ここから本文です

瞬間接着剤は日本の発明ですか? また日本の発明で世界製品になっているものは?

ebs********さん

2009/1/212:44:48

瞬間接着剤は日本の発明ですか? また日本の発明で世界製品になっているものは?

閲覧数:
5,645
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2009/1/213:20:17

瞬間接着剤は1955年、イーストマンコダック社で新しく合成されたシアノアクリレートの屈折率を測定中、測定器のプリズムがくっついて取れなくなったことから偶然作られることになりました(「イーストマン910」という商品)

接着剤といえば、セメダインは日本の発明品の代表でしょう
基礎となるものは海外品で存在していましたが、「使い物になる」製品はセメダインが世界初といって良いでしょう
http://www.cemedine.co.jp/company/naming.html

またシャープペンシルも、元祖は海外でしたが、実用品を量産したのは日本です
「機械式繰出鉛筆」などといったそうです
http://www.tombow.com/kids/rekishi/rekishi_04.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

buk********さん

編集あり2009/1/400:38:41

ファクシミリはドイツのルドルフ・ヘルが元祖ですね。
フロッピーディスクは完璧IBMですね(;^ω^)

デジタルカメラですかねぇ~
もとの液晶技術は外国ですし・・・
微妙かのぉ~

cob********さん

2009/1/310:34:01

フロッピーディスクを発明したのは、日本人(ドクター中松)と言われていますが、実際は微妙ですね。
他に知られているのは、 写真電送装置(FAX:ファクシミリ)です。
そして忘れてはならないのは永久磁石。
・ネオジム磁石:佐川眞人氏(1984年)
・新KS鋼:本多光太郎氏(1934年)
・MK鋼:三島徳七氏(1931年)
どれをとってもノーベル賞だと思います。

sug********さん

2009/1/216:34:39

瞬間接着剤は日本の発明品ですが開発のもととなるものは存在していました。

日本で発明され世界製品となったものに修正テープがあります。こちらも修正液は前からあったのですが乾くのに数十秒かかって不便ということから作られたんですよ。

ss2********さん

編集あり2009/1/216:28:17

[オルフアー」カッターナイフ、{カラオケ」、フェライト磁石、八木アンテナ、デジタルカメラはスパイ衛星の電子カメラの技術を、家庭用のフィルムのいらない電子デジタルカメラとして富士フィルムが発売、シャープが世界初のオールトランジスター電卓を発売

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる