ここから本文です

リフォームでの強度補強は可能でしょうか。 木造軸組工法の築15年の戸建てを買...

san********さん

2020/3/312:56:02

リフォームでの強度補強は可能でしょうか。

木造軸組工法の築15年の戸建てを買おうか迷っています。

図面を取り寄せたところ、建築許可が下りた後に、微妙な改築があるのか現状は図面と一致しておらず、ドアが増えていたり、壁、柱が減っています。
それらのうちには、筋違いになっている部分も含まれているので強度的に不安です。

これを全体を1戸に統一するリフォームをするのにあたって、柱を追加したり、筋違い(タスキ含む)を追加して、当初設計図面並みに強度を回復できないでしょうか。

それとも工法上、一度組み上げた後に、柱や筋違いを追加することはできないものでしょうか。

閲覧数:
33
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/3/313:12:23

それは”リフォーム”と言うより”リノベーション”と言った方が良いかも知れません。
柱や筋違い(筋交い)を後から追加する事は可能だと思います。
やり方はその建物ごとに違うと思いますが、適した補強方法は必ず有ると思います。掛かる費用の大小は当然有ると思いますが、専門家に相談されても追い返される様な事はまず無いと思います。

質問した人からのコメント

2020/3/9 22:09:33

皆様、いろいろと参考になる情報ありがとうございました。
甲乙つけがたいので、最初の回答をBAとさせていただきました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2020/3/315:59:36

①築年数が15年目であれば、自治体からの補助金は出ませんが、「耐震診断」する事は可能なので、依頼してください。

②それで「評点」=1.50以上であれば、大震災でも倒壊する事はありませんが、ここまでの数値は出ていないと思いますので、こちらの方法で「耐震補強工事」を行ってください。
http://www.aichi-gensai.jp/pdf/guidebook/h30_guidebook_keitai_19032...

この内容に従って、「精密診断」と「偏心率」の計算を行って、補強計画を立ててください。 この手順に従えば、全体の工事費用を、今までの1/3に圧縮する事も可能ですよ。

③この時に費用に余裕があれば、併せて「断熱改修工事」も行えば、「快適な家」になりますので、ご検討ください。
https://books.rakuten.co.jp/rb/16110135/

こちらの内容を読んで頂ければ、改修前と改修後の家を比べた違いが、住んでいる人の感想として書かれていますので、お役立てください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2020/3/314:41:24

合板を室内側から張れば強度はむしろ設計時より増すことも簡単なことです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

pot********さん

2020/3/313:55:40

可能です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gom********さん

2020/3/313:31:46

出来ますよ。もちろんそれなりの費用は掛かりますけど。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる