ここから本文です

カラヤンて、いうほどの指揮者ですか? ただ聴いただけでは、 朝比奈の大阪フ...

雅子様私設応援団さん

2020/1/3106:09:04

カラヤンて、いうほどの指揮者ですか?

ただ聴いただけでは、
朝比奈の大阪フィルと、区別はつかないのではありませんか。

補足カラヤン信者が多いようだが、
では、どこが違うと聞かれたら、貝のように黙ってしまう。

日本人演奏家をけなし、外国人を持ち上げれば、自分は玄人だと勘違いしている人が、
日本には、昔から多いのは、悲しい事である。

運命とか新世界のようなポピュラー音楽なら、
誰が振っても変わらないだろう。

カラヤンでなければならない作曲家というのは、
一人もいないはずだ。

まさか、
モーツァルトが十八番だったとでもいうのだろうか。
(笑)

閲覧数:
692
回答数:
22

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

may********さん

編集あり2020/2/404:41:02

カラヤンでないといけない作曲家います!

リヒャルト・シュトラウス

他の指揮者だとやり過ぎるきらいあり。

リヒャルト・シュトラウスはきらびやかで華やかな音楽ですが、深いものはありません。

カラヤンの芸風に最も合います。

ヤノヴィッツとの「4つの最後の歌」やオペラ「薔薇の騎士」は特に素晴らしい。

あとはワーグナー

カラヤン以外にもこれは!というワーグナーを振る指揮者はいますが、特に
「トリスタンとイゾルテ」の
「イゾルテの愛の死」を聴いていただきたい。

ベームやフルトヴェングラーもよい演奏ですが、クライマックスの鳴らし方がカラヤンを聴くと不十分に感じられます。

ドヴォルザークでも交響曲第8番
ウィーンフィルとの新旧録音はどちらも素晴らしくセルと双璧

どちらをこの曲のベストの演奏とするか迷うところ。

あとオペラ

プッチーニは私はカラヤンがベスト

ヴェルディもよいし、有名なビゼーのカルメンも素晴らしい。

それからカラヤンが素晴らしいの伴奏

協奏曲も素晴らしい演奏がいくつかあります。

カラヤンのファンを自称される方の多くが質問者さんの仰る通りに全くわかってない人が多い。

あれはヴィトンやグッチを持ちたがるブランド嗜好と一緒だと思う。

これはカラヤンじゃなきゃ!という万人が納得する演奏を挙げられないようでは本当のカラヤンのファンとは言えないように思う。

ちなみに私はワルターとフルトヴェングラー推し。

ワルターやフルトヴェングラー聴いてしまうとカラヤンのベートーヴェンなんかどこが良いのかサッパリわかりません。

田園は最悪!
田舎道を真っ赤なオープンのスポーツカーに長い金髪のサングラスした女性を隣に乗せて、かっ飛ばしてる。

それから、ザルツブルク出身なのにモーツァルトなんかめちゃくちゃ下手くそときたもんだ。

モーツァルトやるのになんであんなバカデカイ編成にワザワザするのか全く理解できません。

あれは王公貴族のためのモーツァルトの音楽ではなく、カラヤン編曲のカラヤンの音楽です。
バッハも同じ。
聴く気にならない。

そもそもカラヤンはドイツものがダメ

それを素晴らしいというのは感性を疑う。

カラヤンが良いのはシベリウスとかグリーグとか民族系とリヒャルト・シュトラウスと同じようにサウンドが美しいドビュッシーやラヴェルなんかですよ。

チャイコフスキーもカラヤンいいですね。

〉〉運命とか新世界のようなポピュラー音楽なら、誰が振っても変わらないだろう


それも違うと思いますよ。
指揮のなんたるか?
指揮者のなんたるか?
がおわかりでないようなご発言

どれくらい運命や新世界をお聴きになられましたか?

まあ2曲ともにハズレという演奏がほとんどない曲ではあります。

良いか悪いかは別として、運命であれば、比べて欲しいのは

・フルトヴェングラー
・クレンペラー
・トスカニーニ
・カルロス・クライバー

ずいぶんと違うと思います。

「新世界より」ならば、カラヤンはわりとスタイリッシュに綺麗な演奏をしてますが、そこへいくとケルテスは土臭い感じで同じウィーンフィルでも荒々しく野性味がある。

アーノンクールなんかもいいですが、ずいぶんと上品

この曲らしさを堪能するにはやはりチェコの指揮者か東欧の指揮者がよいと思います。

時折、この2曲をポピュラー音楽とバカにしたり軽くみられる方がいますが、どれほど聴いておられるか疑問です。

聴きやすいし、入門者向きなのも確かですが、楽曲の完成度も高いと思います。

深みという点では疑問もありますが…

ポピュラーとか言う方はたいていマーラーが好きな人でしょうか。

私はマーラーも好きですが、分裂、分散気味の音楽
毎日聴きたいとは思わない。

理屈の好きな方がたいてい好まれますね。

音楽って理屈もいらなくはないけど、理屈より感性ですよ。

感性に合うなら、カラヤンがいいと言うのもアリなのかも。

ただ先に私が挙げたカラヤンの演奏も皆さんに聴いていただいた上でカラヤンの良し悪しを語って欲しいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/21件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

up_********さん

2020/2/618:23:39

オペラと管弦楽曲とを分ける必要があります。オペラではカラヤンは最高クラスでしょう。管弦楽曲では作曲家によりますがリヒャルトシュトラウスは最高でしょう。また大きな響きが望ましい時カラヤンは向いてますね。また技巧的な響きが欲しい時にも。何もかも最高は元々あり得ないでしょうね。ただし私は彼のオペラとか聞いていると彼が録音にかけた情熱が分ると思いますね。オーディオの響きを肯定する人向きに彼の録音は向いています。ライブしか本物ではないと感じる人はカラヤンむきではない感じがしますね。何故なら彼の録音はオーディオ的に見栄えがすると感じるからです。低音の豊かさにこれだけこだわっている指揮者も少なくそこだけでも彼の録音はスリルに満ちていて一人で楽しむ音楽に向いています。

rnh********さん

2020/2/600:40:35

>カラヤンて、いうほどの指揮者ですか?

昭和のころには、クラシックマニア=アンチカラヤン…みたいな印象があって、カラヤンを貶さないといっぱしのマニアと認められなかったりしましたからね…。しかし、アンチがいっぱい=いうほどの指揮者でしょう!!

>ただ聴いただけでは、朝比奈の大阪フィルと、区別はつかないのではありませんか。

上手いか下手かは別にしても、オケの音色はある程度のオーディオ装置では分かりますから、カラヤンの振ったBPOやVPOと大フィルは区別できると思います。カラヤンは大フィルを振っていないので直接の比較できませんが、カラヤン指揮N響と朝比奈指揮N響の比較なら(時代と曲は違えど)できます。やっぱり、それぞれの個性は感じます。

>カラヤン信者が多いようだが、では、どこが違うと聞かれたら、貝のように黙ってしまう。

アンチカラヤン党員も未だに多いですよ!信者やアンチが未だに騒いでいるだけカラヤンは大物なんでしょうね。

どこが違うと聞かれたら…それは難しいですよ!例えばアイドル歌手のAとBの違いは聴けば分かりますが、声紋みたいなものは言葉で説明しにくいですよね。

>日本人演奏家をけなし、外国人を持ち上げれば、自分は玄人だと勘違いしている人が、日本には、昔から多いのは、悲しい事である。

エンターメント…芸術でもスポーツでも、日本人だというだけで持ち上げる輩が多いのは日本人として恥ずかしいですけどね。

確かに西洋音楽の中で、日本人がいちばん通用しているのはクラシックです。ジャズやロックでは、ほとんどお話になりませんもの。

>運命とか新世界のようなポピュラー音楽なら、誰が振っても変わらないだろう。

有名な曲だからこそ誰が振るかで変わってきます。第一、使う楽譜からして版の違いもあります。

>カラヤンでなければならない作曲家というのは、一人もいないはずだ。

しかし、それにも増して、カラヤンでは駄目だという作曲家はほとんどいません。

>まさか、モーツァルトが十八番だったとでもいうのだろうか。

中ではモーツァルトとシューベルトは、カラヤンが比較的苦手とされた作曲家です。しかし、モーツァルトにしてもオペラはかなりいい出来でしょう!?

sat********さん

2020/2/413:26:25

ある程度の水準以上の音響機器で再生されたものなら、「これがカラヤン指揮」って当てられますよ(9割は当てられると思います)。

確かに、違いを「言葉」にはできないかも知れませんが、逆に言えば「感性」をどのように言葉で表現すれば良いのでしょう?

そもそもカラヤンって、世界的なオーケストラ指揮がほとんどだと思うんですが、「大阪フィル」と比べてわからないような、あなたの耳(感性)に一番の問題あると思いますよ?

あ、決して大阪フィルをけなすわけではありませんが、ベルリンフィル、ウィーンフィル、パリ管弦楽団などと比べたら、セリエAとJ3くらい力量に差があるのは確かですし。

カラヤンどうこう言う前に、まずはお前の耳からやん!
(カラヤンとからやんを掛けている)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2020/2/320:33:11

カラヤンは指揮者というよりも
有能なセールスマンだったと思います。
一部のファンの高尚な趣味だったクラシック音楽の裾野を
一般の層に広めた功績は大きかったように思います。
それに彼の生きた時代はまさに録音技術の向上の歴史でも
あったと思います。
カラヤンはほとんど全てのジャンルに渡る演奏をしましたが
そのほとんど全てが水準以上であったという事も忘れては
ならない点だと思います。
とかく彼の遺した演奏は芸術的にはどうかなどと論争に
なりがちですけど、彼がクラシック界に与えた影響は
計り知れないと言えます。
「カラヤンを選んでおけば間違いない」とまで言えるほどの
評価のされ方は他の指揮者では考えられません。
他にもたくさんの偉大な指揮者がいる…
しかし誰かに勧めようと思う演奏はカラヤンになってしまう。
彼の芸術性を評価するしないにかかわらず、彼の素晴らしき
センスで20世紀を生き抜いてしまった、一種の「アイドル」と
言っても良いんじゃないでしょうか。

wew********さん

2020/2/316:55:13

偉そうな御託を並べるは実演を聴いてから言いなさい

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる