結婚したいと思っていた彼氏と別れました。 後から知ったのですが、浮気でした。 本命の彼女と結婚の約束を、私と出会う前からしていました。 マリッジブルー?みたいなものなんでしょうか

補足

「都合のいい女」なのはわかりきってることです。

ベストアンサー

0

確かにそうですね、浮気性の人にマリッジブルーだなんて似合わない言葉ですね。 「付き合ってた時あんなによくしてくれたのに」と思って現実に落ち込みましたが、浮気性の人なら納得ですね。 結婚された方もその生活が長く続くかわかりませんが、彼を選んだのは間違いだったと後悔する日が来るかと思うと同情しきれないです。 やはり虚無感ですね。回答者さんのおかげで改めて現実を理解して虚無感もなくなりそうです。回答ありがとうございます。

その他の回答(5件)

0

例えば、貴女が結婚後の生活を想い描いていたのならば、そうなれなかった未来への自分への嫉妬でら無いのでしょうか。 今は辛いと思います。 だから、泣きたいだけ泣けば良いと思いますよ。 10年後、この話を思い出して、最低でも懐かしむ事は出来ても泣く事は出来ませんから。 泣けるのは今の貴女だけの特権です。

0

まず、飲み屋さんで貴女と彼氏が出会って、お酒を飲みながらどんな会話をしていたのでしょうか!?彼氏もお酒を飲んだ勢いで、何を言い、何をしたのでしょうか!?浮気をしたとありますが、貴女と彼氏はどんなことをしたのですか!?そんなの、真面目で真剣な交際って言うんですか!?繰り返し言いますが、貴女は何を目的で彼と関わろうとしたのですか!?マリッジブルーとありますが、そんな他に交際相手がいて、貴女をおもちゃにするような相手のどこに、何を期待したのですか!?そして、貴女はそんな男のどこに惚れたのですか!?見かけのカッコよさですか!?年収!?高身長!?財産!?他・・・ハッキリ言って、“結婚”というのは"愛”と“責任”が絶対に伴うものです。そんな、薄っぺらな一時的なお酒を飲んだ勢いとか、相手の表面的なカッコよさでできるものでは絶対にない!!!お互いを十分に理解して、お互いを”愛”し合い、信じ合い、認め合い、助け合って初めて結婚はなされるものです。それと、女性を二股賭け、自分の気に入った方と結婚し、あとは関係ないと決め込むような’無責任’な男に、貴女を守る“責任”など全くないといっても過言ではないでしょう!!もっと、真面目に結婚を考えていただきたい!!そんな、お酒を飲んだ勢いでというのもかなりいい加減だし、表面的なカッコよさとか、高年収、高身長等が貴女を幸せにするわけではないんですよ!!貴女を心から愛し、とことん愛し、守りたいと思ってくれる男性、貴女を幸せにしたいと強く思ってくれる男性と結婚できて、はじめて貴女は幸せになれるのです。 大昔、約30年前に「101回目のプロポーズ」というテレビ番組がありました。武田鉄矢扮する、ウダツのあがらない建設管理会社の係長の星野達郎が、99回お見合いして失敗し、100回目に浅野温子扮するチェリストの矢吹薫とお見合いをするのですが、薫は達郎を最初は疎ましく思い、断るのですが、達郎が必死に食い下がり、ひたむきに彼女に対する“愛”を伝えていく、そして徐々に薫は心を開いていく・・・。そして第6話のラストシーンで達郎は、薫の前で急に道路に飛び出し、ダンプカーが急停止するのですが、その時達郎は『僕は死にません!!僕は死にません!!貴女のことが好きだから!!!!僕は死にません!!僕が幸せにしますから!!・・』と絶叫するのです。これが本物の"愛”です。まさに命がけです。フジテレビオンデマンド(FOD)で見られますから、是非視聴してみて下さい。 私は高校教員で、妻が看護師です。私たちは結婚情報サービスのツヴァイを通じて知り合い、結婚しました。当時、私が北海道稚内市で中学校教員を、ウチの家内は、大阪で看護師をしていました。俗に言う“遠距離恋愛”というものです。私の場合、僻地で遠隔地居住ということで、お見合いを申し込んでも拒否される状況が続き、ツヴァイの担当者に文句を言ったこともありました。しかし、全国の求婚者の自己紹介とメッセージを載せる会報(コンタクトレポート)があり、それに、私が自己紹介とメッセージを載せたら、ウチの家内の目に止まり、それからお互いが連絡を取り合い、交際が始まりました。当時は携帯やパソコン、タブレットもなく、スカイプで相手の姿を見れるわけでもなく、固定電話での相手の姿が見えないかたちでの、交際の始まりでした。まずはお互いの写真を郵送し合い、ウチの家内の写真を見たら「なんて笑顔がステキな女性なんだ!!」とすぐに思ったし、電話の先から聞こえてくるウチの家内の声を聴いて「なんてステキなさわやかな、美しい声なんだ!!」と感動しました。それでウチの家内は、当時はあった関空・稚内線の直行便を使って、稚内へ来てくれました。私は送迎デッキから、飛行機のタラップを降りてくるひとりの帽子をかぶった当時27歳の若い女性が見えて、ロビーで彼女に会った瞬間『あっ!!結婚したい!!』そして『守りたい!!』と強く思ったし 、その後、1週間ほど、彼女は稚内に滞在したのですが、中学校の勤務修了後に、毎日車でデートしましたが、改めてステキな女性だと確信しました。その後彼女は帰阪し、その後は電話、電話で・・・どれだけ電話代がかさんだことか。・・その後、お互いがお互いの親に挨拶をすませ、知り合って9ヶ月で結婚することができました。あれから、今年で23年の月日が流れましたが、今でも私はウチの家内を愛しています。「~さんのところはラブラブなんですね!?」と言われるのがうれしいです。 今の貴女には、笑顔が想像できません。例え貴女が目鼻立ちクッキリの美人だとしても、さわやかな笑顔がない、明るさがない女性に、男として魅力は感じられませんよ!!男性側からすれば、「守りたい!!」と思えるような、笑顔がさわやかで前向き、癒やされる女性が良いと思うはずです。まあ、だからといって、今回の男性のようなことをしてもいいということにはなりませんが・・・。貴女が真剣に婚活を考えられるのなら、結婚相談所に入会してみるのもひとつの選択肢です。確かにお金はかかりますが、私たちのように、”遠距離恋愛”という「”愛”を温められる形の“恋愛”」もあるし、現代ではスカイプで相手の姿も見れるし、以外とそんなところに、貴女にふさわしい恋愛があるのかもしれません!!いずれにしても、貴女も自分変革に取り組んで下さい!!明るく前向きにさわやかな笑顔で、挨拶や返事もしっかりして・・・長文で失礼しました。頑張って下さい!!

補足 もっと真面目に生きてください。結婚そして、貴女の人生を甘く見てはいけない。酒を飲みながら男女交際の話しをするとは、そんなので幸せをつかむことはできませんよ!!私の言っていることをわかってください。

1

都合よく使われましたね。 男を見抜く力を養いましょう。

1人がナイス!しています

1

早い段階で決着がついて良かったね あなたはまだまだやり直せるから大丈夫

1人がナイス!しています