ここから本文です

大学院は教職大学院か国立大学の理学部数学科どちらがいいですか?また、教職大学...

アバター

ID非公開さん

2020/6/122:35:42

大学院は教職大学院か国立大学の理学部数学科どちらがいいですか?また、教職大学院の場合どこが1番いいですか?

私は地方国立大の教育学部1年です。
もともと中学の数学教師になりたいと思っていたのですが、途中で考えが変わり、高校教師を目指し始めました。

もともと大学院には進学しようと思っていたのですが、高校教師になるには理学部数学科とよく聞くので、教職大学院と理学部の大学院どちらに進むべきか迷っています。
また、教職大学院の場合どこの大学院がいいかも教えていただきたいです。

目標が定まっていた方が勉強に集中できるかなと思い、相談させていただきました。
ご回答いただけると嬉しいです。

閲覧数:
42
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

che********さん

2020/6/222:26:39

地方国立教育学部卒です。
高校教員志望で教職大学院に進学する人は聞いたことないなぁ。
4年次に教採受けて、受かったらラッキーってことで、理学研究科とかでじっくりと勉強するといいと思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2020/6/222:37:49

    4年での教採は受かったらラッキーぐらいで受けようと考えています。また、大学院に進んでからも毎年教採を受けたいと考えています。

    大学院に進学したとして、理学部の大学院だと研究で忙しく、1年次に教採が受けられないのではと心配です。

    もし、理学部系の大学院に進んでいらっしゃるなら大学院の雰囲気を教えていただきたいです。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

フグさん

2020/6/309:11:03

2020/6/220:44:50

こんばんわ。教職大学院卒業生の のんびりネコです。工学研究科と教職大学院の2つの大学院に行っていますので、両方の長短をご説明させてもらいますね。

- - - - - - - -
★理学部などの専門学科系の大学院修士課程の特徴★
・専門知識にさらに大きな興味を抱いてしまい、どちらかといわずとも、専門教科の探求・勉強がもっとしたい人向け
・級友は基本的にストレートマスター(学部上がりの人)
・研究室が違うと研究内容も違い、専門知識が前面に出るため、横のつながりが希薄。

- - - - - - - - -
専門学部では、主に専門分野を突き詰めるような学問をします。専門教科に対する知の探求に目覚めてしまった人は、もう2年勉強したいという気持ちで行く感じです。なので、教科の勉強に対する勉強に目覚めてしまい、一しきり満足してから教員の道を志したいならこちらでどうぞー。

- - - - - - - -
★教職大学院のメリット★
・現場に出る前にもっと「教育的なスキルや技法」を学んで、「即戦力」になりたい人向け
・級友は、現職教員(研修と言う名目の派遣教員)のほうが多い。
・研究は、「教育」を基本に考えられているため、アプローチ法や指導方法について、院生や派遣教員同士、スキルを教えあい、高めあうことが出来る。特に現場の派遣教員が勤務から解かれて身近にいることのメリットはかなり大きい。
・派遣教員から、それぞれの学校の特徴などを教えてもらうことができ、赴任するするだけではまずできない、学校間、校種間(小・中・高・特別支援)の横のつながりが大きくできる。今じゃ教頭や県教委クラスとしてご活躍されています。
・都道府県によっては、県の教育委員会とつながっているケースも多く、指導教員が、知識伝授型の、いわゆる「大学教授」だけではなく、「現職や、元県教委、校長クラスの人物」が担うことが多い。それぞれの指導教員ごとに、各方面に大変太いパイプをもっているため、講義やゼミで関わっているだけで、大変大きなコネが生まれる。(これホント大きいよ!)
ちなみに私の場合は「元校長クラス」が10名程度、「県教委&文科省クラス」が1名、「元県教委クラス」が3名ほど、極めつけは元教育次長(実質の県教委No.1)が1名。このお方の大きな大きな影に隠れてコソコソ研究してました(爆)

★両方の進路に対するデメリット★
大学院は基本的に「研究」をする場所です。どんな課題や問題が教育の世界であるのか。もしくは、自分自身の能力にどういった課題を抱えているのか。それが明確にない人は、惰性で進学したとしても、2年間という時間は苦痛となります。なので、他の回答者様もお話しているように、今もし大学院で研究・解決したい課題や問題がないのならば、現場に出て、なんらかの課題に直面してからでも進学は遅くありません。

私の場合は、教育学部ではなく、他大学の工学部出身でした。学習内容に関する知識はもう十分すぎるほど、みっちり4年間勉強しました。しかし、その反面、教職に関する単位は最低限しか取る機会がありませんでした。専門知識はありますけど、それを伝える指導力に不安を覚えてました。(つまりこれが私の課題であり、研究内容です)

そのため、一度工学研究科(大学院)にはいったものの、自分のやりたいことでなかったため、中退し、改めて教育学研究科の門を叩き、この教育に対する私の課題を解決するために、2年間の研究・実践に励みました。
私個人の感想になってしまいますが、先に教職大学院で学んでおいてよかったです。
「現場で働きながら体に叩き込め」といった現場実践至上主義がよく叫ばれてますが、それってある意味「生徒の学びを十分行えない指導力のない状態でもいいから、現場に出ろ」っていうことですよね。研修もなしに、いきなり現場に出て一人前として相手に扱われる仕事は、教員くらいしかありませんよ。生徒からしたら、非常勤講師だろうと初任者だろうとなんだろうと「先生」なんですから。

そのへんは自己満足の範疇になると思いますけど、「せめて自分で出来る限りがんばったあとで、教壇に立ちたい。」そんな思いで私は大学院に進学しましたね。そこでメキメキと力をつけ、同時に、多くの仲間と多くの"横"や"縦"のコネを得て、現場に直接出るだけでは絶対に得ることの出来ない幅広い人脈を手に入れました。これが「最大のメリット」だと思います。

「気持ちは永遠の初任者っ!」とか言いつつ、いつの間にか私も県の代表として研究事業を請け負ってる身ですので、中堅教員になったのかなと自覚させられつつ、日夜頑張っています。こういう研究ができるのも、間違いなく、大学院での勉強や実践が活きているからです。

質問者さんの場合も、私と似てるのかなと思ったりします。正直なところ、専門の勉強は大学4年間でもう十二分です。大学で学んだ知識の95%は正直今使っていません。

ただ、高校で学習した内容は、大学ではどういうところにつながっていくか。その系統性だけは意識していてください。そうすれば、高校での勉強の意義がより鮮明になり、生徒にも見通しを持った、スジの通る話ができるかと思います。

その上で、「生徒に伝える」という技術を補うために、教職大学院進学というものは1つの選択肢ではないでしょうか。

ただ、まだ大学1年生ということもありますので、この先お考えが変わるやもしれません。また、教育に対する、専門に対する課題というものが勉学に励んでいくうちに見えてくるやもしれません。その課題がなにかによって、この先の進路が決まると思います。

以上を踏まえた上で、私が教職大学院を選んだ際の基準をお伝えします。

①定員割れしていない。
定員割れしているところでは、いわば誰でも入れるという状態になります。
人気を指し示すものというわけではありませんが、あまりよい状態ではないかと思います。私の地元の大学院はネームバリュー(看板)で言えば全国で名前が知られているくらいの教育大学ですが、定員割れをしていました。そのため、就職ではある程度の有利にはなるやもしれませんが、そのようなために大学院にいくわけではなかった私は、看板ではなく、実利(大学院でのカリキュラム)を選び、定員割れをしていない地方の大学院にいきました。

②カリキュラムの充実
正直これです。どのような講義を行っているのかは各大学院のシラバスを調べることで理解することができます。私の場合は者を実際に説明会に赴き、担当者から直接魅力を伝えてもらいました。おそらくこれが一番伝わるかと思います。
(まぁたまたまその担当者が元県教育委員会No.1である教育次長とは思ってなかったけどにゃ!w)
ということで、シラバスなどなども参考にしながら候補を2,3つ絞ってから実際に行って説明を聞き、最も良いと感じたところで良いと思います。

私の他の回答も基本教職大学院がらみのものなので、参考にしてくださいにゃ~

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる