ここから本文です

明日海りおさんは長期ですが4人もお嫁さんを貰って色々変化が楽しめましたが、柚希...

アバター

ID非公開さん

2020/1/2601:54:19

明日海りおさんは長期ですが4人もお嫁さんを貰って色々変化が楽しめましたが、柚希礼音さんは夢咲ねねさん1人と6年間ですよね?


私はこの頃宝塚を見てなかったので知らないのですが、6年同じペアだとファンの方からの評判はどんな感じだったのですか?
見飽きたりしないのですかね、、?
柚木さん単体だけでなく「ちえねね」というペアの価値も高かったのでしょうか。

閲覧数:
696
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2020/1/2701:58:33

当時は今と比べ物にならないくらい、チケットが売れないのが当たり前だったんです。

その中で柚希さんは「全ての公演で完売」とご自身でも出してました。ただその「完売」も今で言う「完売」とはちょっと違います。細かいことは察していただきたいのですが「完売」にしたのは夢咲さんの力が大きいということです。なのでファンも不満はあっても、そこは有難いのが本心だったと思います。

個人的には、ちえねね大好きでした。自由奔放なお芝居が得意な夢咲さんは、当時「男性にしか見えない」と言われるぐらい男役らしいタイプだった柚希さんの、頼れる雰囲気や包容力を上手く引き出してたと思います。
また夢咲さんは寄り添うポーズで並ぶととても綺麗でした。頭の形は丸いですが鼻と顎がシャープでツンとしていて、横顔のラインが完璧です。

でも舞台に関して今思えば、そこまでコンビ色は強くなかったかなと。別箱で分かれたり相手役以外もありましたし。柚希さん自身は男役同士の友情っぽい絡みが上手いというか、目立つタイプでもありました。ワンマンショーっぽいことが多かったかと。
トップコンビの舞台というよりは、柚希さんの舞台に星組の皆さんが集まってる印象でした。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「明日海りお」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yuu********さん

2020/1/2701:24:12

ちえねねに価値があるかと言われたらそうではなく
ねね以外に相手役になれなかったと言った感じでしょうか…
ちえちゃんがてを離さなくて良かったと発言した通り不仲と言うか刺々しい時期もありましたし
あわないなーとおもう時期もありました。
にもかかわらずかなり厳しいちえにもかかわらず変わらなかったのは
他になかったからだけな気がします。
乗り越えてからは寄り添えたのかなとは思います。

あすみさんは
良く言えばオールマイティというか誰でも大丈夫だったといったところだと思います。

まぁ花は同時退団がほとんどありませんから最初と最後は別として、
二人目が相手役になった理由はわかりませんが先に退団されたということはそいとげようと思うものがなかった※この時はよていではもう少しあすみさんの任期があったらしいといわれてます※
ということでしょう。

三人目は指名したとの噂でしたが
一瞬もトップになれる予定のなかったひとがトップになれたなら満足するというか添い遂げる以前に幸せで自分から退団したのかなと思います。

だからある意味で添い遂げようと思わせるものがなかったのかなと思います。
ただ花だから不思議でもなんともないです。

憶測ばかりですいません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

bun********さん

2020/1/2621:08:24

ちえねねはコンビで人気でしたし、とてもお似合いで、大好きなコンビでした。
夢咲さんは華やかで美しく、スタイルも良くて魅力的でした。
けれど、その一方で、可憐で気品があり美しく実力派の音羽みのりさん、絶世の美女で華やかな早乙女わかばさんにも、チャンスがあれば良かったのに、とは思っています。

ufq********さん

2020/1/2617:35:18

柚希さんはレジェンドと言われていましたが、相手役の夢咲ねねさんは全てにおいて完璧だったという訳では無いのでよく思われない方もいたのかと思います。
私は、夢咲さんがきっかけで宝塚のことが大好きになったので夢咲さんのことは凄く大好きです。
スタイルの良さや、可愛らしいのにガッツが見える部分があったり…ほんとに可愛らしい方であの時代には珍しい娘役像だったのかなと思います。めぐりあいは再びの様なこれぞお姫様!な役から眠らない男のときのジョセフィーヌなど色んなお役に変貌できる方で。夢咲さんのような娘役さんは今後なかなか現れないんじゃないかなと個人的には思っています。柚希さんと夢咲さんのデュエットダンスは見ていて本当に幸せになる素敵なものばかりでしたし、おとぎ話のような関係や大人な関係など6年間で本当に色々な"ちえねね"が見れて私は全く飽きませんでした。贔屓目もあるかもですが、柚希さんだけでなく "ちえねね" コンビ自体もレジェンドだったなと思います。

kur********さん

2020/1/2608:32:56

「ちえねね」のコンビとしての人気はとても高かったと思います。共に高身長でスタイルがよく、華があったのでデュエットダンスなどは見応えがありました。
二人の相性はとてもよく「わたしの中にねねがいる」「私を中心にねねが回っている」とは、柚希さん語録です。二人がじっくりと育てあげてきた数々の舞台は充実ぶりがすごかったです。
ただ、夢咲さんは歌唱がやや弱く「もう少し歌えれば」と思ったこともあります。ファンの中には、二回目の「ロミジュリ」の前に、夢咲さんが卒業してもよかったのではという意見があったことも事実です。ちえさんファンとして、他の方とのコンビをみてみたかったのは正直な気持ちです。
けれど、明日海さんのようにころころと相手役がかわるより、最後まで添い遂げたのは、好印象を持ちました。

ZUKAさん

2020/1/2607:11:53

ちえがねねちゃんを離そうとしなかったんじゃないかと私は思ってます。
私はねねちゃん嫌いじゃなかったです。
ロミジュリの時は16歳??と疑問に思いましたが。
辞めてからの舞台も可愛くて綺麗で見惚れます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる