回答(9件)

4

太一は告ると同時に振られたよ 千早は真っ黒になった 新とは両思い 好き言われ細胞全部生まれ変わる言ってキラキラ乙女に だが作者は太一大好きだし論理性とか辻褄とか無視だから、どうするかは知らん

4人がナイス!しています

4

太一はとっくの昔に、告ると同時にフラれたよ。 千早と新は両思いで運命の恋だけど、作者の太一使った三角関係釣りで、不自然にくっつかず最後までダラダラ引き伸ばしてるだけ。 そのせいで千早がビッチ化して太一ファン以外に嫌われたし、アホみたいに太一ばかりに都合よく進めて、卑怯が得するみたいなおかしな話にしたせいで、人気ガタ落ちだから、なんとか方向修正図ってる最中。壊れすぎてもう遅いけど。 なのにいまだに太一とくっつくように見えるって人は、描いてあることは全部スルーで、とにかく太一とくっつくようにしか見えないんだろうし、下の人が長文で説明してるけど、理解できないだろうね。 千早と新のベッドシーンでもない限り、完結してもずーーーーと太一とくっつくって言い続けそう(笑)

4人がナイス!しています

5

太一って言わないと納得しないんでしょうねw 太一ファンはとにかく最初っからずーと描いてあること無視して、太一エンド言い続けてるから、論理的に説明しても耳に入らないし、描いてあることも全部捻じ曲げて読み続けてるし。 まあ無駄だと思うけど、太一と新の比較してみましょうかw? 新 ・作者自身が「ちはやふるは千早と新の話」「千早の新への感情は恋」だと言ってる。 1巻の説明も「千早が新と出会ってカルタの情熱感じる話」と説明あり(ただし当初のインタビューなので、その後変わってる可能性はあり) ・主人公の千早より先に登場。主人公に作品のテーマのカルタ教え、夢共有し、情熱の源泉となる。千早と同じ同じカルタバカ。 ・「離れても隠しきれない恋」がテーマで、離れてても心で繋がり、精神的に千早支え、2巻の「真っ赤な恋」でちは札触ってる。川に紅葉が散らばる「ちはやふる」に合わせて、水のイメージで描写される。 ・千早はちは札付きで「一生新が好き」言って、好きいわれキラキラ乙女モードに。 ・「新と一緒に生きてく」の思いで、太一は速攻で振った。 ・その後作者のいやらしい恋愛釣りで「太一に心変わりか?」と思わせる異常な太一上げあるも、心変わりはない。 ・作者都合で返事誤魔化し続いてるが、「近くに行く、その時返事聞かせて」と言われ千早赤面で愛おしそうに見送る。太一のゴタゴタ終了後は、また心で新に呼びかけたりしのぶとの関係嫉妬したり電話で泣くほど嬉しがったりと、以前の感情復活。 ・クライマックスの頂上決戦で、幼い頃の夢共に叶えようと名人目指す新と一緒に戦っている。 ・真っ直ぐで正直な性格。彼女なし。千早の気持ち優先で、返事放置も待ってる。 太一 ・作者自身が「ちはやふるは千早と新の話言ってる。太一は2巻で消えるはずが、頑張るから出続けることになった。掻き回し役で太一と結ばれることはない言ってる(ただし当初のインタビューなので、変わってる可能性はあり) が太一ファンは、「新への感情は恋じゃない!ただの友情や尊敬だ!」と言い続ける。 ・1-2巻では、ただの脇役。千早のカルタの始まりにも影響せず、作品のテーマの情熱も与えず夢も共有せず、イジメするし卑怯だし読手で脇役。一巻の説明には、太一のたの字もない。 が、太一ファンはひたすら「太一もすぐ出てきたし、新と同等の存在だ!いや、出番多い分、太一が正ヒーローだ!いや、太一こそが主人公だ!だから太一が名人なって千早ゲットだ!」と主張し続ける。 ・主人公と、テーマの「夢=クイーン/名人」は共有せず、肝心のカルタの情熱もない。が太一ファンは「太一こそお似合いだ!」言い続ける。 ・で太一ファンはひたすら「太一は千早をそばで支えた!だから結ばれるべきだ!と言い続けるが、作品のテーマは「離れても隠しきれない恋」。一時離れるもずっとそばにいるわ、近くにいても精神的に支えてたのは新で、部員もすぐ入り支えたのは太一だけじゃないし、2年目は後輩の指導もせず、3年はふられてあてつけ退部でそれっきりで、支えるどころか邪魔と嫌がらせで足引っ張る。おまけに千早は太一が支えてくれたと十分認識し、それでも心変わりしてないのに、がいつまでも「近くでずっと支えたから太一エンド!」と言い続ける。 ・性格は小学生でも高校生で卑怯で姑息で小心者のネガティブ。新にもイジメや嫌がらせするし、カルタ愛にも新戦最後にやっと目覚める程度で、その後もまだぐだぐだ。イケメン萌えで作者に異常に持ち上げられてるが、本来千早が嫌う要素ばかり。だが太一ファンは「太一こそお似合いだ!」と言い続ける。 ・主人公の千早は新が好きでおまけに両思いのとこに、太一が割り込んでるだけなんだが、太一ファンは「太一が千早好きだから報われるべきだ!」言い続ける。千早が好き言いつつ彼女いたし(ポイ捨て)、ふられたらあてつけ退部と無理キスと千早をわざと傷つけると、結局自分の気持ちが最優先。がひたすら「一途に千早を思い続ける太一の恋が報われるんだ!」と言い続ける。 ・失恋後千早はあれだけ脳内太一なんだから、太一が好きならとっくに気づいて好き言ってるはず。が心変わりないし、太一も気持ちに区切りついたのに、太一ファンは、千早が新と夢に向かって共に戦ってる最中、もしくは試合後に急に太一への恋に目覚め、散々待たせた自分のカルタの始まりでカルタの象徴的存在で、一緒に夢叶えた新を振って、名人戦出るでもない脇役で、嫌がらせしたりカルタも半端でフラフラの太一を選ぶと言い続ける。 太一告白までは「太一が告白したら太一へに恋に気付くんだ!」言い、速攻振られたら今度は「でもこっから気付くんだ!再会したら太一が好きに!」言い、再会しても心変わりないと「新の両どりはないから、太一が名人に!」言って、姑息カルタで新に負けると今度は「じゃあ新が名人で太一が千早だ!」と意見変え、千早が新気にしたり、太一が気持ちの区切りつけたシーンは全部無視で、こっから突然千早は太一への恋に気づき太一を選ぶんだ!と、とにかく整合性は全無視で、ずーと太一に都合のいい流れだけ妄想し続けてる。 千早が太一に恋してる描写なんて一度もないのに「千早が好きなのは太一!」で、千早の新への数数の恋描写は全部「あんなのは恋じゃない!」だし、千早が新に好き言って終わっても、永遠に「千早は太一が好きで、太一と結ばれるんだ!」言い続けるんだろうな。 こっからどこをどうやったらいきなり太一エンドになるんだと思うよ。まあ作者がパクリ自演擁護と平気でするイケメン好きの「卑怯は素晴らしい」っていうイカれた太一キチだからゼロじゃないけど、作品も倫理観もぶっ壊れるね。やってもせいぜい新にもお断りして3人仲良しエンドだろうね。 まあどこまで太一ファンのために、作者がご都合で進めるかだね。

5人がナイス!しています

1

また原作全然見てない太一ファンが意味不明な妄想爆裂(爆笑) よくまあ第一話から延々と作品のテーマも今まで描かれたものも全部無視で、40巻以上も自分に都合のいい妄想し続けられるよなw 完結しても永遠に「太一エンド!」って言い続けるんだろうけど、作品で描かれてることも辻褄も整合性も全無視で、明けても暮れてもひたすら「太一エンド!」って言い続けてば、自分の妄想が実現すると思ってるなら、いい加減病院行ったほうがいいよ どこをどう見たらこの期に及んで太一エンドに見えるんだか 太一ファンに忖度した作者が、当初の設定捻じ曲げて、せいぜい新にも「カルタに打ち込みたい」と断ってごまかしエンドがせいぜいだよ おまけに太一が名人とか、妄想の妄想にもほどがあるし、最初から最後までずっと妄想の二次創作読んでるんだろーな 脳みそないのか病気か知らんがお大事に 質問者もいつまでも同じ質問繰り返して、「太一エンド!」言ってるやつBAに選んで自己満足しても、虚しいだけど気付けよ? ほんと太一厨の過剰な妄想はキミが悪い

1人がナイス!しています