ここから本文です

斎藤道三は織田信秀と同盟を結びましたが、

アバター

ID非公開さん

2020/3/3022:02:13

斎藤道三は織田信秀と同盟を結びましたが、

なぜ、今川義元と同盟を結ばなかったのでしょうか?
今川と美濃で尾張を挟み撃ちにすれば
Win-Win だったのに。
あえて茨の道を選んだのが腑に落ちません。
よろしくお願いします。

閲覧数:
471
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

glo********さん

2020/3/3022:37:55

まず尾張を挟み撃ちにするというのが簡単ではありません。
現在のゲームだったら「それじゃあ一緒に尾張を攻めよう」と言えば同時に攻撃出来ますが、当時はそういうわけにもいかないのです。
仮に今川義元と同盟を組んだとして、手紙を届けるのも時間がかかり、かつ確実に届く保証などないのです。
また侵攻しようと思ったら疫病や飢饉などの外的要因で軍事行動にストップがかかる事もさして珍しくありません。
だから戦国時代では多くの場合、相手の国人領主を調略して自陣営に引き込むのが勢力拡大の基本であり、大半の合戦は致命傷を受ける前に形勢不利な側が引き上げますし、勝った側も徹底的な追撃を行って敵を殲滅する事は少ないです。

もしも大打撃を受けたら例え勝っても今度は別の勢力に自軍の領主を切り崩されて最終的には負けてしまうからです。
徹底的に追撃して敵を殲滅するような戦いは、戦国大名の領主権力が確立し動員力が向上する戦国末期まで、ごく希な場合だけなのです。

そんなわけで道三は織田家と手を組んで美濃の産物を海路で京に売って利益をあげることを望んでいたと思われます(これは「麒麟がくる」でも描写されていましたね)。
なお息子の斎藤義龍が道三と決裂したのは、織田家と手を組むのではなく、北の朝倉家と手を組む事を望んだ領主達が担ぎ出したという説もあります。

アバター

質問した人からのコメント

2020/3/31 01:17:18

とてもよくわかりました
ありがとうございました

「斎藤道三」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる