高校古典の質問です。 なむ、はここでは強意の意味だと思うんですけど、完了の「り」がサ変未然形、四段已然形接続で、なむのような強意の係助詞があったら連体形で結ぶというルールと接続のルー

高校古典の質問です。 なむ、はここでは強意の意味だと思うんですけど、完了の「り」がサ変未然形、四段已然形接続で、なむのような強意の係助詞があったら連体形で結ぶというルールと接続のルー ルは接続の方を優先すればいいのですか? わかる方教えてください!

画像

文学、古典 | 日本語12閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

完了の「り」は、サ変には未然形、四段には命令形接続です。 四段動詞の已然形ではないのでご注意ください。 さて、 なむ( )りける の問題に戻って、 ①完了の「り」がサ変未然形、四段命令形接続 ②なむのような強意の係助詞があったら連体形で結ぶ 2つのルールのうち、②は、最後の「ける」にて実現されています。そのため、()内の活用を考えるときは、①のルールを適用することだけを考えればいいです。 選択肢は四段動詞「いふ」の活用形になっていますから、この中から命令形を選べばよいです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ほんとですね、気が付かなかったです、 ご丁寧にありがとうございます!

お礼日時:5/19 21:07

その他の回答(1件)