ここから本文です

神棚の中身について 私の実家には、神棚があるのですが 中身をかれこれ30年以...

bkm********さん

2020/1/1505:19:13

神棚の中身について

私の実家には、神棚があるのですが
中身をかれこれ30年以上交換していないというんです

中身をちらっと見たら、ギザギザの紙と(神社とかのお払いに使うシャカシャカ振るのやつ)
天照~と書かれたお札が入っていました

これらは毎年取り換えなくてもよいのですか?
父いわく、神棚を設置するとき1時間以上お経をあげてもらってるから
触ると災いが起こるというのですが…。

閲覧数:
31
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

man-eaterさん

2020/1/1505:37:35

ずっとそのままでも問題有りませんが、劣化した御札などは見過ごせないでしょう

御札は1年が有効期限ですので、毎年交換される方が多いです
交換しないと、無効なお札になるだけですが

神仏混合(神仏習合)系のお寺で受けた御札なのかな?という感じ

基本的に仏教は神道を上回って内包するという思考が有りますので、神社でできることは全てお寺で可能とします

  • 質問者

    bkm********さん

    2020/1/1505:52:51

    回答ありがとうございます。
    すごいですね、よくわかりましたね
    父が神仏混合のお寺でお祓いをしてもらったと言っていました。

    一緒に入ってたシャカシャカも処分して大丈夫でしょうか?
    重ねて質問すみませんm(__)m

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mon********さん

2020/1/2013:22:09

神札は一年に一回新年などに交換するのが良いと思います。

神棚のお札の配置は中心に天照大御神様と豊受大御神様のお札を、
その右側に氏神様(ご自宅から一番近い神社の神様)のお札、
左側にその他崇敬する神様のお札を置くのが通例です。

一社づくりの場合は、一番前面に天照大御神様、
次に豊受大御神様のお札を、
次に氏神様のお札、次にその他崇敬する神様のお札を置くのが通例です。

神棚の詳しいおまつりの仕方はこちらをご覧ください↓
http://kamisamagosenzosama.com/kamidana.html

ギザギザの紙は近所の神社にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。


宇宙空間では冷たい太陽の光が地球の大気に反射することによってはじめて暖かい光になるのと同様に、

人は感謝というものを通じてはじめて神様、ご先祖様から幸せをいただくようになっています。

そこで毎日神様、ご先祖様に「生かされていること」に感謝して

手を合わせるのが大切なことです。

fvs********さん

編集あり2020/1/1600:57:42

ギザギザの紙って、御幣ですか?
写真が貼ってないのでなんとも言えないです。

御幣は毎年交換するものと、毎年交換する必要がないものとあるので…


神棚を設置する時にお経をあげた理由がわからないです。
何で神棚にお経をあげたのですか?お経は神棚ではなく、仏壇ですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bさん

2020/1/1507:16:43

毎年交換するタイプと、代々そのままにしておくタイプがあります。
写真がないので判断は難しいですが、板状の紙製の御札は毎年交換するのが普通です。

木製で箱状で表面を布で覆ってあり霊璽とか分霊、分神などの表記があったり、錦を巻いてあるようなものは、永遠に祀るものですが、一般家庭では、ほとんどみられません。

また紙製の振るものは、幣帛の類ですが沢山の種類があります。写真がないので判断が困難です。

■幣帛などの種類
◎祓串(はらいくし)=お祓いで神職がふるもので、棒部分が竹か木など。◎大麻(おおぬさ)=祓串と同じように神職が使用するが棒ではなく榊などの枝を葉つきのまま使用する。
◎八重榊(やえさかき)=大麻の紙を細長くしたもの。 ◎小麻(こぬさ)=神職が私的などでつかう祓串の小型のもの。
◎祝詞幣(のりとへい)=祓串の紙をばらばらにしてないようなタイプで出雲系神 などで祝詞奏上後に神職が振る。 ◎金幣(きんぺい)=祝詞幣の金色のもの。
◎銀幣(ぎんぺい)=金幣の銀色のもの。 ◎幣帛(へいはく)=神前に奉安したり、安置したりするもので祝詞幣に似た形状をしている場合が多い。
◎幣串(へいいぐし)=幣帛の一種で神棚の前に立てたりする。比較的小型。 ◎幣束(へいそく)=幣帛の一種だが幣串より比較的大きい。 ◎奉幣(ほうべい)=神前などに奉納する幣帛。
◎直榊(なおさかき)=葬儀で用いるもので榊の枝に白、黄色などの紙をつけたもの。 ◎小榊(こさかき)=出雲式葬儀で祭壇中央に安置するもので榊枝に紅白の紙をつけたもの
◎神籬(ひもろぎ)=榊枝に白紙を取り付け、神霊を降臨させるもの。 ◎真榊(まさかき)=神前などにささげる巨大な榊の樹に紙や布などを取り付けたもの。
◎大真榊(おおまさかき)=真榊よりさらに巨大で皇室などで使用する。 ◎そのた=神社や地域によって様々な種類が他にもたくさんあります。また呼び名な使用法や意味も神社によって違ったりもします。

毎年交換するタイプと、代々そのままにしておくタイプがあります。...

jigorokenさん

編集あり2020/1/1507:02:29

>>1時間以上お経(お経=仏教、神棚=神道)をあげてもらってるから、、、

団塊世代の思想、損得感情ですね。非常に怪しからん。神棚事お焚き上げして貰って新たに新設、若しくは全て処分で良いと思います。本人様はどの様に考えているのですか?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる