ここから本文です

大学の信託法に関する問題について質問します。

yay********さん

2020/1/908:25:36

大学の信託法に関する問題について質問します。

大学のレジュメでは、「不動産鑑定評価においては、原価法、取引事例比較法、収益還元法の3つの評価方法があり、対象となる不動産の特徴に応じて、夫々の手法から試算された価格を吟味・比較考量し、1つの鑑定評価額を導き出す。」と書かれており、大学の試験問題で、「不動産鑑定評価においては、原価法、取引事例比較法、収益還元法の3つの評価方法があり、物件の特性に応じて、3つの方法を織り交ぜ、1つの鑑定評価額を導き出す。」が正しいかの⚪︎×問題が出たのですが、レジュメの「吟味・比較考量」と問題文中の「織り交ぜ」は、同じとして扱って良いのでしょうか?

閲覧数:
5
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ユストさん

2020/1/921:00:57

違います
まとめでは、物件の用途により、評価方法を選ぶ
試験では、それぞれの評価方法の平均値を取る

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる