ここから本文です

土地の賃借人が賃借権に基づく妨害排除請求を不法占拠者に対して行使できるのは、...

アバター

ID非公開さん

2020/1/1912:09:27

土地の賃借人が賃借権に基づく妨害排除請求を不法占拠者に対して行使できるのは、賃借権の対抗力を備えた場合である。また土地の賃借人は対抗力を有してなくても賃貸人たる土地所有者の所有権に基づく妨害排除請求権

を代位行使して、不法占拠者に対し土地の明け渡しを請求できる

という説明文があるんですけど、結論は対抗力なくても代位行使すれば不法占拠者に明け渡しを請求できるということですか?
なら、賃借権に基づく妨害排除請求権は存在意義ありますか?
代位行使して賃貸人の所有権に基づく妨害排除請求権を常に行使したらいいんじゃないですか?

わかりやすく教えて頂きたいです。お願い致します。

閲覧数:
8
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kei********さん

2020/1/1914:10:36

別の回答者の言うとおり、賃貸人が二重に賃貸したり地上権を設定した場合、賃貸人にはもう一方の賃借人や地上権者を排除する権利はないから、代位行使できる権利が無い。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mnb********さん

2020/1/1912:23:24

土地の所有者が二重に使用許可した場合、代位では妨害排除できない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる