ここから本文です

水草水槽を立ち上げる時、水流を気をつけなくちゃいけないと聞いたのですが、実際...

アバター

ID非公開さん

2020/4/2116:12:14

水草水槽を立ち上げる時、水流を気をつけなくちゃいけないと聞いたのですが、実際にはどんなことに気をつけなくちゃいけないんですかね?

閲覧数:
34
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mizukusa907さん

2020/4/2120:44:33

水草も生き物で呼吸で酸素を消費するし光合成でCO2を消費するんや、魚とかの生体なら動いてより良いところに移動できるけど植物はそういうわけにはいかん。
で、止水環境は水草にとっては命取りというと大げさかもしれんけど成長鈍ったり状態悪くなることがあるんや(弱ってコケやすくなったりとかも)
ゴウゴウ洗濯機にする必要はないけど茂った葉の間も水が動いてるような環境用意すればええだけのこと。
必要ならエアレーションや水草によってはCO2も強制添加したりして十分な酸素やCO2含んだ水がいきわたるようにするってこと。

余談やけど水草に限らず植物は24時間呼吸して酸素消費しとる、光が有るときは光合成で酸素を作るんやけど消費するより作成する酸素のほうが多いだけで呼吸も同時にしとる。

根の栄養も同じように大事で底床内も止水環境作らん程度の水流が要る。
傾斜つけてぶ厚い部分が底床に出来たりするなら底面フィルターで吹き上げ式にするのもええかと。
http://www.eheim.jp/accessories_top/filter_strength/
このページの下から2番目の底面オーバーフローフィルターのさらに詳しくをクリックすると出てくる図のように接続、ろ過を期待するよりも底床内にゆるい水流を発生させ嫌気環境(止水域)を作らんようにする水草のための使用法と言える底面の使い方。
最初の設備投資にコストかかるけどかける価値あると感じとる、ワイとこの水草水槽はすべてこの方式でおススメできるやり方。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kdm********さん

2020/4/2116:58:56

自分はとくに気にしてませんが。。
①酸欠や二酸化炭素中毒?にならないために水面をたなびかせる。
(co2添加したことないんでわかりませんが、二酸化炭素逃したくないなら、しないかも。)

②水草も水流にのってやってきた二酸化炭素を吸収して光合成するため、全体に水が回るように設置する。
(止水域を作らない!)

③油膜対策で、水面をたなびかせる。
(油膜対策にはもってこい!)

④流れが強すぎるところは黒ゴケが生える。

⑤まぁ水草に真横から強すぎる水流当てたらそらぁまっすぐ生えんわな。

ぐらい❣️

番外編:飼う生き物に合った水流の強さに調整する。
(ベタとかヒレが長いのとか、エンゼルとかバルーン個体とか体高が高いのは大体、水流苦手(๑˃ ᴗ˂ )!)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる