ここから本文です

将棋では中学生棋士が注目されますが、高校生じゃだめなんですか。 15歳と16歳で...

アバター

ID非公開さん

2020/1/1412:57:16

将棋では中学生棋士が注目されますが、高校生じゃだめなんですか。
15歳と16歳では大きな差があったりするのですか。

閲覧数:
47
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2020/1/1419:06:55

10代でデビューする人は、その後も活躍している人が多いです。
例えば16歳までにデビューした棋士全員が、タイトル獲得あるいは棋戦優勝の経験があります。

ただし、中学生デビューとなると、今のところ、デビュー間もない藤井七段をのぞき全員がタイトル棋戦優勝を合わせて30回以上獲得する「大活躍」をされています。

タイトル棋戦優勝を合わせて30回以上というのは、この4人のほかに、大山康晴十五世名人(124回)、中原誠十六世名人(92回)、米長邦雄永世棋聖(35回)の3人しかいらっしゃいません。
これに次ぐのが、森内俊之九段・佐藤康光九段の25回、内藤國雄九段の17回となります。
無論、タイトル戦の数や棋戦の数が違うので、異なる時代の棋士を単純に比較することは出来ませんけれども、今までの4人を見る限り、中学生でデビューする棋士というのは、とてつもない才能を持ち、若くしてそれが開花した棋士と考えてもおかしくないでしょう。
もちろん、大山、中原、米長のように中学生デビューではないけれども、中学生デビューに匹敵する成績を残した棋士もいらっしゃいます。
ただ、中学生デビュー棋士はいままで、「一人の例外もなく」凄い実績を残しているということです。
藤井聡太七段についてはまだ分りませんが、マスコミも将棋ファンも彼に注目しているし、実際、期待通りの活躍をしていて、デビューからわずか2年半16歳にして棋戦優勝3回(そのうち2回は全棋士参加棋戦)という、とてつもない事をやってのけました。(考えてみてください。彼が2回目の朝日杯将棋オープン戦優勝を成し遂げた年齢では、後に名人になった棋士の中で、加藤一二三九段、谷川浩司九段、羽生善治九段の他は、デビューすらしていなかったのですよ。)
この実績を見る限り、今までの中学生デビュー棋士と同等以上の活躍は間違いないように思えます。

これが16歳以上でデビューした棋士との違いということだと思います。

参考までに18歳以下でデビューした棋士の、タイトル獲得回数、棋戦優勝回数を年齢別にまとめました。
(棋士番号のある棋士のみ)

以下の記録は2020年1月現在。☆は引退棋士、★は物故棋士

デビュー時の年齢 棋士名 タイトル獲得期数、棋戦優勝回数
ーーーーー
14歳2ヵ月 藤井聡太七段 棋戦優勝3回
14歳7ヵ月 ☆加藤一二三九段 タイトル8期、棋戦優勝23回
14歳8ヵ月 谷川浩司九段 タイトル27期、棋戦優勝22回
15歳2ヵ月 羽生善治九段 タイトル99期、棋戦優勝45回
15歳11ヵ月 渡辺明三冠 タイトル23期、棋戦優勝11回
16歳1ヵ月 佐々木勇気七段 棋戦優勝1回
16歳3ヵ月 塚田泰明九段 タイトル1期、棋戦優勝3回
16歳5ヵ月 阿部光瑠六段 棋戦優勝1回
16歳7ヵ月 森内俊之九段 タイトル12期、棋戦優勝13回
16歳8ヵ月 屋敷伸之九段 タイトル3期、棋戦優勝2回
16歳9ヵ月 ★大山康晴十五世名人 タイトル80期、棋戦優勝44回
16歳10ヵ月 増田康宏六段 棋戦優勝2回
16歳11ヵ月 豊島将之竜王名人 タイトル4期、棋戦優勝2回
17歳0ヵ月 永瀬拓矢二冠 タイトル2期、棋戦優勝2回
17歳1ヵ月 山崎隆之八段 棋戦優勝8回
17歳2ヵ月 森下卓九段 棋戦優勝8回
17歳3ヵ月 先崎学九段 棋戦優勝2回
17歳3ヵ月 阿久津主税八段 棋戦優勝2回
17歳4ヵ月 ★村山聖九段 棋戦優勝2回
17歳4ヵ月 澤田真吾六段
17歳5ヵ月 佐藤康光九段 タイトル13期、棋戦優勝12回
17歳5ヵ月 糸谷哲郎八段 タイトル1期、棋戦優勝1回
17歳6ヵ月 島朗九段 タイトル1期、棋戦優勝3回
17歳7ヵ月 久保利明九段 タイトル7期、棋戦優勝6回
17歳7ヵ月 中村修九段 タイトル2期、棋戦優勝1回
17歳7ヵ月 南芳一九段 タイトル7期、棋戦優勝6回
17歳9ヵ月 阿部隆八段 棋戦優勝2回
17歳10ヵ月 中村太地七段 タイトル1期
17歳11ヵ月 菅井竜也七段 タイトル1期、棋戦優勝2回
18歳0ヵ月 ☆中原誠十六世名人 タイトル64期、棋戦優勝28回
18歳0ヵ月 橋本崇載八段
18歳0ヵ月 八代弥六段 棋戦優勝1回
18歳1ヵ月 日浦市郎八段 棋戦優勝1回
18歳2ヵ月 高見泰地七段 タイトル1期
18歳2ヵ月 広瀬章人八段 タイトル2期、棋戦優勝1回
18歳3ヵ月 北浜健介八段
18歳5ヵ月 桐山清澄九段 タイトル4期、棋戦優勝7回
18歳6ヵ月 中村亮介六段
18歳7ヵ月 三浦弘行九段 タイトル1期、棋戦優勝3回
18歳7ヵ月 髙﨑一生六段
18歳8ヵ月 佐藤天彦九段 タイトル3期、棋戦優勝4回
18歳8ヵ月 ★森安秀光九段 タイトル1期、棋戦優勝10回
18歳8ヵ月 小林健二九段 棋戦優勝2回
18歳9ヵ月 中田功八段
18歳10ヵ月 ☆内藤國雄九段 タイトル4期、棋戦優勝13回
18歳10ヵ月 福崎文吾九段 タイトル2期、棋戦優勝1回
18歳11ヵ月 斎藤慎太郎七段 タイトル1期
18歳11ヵ月 脇謙二八段 棋戦優勝3回
18歳11ヵ月 千田翔太六段

アバター

質問した人からのコメント

2020/1/14 20:36:36

詳しくありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

wan********さん

2020/1/1415:37:54

中学生棋士が話題になったのではなく、デビュー後29連勝が話題になったんだと思います。

その証拠に、中学生棋士はいままでに数名(加藤、谷川、羽生、渡辺(敬称略))いますが、あまり話題になっていません。

hello-ATさん

2020/1/1415:11:45

要はレア度の問題だと思われます。
中学生棋士は歴代でも5名しかいません。
対して高校生棋士(高校に通っていない18歳以下デビュー)となると相当います。
16歳デビューに限定しても上記5名の他で7名います。

つまり「高校生棋士」というのは結構チラホラいるので、棋士としては割と一般的なのでそこまで注目されないという事になるわけです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jtjkp292さん

2020/1/1414:08:10

これはありますね。

中学生で棋士になった加藤九段、谷川九段、羽生九段、渡辺三冠、藤井七段は大きな活躍をしています。
16歳で棋士になった人でも活躍している人がいますけど、上記の棋士に比べれば、若干劣る面が多いです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/1/1413:57:15

ダメではありません。マスコミが扱うときの話題性の違いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる