ここから本文です

ウイグル語はトルコ語系の言葉であるというのは分かりますが、実際ウイグル人とト...

モリリンさん

2009/1/200:01:59

ウイグル語はトルコ語系の言葉であるというのは分かりますが、実際ウイグル人とトルコ人は共通の言語で会話できるんでしょうか?

閲覧数:
6,199
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Mijanponaさん

2009/1/202:19:16

共通の言語ではありません。
現代ウイグル語とトルコ共和国トルコ語とは、チュルク系言語ですが、それはスペイン語とイタリア語がラテン系言語であるというのと同じレベルです。
トルコ語を学べば中央アジア諸国などでも通じると書いてあるトルコ語の教科書を見たことがありますが、そういうことを書く本の著者がトルコ語以外のチュルク系言語を本当に学んだ人だとはとても思えません。イタリア語を学んだら、スペインでもルーマニアでも通じると書くようなものです。実際に少しは通じるでしょうが、語学の教科書がいい加減に書くべきことではありません。

トルコ語とアゼリー(アゼルバイジャン)語はかなり通じるようです(イランのアゼリー人がそういっていました)が、トルコ語とサハ(ヤクート)語なら、互いにほとんど理解できません。トルコ語とウイグル語ならその中間です。ウイグル語とウズベク語なら博多弁と東京弁くらいの差で十分に通じます。

現代ウイグル語とトルコ語の両方をある程度以上は学んだ私の感覚では、簡単に会話できるというレベルではありません。ただし、状況があれば、何をきいているかくらいは身振り手振りでもわかりますから、そういう状況なら、少しは通じます。
現代ウイグル語とトルコ語の違いがどれくらいかというと、スペイン語とイタリア語の違いくらい、または英語とオランダ語の違いくらいです。スペイン語とフランス語よりは近いです。英語とドイツ語よりも近いです。
現代ウイグル語はアラビア文字で書くので、書物を見ただけでは、トルコ人にウイグル語はわかりません。ウイグル人には、トルコ語のローマ字は、単語によっては、見たらわかります。とくに、ペルシャ語から入ったペルシャ語系アラビア語系の借用語類は違いは少ないので、互いに理解できるはずです。

簡単な文でもこれくらい違います。

「ここにあなたの家がありますか」
Burada evin varmu? トルコ語 ブーラダ エヴィン ヴァルムー
Bu yerdä öyüng bar mu? ウイグル語 ブー イェルダェ バールムー

「家」ev, öy は実は古代トルコ語の eb が変化した同源語。これくらい音が違ってしまっている単語もあります。

「彼は日本へ行きます」
O Japoniya'ya gitiyor. トルコ語 オー ジャポーニヤダ ギティヨル
U Yaponiyiqä baridu. ウイグル語 ウー ヤポニイカェ バールドゥ

「日本」は、トルコ語では「Japoniya ジャポーニャ」、ウイグル語では「Yaponiyä ヤポニイェ」。ただしウイグル語では語尾が付くと母音弱化が起こり、語末母音が i に変化します。
動詞の活用語尾は、似ているのもあるが、この現在未来形のようにかなり違ってしまっているのもあります。

「昨日来た人」
Dün gelen adam トルコ語 ドュン ゲレン アーダム
Tünügün kälgän adäm ウイグル語 テュニュギュン キャーギャン アーデム

質問した人からのコメント

2009/1/2 11:08:50

降参 ここまで詳しく丁寧に解説していただき、ありがとうございました。
たとえ同系の言語でも、全く別の言語でコミュニケーションをとるほうがはるかに便利ということは知ってました。ウイグル料理店でウイグル人とトルコ留学生がやはり北京語で会話してました。しかました。しかし「彼らは何とかすれば会話ができる」と日本人の友達がいいがいいはるのです。「なんとかれば」の度合いにもよりますよね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる