ここから本文です

労災についてお聞きします 労災で人差し指第三関節 中指第二関節 親指の肉をV...

bon********さん

2020/3/2501:01:38

労災についてお聞きします
労災で人差し指第三関節
中指第二関節
親指の肉をV切りで切断しました。
つい最近症状固定をしました
今は仕事復帰しています。
ですが、休職中にP

TSDの症状が出ていると
担当医師から言われ労災指定外にしか
精神科が無かった為、会社に精神科を受信する
事を伝えた所、労災では無理と言われ
今自腹でかかっています。
仕事復帰してからフラッシュバックや不眠症状に
悩まされています。不眠は仕事ストレスなどで
症状はありましたが、復帰してからさらに酷く
なり朝まで起きていることもあります。
突然泣きたくなったり情緒不安定な時もあります。
手の後遺障害認定の書類を労基署に出します。
PTSDの後遺障害認定は認めてもらえるのでしょうか?
その場合どうしたらいいのでしょうか?

閲覧数:
25
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/3/2509:46:45

先の回答者の回答が正解ですが、重ねて言うなら、
高障害認定の「神経症状(PTSDを含む)」は、あなたの大元の労災(指の切断)による神経症状だけが対象です。

よって指の切断で神経がズキズキ痛む、と言う場合なら神経症状での認定はありますが、指の切断があれば必ずPTSDを発症する、というエビデンスはあり得ませんので、あなたの質問の内容では後遺障害に該当しません。

あなたの大元の労災が「うつ病」などであった場合、その後遺障害としてはPTSDは認められることはあります。同じ精神疾患なので後遺障害としてあり得るから、です。

その場合の認定基準は、先の回答者さんの言う内容通りです。
よってどちらにしても、「大元の労災が指の切断では、後遺障害としてのPTSDの認定は無い」ということになります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

hiroriboxさん

2020/3/2501:17:34

端的に言うと無理です。労災になりません。

確かにPTSDでの精神疾患で労災認定はあり得ます。

しかしその基準は、PTSDの外傷体験A基準ICD-10の「破局的・脅威的」、DSM-Ⅳの「危うく死ぬ」、「重傷を負うかもしれない体験」 に該当とうするかどうか、すなわち平たく言えば、

「生死にかかわる、極度の苦痛を伴う、又は永久労働不能となる後遺障害を残す業務上の病気やケガをした経験からPTSDになった」

場合となります。

よって指の切断などは大変な出来事ですが、それによって集中治療室で何日も生死をさ迷うとか、血の海に浸るような思いをしているわけではないので、労災認定の基準に該当しません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる