ID非公開

2020/4/11 22:20

22回答

京都御所について。

補足

今の御所の場所は光厳天皇からなので光厳天皇からだとずっと思ってたのですが…

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

私見を投稿します。 「京の都の時代は」というと「平安時代・桓武天皇から」でよいが、 「京都御所は」というと「北朝・光厳天皇から」となる。 「南朝がおかれたのは」 吉野山 となる。しかし、 終わりは、明治天皇は、京都御所から東京皇居へ移っているが、遷都の太政官令は出されておらず、「日本の首都は」と言えば「東京」であって、皇居ではないから、現在も、京都御所と答えるのが正しいとなる。 確かに、京都の内裏の位置は、桓武天皇の頃と今の京都御所とは違うが、 教科書で扱うのは、この違いや名称は無視している。 試験では、京の都は、桓武天皇・平安時代から明治天皇・明治時代まで機能した。 南朝は吉野山に御所をおいた。明治時代以後の国都は東京である。 とすべきではないだろうか。

ID非公開

質問者

2020/4/11 23:29

では、光厳天皇からは間違えてるのでしょうか。 試験とかではなく、日本の歴史を調べるで私は京都御所をくじ引きで引いたのでそれを提出しなければならないのですが、光厳天皇だと前からずっと思っていたので、書いたら先生がバツしてやり直しさせられるかなと… この私の「今の京都御所の場所になったのは、1331年後醍醐天皇の次である光厳天皇からではないの?」という質問は、先生にはしない方が良いでしょうか