ここから本文です

電子書籍で読むのと、紙で読むのではなにか変わることはありますか??

koritori わかめさん

2020/5/2421:47:28

電子書籍で読むのと、紙で読むのではなにか変わることはありますか??

本の内容の脳への吸収率とか、目へのダメージとか、色々ありますか??

閲覧数:
39
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kmb********さん

編集あり2020/5/2502:01:47

電子書籍で読むのと紙の本で読むのとでは、重大な違いがいくつかあります。

【1】出版されている本が、電子書籍は紙の本よりもずっと少ないこと。電子書籍化されていない本がたくさんあるということです。

【2】目へのダメージについては、電子書籍を大きく次の2種類に分けて考える必要があります。

①電子インク、電子ペーパーを使用した読書専用の電子書籍リーダー(具体的にはアマゾンのKindle Paperwhiteや楽天のKoboなど)で電子書籍を読む場合。
→目の疲れ具合は紙の本とほとんど変わりません。スマホやパソコン、iPadなどの液晶ディスプレイとは違って、Kindle Paperwhiteなどは直接目を照らさないフロントライト方式です。このフロントライトも使わずに、紙の本と同じように外光(室内の明かり)だけで読むこともできます。紙の本と同様に目にやさしいと感じます。ちなみに、私はKindle Paperwhite を使用しています。

②スマホ、パソコン、iPadなどのタブレットに電子書籍アプリをインストールして電子書籍を読む場合。
→液晶ディスプレイを長時間に渡って見つづけるわけですから、それなりに目や首筋が疲れます。電子書籍アプリで読書を長い年月に渡って続けていくと目にダメージを与える可能性が高く、危険だと考えます。それに、寝る前にスマホなどの画面をしばらく見ると眠れなくなりませんか。
そういうわけで、私は電子書籍アプリで読書をするつもりはありません。

【3】本格的な読書、分析的な緻密な読書──つまり精読(熟読)──をしたいとき、電子書籍は極めて不便な、困った道具となります。なぜ精読に適していないのか。理由をいくつか挙げてみます。

①電子書籍はページを前後に行ったり来たりしながら読むのが非常に面倒です。前のページに戻って確認すべき事柄だと感じたときでも、面倒すぎて前に戻ることを諦めてしまう。つまり、うろ覚えのまま読み続けることになります。これでは、高度な内容の本の精読ができません。読み終えたとしても、内容の理解・定着が不十分。この点はリンク先で詳しく説明しました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q122234548...

②同様の理由で、現代語訳つきの古典のような本を、原文と注釈と現代語訳とを相互に参照しながら読むのにも適していません。付箋・しおり機能を使えば、読めないことはないのですが、それでも紙の本に比べれば非常に面倒臭く不便です。

③本の中に画像(地図・写真・グラフ・解説用イラストなど)がある場合、これらが小さすぎて見にくいことが多い(最近はいくらか改善されてきたようにも思いますが)。また、画像をたえず参照しながら本文を読むのが面倒臭い(電子書籍は前後に行ったり来たりするのが苦手なので)。このことも精読の妨げとなります。

精読をする際には、メモ用紙にメモを取ったり、本文に傍線などの書き込みをしたりすることがあると思います(少なくとも私の読書にとって、これらは不可欠のものです)。重要なところを見直して考察するためですね。この点、電子書籍ではどうなのか。④以下を参照してください。

④本文中に傍線を引くのに相当する「ハイライト機能」があります。しかも、ハイライトした文が「マイクリップ」というところに一覧表示され、引用文集のようなものができるのは素晴らしい! ……と最初は思いましたが、実際には制限が多すぎてほとんど使い物になりません。この点についてはリンク先を参照。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141927672...

⑤Page Flip機能(パラパラとページをめくるような機能)がありますが、紙の本をパラパラするのには劣ります。しかも、この機能ではハイライトしたところが表示されません。重要だと思ってハイライトしたのに、それがパラパラしたときに見えないのです。いったい何のためにハイライトしたのか。泣きたくなりましたよ。

⑥電子書籍にページ表記が存在しないことも、精読にとってデメリット。まあ「位置No.」というものはあるのですが、ページ表記に比べると、メモや引用の際には不便です。位置No.についてはリンク先を参照してください。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q122121795...

そういうわけで、軽く読み流すような読書の場合は電子書籍でかまわないのですが、精読をする場合は紙の本のほうがずっと適していると断言します。ちなみに、私は電子書籍を約1000冊、紙の本を(約4000冊を売却しましたが)まだ約3000冊所有しています。そして、リンク先のようにして、紙の本と電子書籍を使い分けています。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141902697...

もちろん、電子書籍にはメリットもたくさんあります。次のリンク先では、電子書籍のメリットとデメリットをバランスよく挙げてみました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q132245328...

質問した人からのコメント

2020/5/26 18:53:47

大変参考になりました☆

軽く読み流すなら電子書籍→自分の見解と合ってて嬉しかった。

皆さま、ありがとうございます☆

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sio********さん

2020/5/2509:41:12

最初の頃は電子だと頭入らない感じがしましたが、今は逆に電子書籍の方が頭に入るので慣れかな。
アプリだと目は疲れます

dut********さん

2020/5/2423:35:21

私の場合は内容の理解度はたいして変わらないように思います。
目の負担はどうしてもありますね。e-inkでさえ紙の方が優しいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる