ここから本文です

モンハンワールドのベビーモスについて聞きたいことがあるのですが、このモンスタ...

gep********さん

2020/1/1412:09:59

モンハンワールドのベビーモスについて聞きたいことがあるのですが、このモンスターを討伐する上で色々手順があるとお聞きしました。やり方をわかっていない人は足手まといになるといった事も耳にしたのですが、この

モンスターを狩る上での手順を具体的に説明してもらえないでしょうか?それとよろしければ注意するべきところも教えていただけると助かります。

閲覧数:
60
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/1/1416:28:33

難しい手順は必要無いかも。FF14にちなんだ役割分担があって、それをした方が比較的楽に討伐できるということと、即死確定の攻撃をしてくるのでそれを回避する手段があるということだけ。

1.役割について
・タンク
ベヒの頭を何回か攻撃すると「敵視」を取れるのだが(攻撃回数は武器種による)、その間ミールストームを使ってこないため、タンク役の人が敵視を取り続ける。主にガードができる武器種でやると良い。
※敵視とは、ベヒが敵視したプレイヤーだけを狙うようになる。赤い線で繋がれるのでわかりやすい。

・ヒーラー
体力増強(最大)、広域化(最大)、キノコ大好き(Lv1でも良い)、節食、早食い(最大)、必要あれば体力回復量UPも付ける感じで、味方の回復を優先で行なう役割。
ヒーラーいると他の人はあまり自分で回復しなくなるので、そこそこ負担がかかる役。装備自体は組みやすいメリットがあるが、回復アイテム切れたら何度も補充しにいくことになるので消耗も激しい。
※ヒーラーいらね、アタッカーやれみたいな人もいるので割と不遇。

・アタッカー
名前の通り。残りの2枠はこれなので、ぶっちゃけアタッカーがちゃんとしてないと困るやつ。タンクがいるなら敵視取るのはタブーというほどでもないけど、できればらないように。

2.戦闘の流れ
・ヒーラーが各種バフを撒く(鬼人薬、硬貨薬等)。
・最初はタンクのみベヒに突入して敵視を取ってもらう。
・タンクが敵視を取ったら全員で突入。
・ある程度ダメージを与えると「コメット」を使用してくる。
・更にダメージを与えると「エクリプスメテオ」を使用してくる。
・コメットはマップに残るので、その背後に隠れてメテオを回避する。
2行目からこの繰り返し。メテオをしてこないマップもあるが。

3.メテオの回避
・コメットは岩塊みたいな形でマップに残るので、基本的にはその裏へ逃げて回避する。コメット自体はベヒの攻撃で壊れてしまうため、壊されないように離れる必要がある。

・特別任務「伝説の魔獣」をクリアで手に入るジェスチャー「FFジャンプ」をメテオに合わせてタイミングよく使用する。それなりに練習しないと無理なので、通常こちらで回避する場合はコメットが無い時か、コメットまで間に合わないとき。

・メテオ範囲外まで逃げることもできるが、1マップ程度移動しただけでは普通に当たるので、キャンプへ行った時にメテオがきたらキャンプで待機する程度の気持ちで。

4.野良でやる場合について
役割もクソもないので、皆がやられないことを祈るしかない。上手い人が来てくれればいいが、正直野良でやった経験からするとクリア率はお世辞にも高くないのでお祈りゲーになる。自分がヒーラーかタンクをやれればある程度はマシ。

野良でもそうでなくても一緒なんだけど、簡単に3乙するから、自分だけはやられないように!って立ち回ると良いかも。ここまで書いたけど結局クリアできるかどうかはプレイヤー次第なので、完璧に準備してもダメなときはダメ。何度も挑戦しよう。

質問した人からのコメント

2020/1/16 17:55:34

皆さんありがとうございました!

皆さん全員ベストアンサーにしたかったのですが、とても参考になった人を選ばさせていただきました!

何とか倒せました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

man********さん

2020/1/1514:30:50

役割分担は極ベヒーモスでなければ不要ですよ。

一番重要なのは、各エリアで一定ダメージを与えるとコメットが降ってきます。更にダメージを与えるとエクリプスメテオを使うのですがこれはコメットに隠れることでしか防げません。

なお、エクリプスメテオはモーションのジャンプでも回避できますがタイミング練習必要です。

他には敵視というものが存在します。ベヒーモスも頭を一定回数攻撃すると敵視を取ることになります。(武器により必要な攻撃回数は違います。)
敵視中はそのプレイヤーのみを狙われますが一番やっかいなミールストームをベヒーモスは使いません。(ミールストームとは暴風で一定時間留まるので使われるとどんどん戦うスペースが制限されます。)

ただこのミールストームは通常個体だと閃光で止められます。なので敵視は基本的にはデメリットなので、コメット付近で戦う事になりコメット破壊の恐れがある場合などは誘導に使いますがそれ以外のときは閃光を敵視を外す方が良いと思います。


まとめると①コメットは破壊されないようにする。②エクリプスメテオがきたらコメットに隠れる。③ミールストームを使いそうになったら閃光を使う。④敵視を取ってしまったら基本閃光で解除する。です。

極個体になるとコメットの数が減ったり、閃光耐性を持ちミールストーム対策が別に必要となったり、また最大で1エリアで3回エクリプスメテオを使ったりと攻略方法が異なるのでご注意ください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ten********さん

2020/1/1412:48:39

難しく考えることはないです。
全てのクエストで言える事ですが、最優先は死なない事。

ベヒーモスで一番死ぬ確率が高いのは「エクリプスメテオ」。これは隣接マップを含めて広範囲のハンターを一発で体力0にします。耐性を上げても、防御力を高くしても駄目です。
回避するにはベヒーモスが落としてくるコメットという岩の影(エクリプスメテオが落ちてくる方向とは逆)に隠れること。

もう一つありますが、ここでは触れません。

このコメットは、非常に壊れやすく、ベヒーモスの攻撃ですぐに壊れてしまいます。

なので、このコメットから離れて戦わなければいけない。しかし、離れすぎると隠れきれない。

また、コメットはハンターを狙って落としてきますが、端っこに落とされると影に隠れられない。しかし、真ん中に落とすと戦う場所が狭くなる。

このコメットの管理が成功の大部分を握っています。

このコメットとエクリプスメテオの仕様は「伝説の魔獣」というクエストで慣れることをおすすめします。


ベヒーモスをコメットから離すと言いましたが、ベヒーモスに限り(ムフェト・ジーヴァもありますが)、敵視というシステムがあります。
これは、頭を攻撃し続けたハンターをのみを狙って攻撃してするシステムで、敵視されるとベヒーモスから赤い線が出てきます。
基本的にはガード性能の高いランスやガンランスヘビーボウガンあたりが敵視を取り、他のハンターが攻撃するのが基本的な立ち回りです。

また、この敵視が発動している間はミールストームという、クシャルダオラの竜巻みたいな攻撃をしてきません。
ミールストームは長時間留まり、ハンターが当たると吹き飛ばし+ダメージが入るので戦う範囲が狭くなります。
よって、この敵視を取れるかも大切です。

理想的なフォーメーションは
◎(ランス)●(ベヒーモス)○(コメット)
と言うふうに、敵視取る役、ベヒーモス、コメットが一列に並んでいる状況で、ベヒーモスは敵視取っているランスに攻撃が集中し、コメット方向には攻撃しないので、コメットが壊れる心配が無い。しかもコメットの近くで戦闘しているから、エクリプスメテオが来ても素早く隠れることが出来ます。
もちろん、ベヒーモスもその場だけで戦っているのではなく、敵視取る役の裏に回り込む攻撃を行ってくるので、その度に位置の調整は必要です。


敵視取る役以外のハンターは尻尾、両前足が破壊可能なので、この2箇所を重点的に攻撃します。ただ、前足は攻撃を受けやすい場所なので、慣れなければ後ろ足を攻撃してもいいです。
一応、頭も部位破壊出来ますが、ダウン時に集中攻撃する以外では攻撃しない方が良いです。敵視されますので。
あと、広域化を付けて他のハンターの体力が少なくなってきたら、回復させてあげると良いです。敵視取る役の人は自分で体力を回復できない人が多いので。


まとめると、敵視を取る役になるなら、コメットの位置に注意して戦う。
それ以外なら広域化を付けてサポートを意識しながら戦う。
これで、手負いの魔獣「ベヒーモス」くらいならクリアできると思います。


極ベヒーモス討滅戦は、手負いの魔獣を楽にクリアできるようになったら行ってください。
あと、エクリプスメテオのもう一つの避け方をマスターしてから。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tek********さん

2020/1/1412:31:10

基本的にベヒーモスの攻撃は威力が上位の中で高めであり、特に厄介なのが「ハンター側の動きを妨害する技が多い」点ですかね、慣れればその妨害される攻撃は判定が早めなので避けやすいのですが慣れないうちはその点が厳しいって感じですかね、ベヒーモスは妨害行動はボディプレスとミールストームがよく挙げられます、前者はダメージ判定が短く密着してないと当たる事はないのでダメージとしては気にならないのですが付属されている振動(大)が中々に厄介となります、この振動に当たるとハンターがしばらく行動不能になりベヒーモスも攻撃速度が速い部類なので次の攻撃をモロに喰らいやすくなります、慣れないうちは耐震つけるなりして対策しましょう、次にミールストームについて、これはベヒーモスがよく使うステージギミックのようなもので発動されると約2分間ステージ内に常にダメージ判定を発生させる竜巻が設置されます、これを放置していると、どんどんミールによってステージが狭くなっていくという寸法ですね、これを抑制するためにベヒーモスの顔面を攻撃して敵視を得る必要があるわけです、敵視中はそれを貰ったハンターにしか攻撃しなくなりますがミールストームの設置をしなくなるので敵視をとってミールを防ぐのが正攻法となります、そして一定量ダメージを与えられればもう一つのギミックである「コメット」を降らしてきます、このコメットはベヒーモスの一撃技「エクリプスメテオ」のダメージ判定を肩代わりしてくれるもので、ベヒーモス戦での正攻法ではこれを守りつつ戦い、エクリプスメテオが降ってきたらコメットの裏に隠れてやり過ごす…という流れになります、これを通常個体なら4回、極個体なら五回繰り返すことで晴れて討伐完了となります。

正攻法と書いたとおり、別にコメットに隠れなくてもエクリプスメテオを回避する抜け道的な手段はいくつか存在します。
・アサシンの装衣(イベント限定)を着て、エクリプスメテオが来たら範囲外へアサシンダッシュで駆け抜ける(エリアによっては無理)
・ベヒーモス撃退で貰えるジェスチャーのジャンプを特定のタイミングで使う。
・エクリプスメテオの構えに入る前にキャンプのテント内に非難する(安定しない)
というのが特に有名でしょうか、他にもエクリプスの即死判定と重なる形で別の何かでダメージを受ければすり抜けられるというのもありますがこれは安定しません。

gfm********さん

2020/1/1412:15:03

まあ、まずはやってみるのがいいでしょうし、ここで説明を聞くよりWIKI見た方が早いとは思います。


それでも一応の流れとして
盾持ち(ランス、ガンス、ヘヴィボウガンなど)が顔面攻撃で攻撃対象にされる。
攻撃対象にされたプレイヤーを粉じんなどで守りつつ攻撃。
ミールストームは壁際に行く。
エクリプスメテオは岩に隠れる。←一番大事
これくらいであとは乙らなければ倒せます。
詳しくはWIKI見てください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる