ここから本文です

ネタバレ注意です

アバター

ID非公開さん

2020/5/1215:07:17

ネタバレ注意です

映画ミッドサマーで理解できなかった点が二つあります。



一つ目 主人公の彼氏とその友達は何故論文にあそこまで命をかけてるんでしょうか?友達の方は勉強熱心な感じもありましたけど、彼氏の方は勉強熱心のような感じもしなかったですし、流石にあんな儀式見せられたら普通は帰りたくなる気がしました

二つ目 途中で過去のメイクイーンの写真を見るシーンがあったと思うんですけど、主人公達が村に行ったときってそのメイクイーンは居ましたか?(記憶が曖昧なのでいたのかもしれません)
あのラストを主人公がメイクイーンとなってあの村に取り込まれたと考えるなら、今までのメイクイーンが一緒にいないとおかしくないですか?

結構前に見たので記憶が曖昧で合ってない所があるかもしれませんが、皆様の解釈を頂けるとうれしいです。

補足回答ありがとうございます。一つ目の疑問は、自分たちに危害を与えられるとは思わなかった、自分たちまで巻き込まれると思わなかった、というような彼らの思い込みからくるものなのか、と彼らに共感はしないものの、納得できました!

二つ目は、映画を見ているときに、何故歴代のメイクイーンが写真でしか登場しないのだろう?と写真上でしか登場しなかった過去のメイクイーンはどこへ行ったのだろう?と疑問に感じていたので、映画終了後、勝手に(この後主人公も殺されちゃうのかな〜)と考えていたのですが、Twitterなどの評判で受け入れてもらったとか救済という考えが多いのを見てびっくりしました。
主人公はメイクイーンになったとはいえ、それは彼氏と引き離すための村の人のヤラセだと思っていたので、結局よそ者はよそ者なのかな…とか考えたのですが、私の考えすぎというか、妄想でしょうか?

ミッドサマーは一度見たきりだし、ずっとふわふわした気持ちで記憶が曖昧なのでDVDで何度も見たい映画です。

閲覧数:
44
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2020/5/1219:40:16

1.黒人の彼は、前半でも描かれますが、真面目に学問をやってる人です。ロングバージョンだと車の中でも民俗学の資料を読んでる様子が写ります。彼にとって、それがどれぐらいの比重を持っているかは不明ですが、少なくとも資料を持ち込んで、ちゃんと調査しようとしているのが分かります。

対して、彼氏は単に「影響されやすい人」です。短いバージョンではその辺が分かりづらいんですが、ロングバージョンでは「今決めた」ってセリフを連発するんですよ。短いバージョンは論文を書く話を黒人の彼と話す際に言ってたと思いますが、それ以外のシーンでも何度も言うんです。凄く軽薄で、何も考えてないことが分かる秀逸なセリフだと思いました。

主人公の彼氏も、その友人たちも、自分が「文化人」で、ホルガ村の人々を「野蛮人」だと思い込んでます。結果、文字通り「痛い目」に合うわけですが、そこには「文化人である私たちが、野蛮人に負けるはずがない」という驕りや、「いくらなんでも外から来た人間をどうこうするわけがない」という思い込みがあると思います。

2.過去のメイクイーンの写真は、どれも顔が分かるほど大写しにならないです。唯一、大写しになるのはスマホで見せるシーンですが、短いので判別がつくほど印象には残りません。

>あのラストを主人公がメイクイーンとなってあの村に取り込まれたと考えるなら、今までのメイクイーンが一緒にいないとおかしくないですか?

どうして、こういう考え方になるのかが良く分かりません。もう少し説明してもらえるとありがたいです。

別にメイクイーンは必ず外の人間とは限らないですよ。外の人間が欲しいのは、映画の中でも説明していましたが「近親交配を避けるため」です。なぜなら、ホルガ村では「近親交配」によって生まれた「特別な子」が「神の宣託」を施すからです。逆に言えば、あの村では「近親交配」が聖なるものに近づく儀式化しているのです。

  • han********さん

    2020/5/1304:40:32

    なるほど。

    どちらかというと、依存症気味である彼女が求めていた「逃げ場」を村が提供してくれたので、「彼」という「逃げ場」が信用ならなくなった結果、それに飛びついたって感じでしょうか。

    だから、最後に自分が犯した罪の重さに絶叫するわけですが、それすらも多くの村人が自分に「共感」して泣き叫んでくれるのを見て、「自己肯定」されたと笑みを浮かべる。それまで傷つき、悩み、苦しんでいた彼女の全て(間接的な殺人の罪さえも)受け入れてくれる人々がいる、ということに、彼女は微笑む。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

panda*******さん

編集あり2020/5/1217:45:43

一つ目
彼らは民俗学を専攻としていたので、ホルガ村の奇妙な風習は格好の題材だったんですね。黒人が主人公に怒ったのは、刺激的な題材を独占したかったから。けっして自己中なわけではなく、主人公が後出しジャンケンで「僕も書く」と言い出したのですから怒るのも無理もないです。

黒人が秘密の部屋に忍び込んだのは、友達も同じ題材を扱うことになり、差をつけたかったんでしょうね。しかし、まさか殺されるとは思わなかった。彼ら全員、この旅行で命を落とすとは考えてもいなかったのです。

二つ目
「今までのメイクイーンが一緒にいないとおかしくないですか?」
僕はそう思いませんでした。そうであるべき理由も必然もないです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる