ここから本文です

平成29年度司法書士試験・午後第36問・問2について http://www.moj.go.jp/co...

ver********さん

2020/5/2123:55:11

平成29年度司法書士試験・午後第36問・問2について
http://www.moj.go.jp/content/001230931.pdf

模範解答を見ると、問2で行われる三つの申請に際して、ス(甲建物について平成29年6月29日以前に通知された所有権に関する登記識別情報)が必要とされますが、なぜなんででしょうか。

まず、甲建物は代位によって甲野一郎らに所有権移転登記がされていることから、甲区2番の登記識別情報は共有者に通知されていません。
しかし、問1で所有権更正登記をしていることから、甲区2番付記2号の登記識別情報は甲野一郎に通知されます。
そこで、抵当権変更登記に際し、スとして、甲野一郎の甲区2番付記2号の登記識別情報(共有持分6分の5についてのもの)を添付する必要があるのは分かります。

しかし、問2は問1と同日に申請を行うことから、申請時において、甲区2番付記2号の登記識別情報はまだ得られていないはずです。
そのため、問2の申請時にこの登記識別情報を添付することはできないと思うのですが、これはどう考えればいいのでしょうか。

閲覧数:
5
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pow********さん

2020/5/2301:19:07

確かに現実に考えると同じ日に申請書をまとめて提出しているはずですので、現実には添付するのは無理だと思われます。だだ、同時申請ではないので、流れとしては所有権に関する登記→識別情報もらう→抵当権の登記の流れなので、試験的には添付します。
質問者様の言いたい事はよく分かるのですが、あくまで試験として割り切って考えます。

と昔習った気がします。

質問した人からのコメント

2020/5/23 01:21:40

択一でもそうですけど、司法書士試験って、司法試験に比べると、随分不親切なんですよね。。。

Yahoo!知恵袋 特別企画

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる