忍辱のこころとはどうやって養えばいいのですか?

宗教18閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

1

トイレ掃除を毎日、何年も続けることです。 顔洗わない日がもしあれば安心できますか? 不安になりますよね。 それと同じなんです。 躾と同じです。 小さい時から正座をさせて育てた子は、正座をしなかったら落ち着かなくなる。 いつも気ままで日暮らししているとダレーっとしてくる。 規則正しい生活こそ、忍耐を養うことができます。

1人がナイス!しています

1

瞑想や呪術など、いろんな知識やテクニックですれば、それは一時的でしかなく、時には間に合わないこともあります。外部の物を取り入れるのでなく、今の自分の心にある何が忍耐できなくさせるのかを観察して、その妨害している物を捨てれば忍耐が可能になります。それを繰り返せばいつか習性になり、忍耐する必要もなく、怒らないのが普通になります。 それは「私」「私の」という感覚です。何かがあった時「私のプライド」が許さないから、「私の利益」が侵害されるから、「私の立場」がないから、何でも「私」と「私」のものがあるから、忍辱しなければならない状況が生じます。 忍辱できない人、怒り易い人は「私」「私の○○」という思いが強いからです。 そのような状況に遭遇したら、「この私という感覚が苦を生じさせる根源。私というのは、自然界の小さな生き物の誤解によって生じる感覚で、本物ではない」と思い出せば、堪えなければならないほどの怒りも屈辱も霧散します。

1人がナイス!しています