのでその方が不潔で健康影響が心配されると思うんですがね 放射線がもっと強ければ単に清潔な水になるでしょうけど そういう風に想像できないんですかね 回答有難うございました

お礼日時:2019/12/22 14:41

その他の回答(2件)

0

100億トンぐらいに薄めても、総量は変わらないんだよな。 実際は120万トンぐらいだと思うが、汚染水タンクの中身は勿論トリチウムだけではない。 それをまた嘘をつき続けた東電が、その嘘を認めて謝罪。 今度はトリチウム以外は分離させると言っているが、今まで嘘をつき続けた東電の言うことを、そのまま鵜呑みに出来る国民はもういない。 原発推進が仕事の奴が必死に汚染水を処理水なんだと頑張るが、いくら原発推進のアルバイトが嘘を拡散し続けても、汚染水は汚染水だ。 アルバイトのバカが怒りだすかも知れないが、汚染水は、いくら嘘をついても汚染水。