ここから本文です

新型コロナウイルスに関係する可能性のあるQ&Aです

主要ニュース、発生状況、受診の目安など最新情報をまとめています。新型コロナウイルス感染症について詳しい情報をお知りになりたい場合、ご確認ください。

新型コロナウイルス感染症 最新情報まとめ

以下の東京新聞の記事を読んで、下の質問にお答え下さい。

眠る毒ヘビさん

2020/6/209:57:35

以下の東京新聞の記事を読んで、下の質問にお答え下さい。

https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/1439 (東京新聞 伊方3号機に運転禁止命令 新型コロナで電力各社が対策強化)

『四国電力伊方原発3号機(愛媛県)が1月17日、広島高裁の仮処分決定で運転禁止命令を受けた。定期検査で停止していたが、司法判断が覆らない限り、運転を再開できない。高裁決定は「四国電の地震や火山リスクの評価や調査が不十分」とし、安全性に問題がないとした原子力規制委員会の判断に誤りがあるとした。四国電は高裁に異議を申し立てた。
九州電力川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県)が3月16日、テロ対策施設の完成が定められた期限に間に合わず、運転を停止した。運転の再開は12月を予定している。川内2号機も同じ理由で、5月20日に運転を停止し、再稼働は来年1月となる見込み。
テロ対策施設の完成遅れでは、関西電力高浜原発(福井県)の3号機が8月2日~12月22日の5カ月弱、4号機は10月7日~来年2月10日の4カ月強、停止する。
東北電力女川原発2号機(宮城県)が2月26日、規制委の審査で再稼働に必要な原発の新規制基準に適合した。東日本大震災の震源に最も近く、津波で被災した原発が再稼働の条件を一つクリア。事故対策工事は2020年度内に終わる予定だったが、追加対策が必要となり完了時期は22年度に延期となった。
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、電力各社は原発の運転員をグループ分けして接触させないようにするなど対策を強化した。
関電は5月8日から予定していた大飯原発3号機(福井県)の定期検査を延期。多くの作業員が集まって感染リスクが高まることに、地元自治体から懸念の声が上がっていた。』

① 『四国電力伊方原発3号機(愛媛県)が1月17日、広島高裁の仮処分決定で運転禁止命令を受けた。定期検査で停止していたが、司法判断が覆らない限り、運転を再開できない。』との高裁判断は、大きな意義が有るんじゃないでしょうか?

② 『九州電力川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県)が3月16日、テロ対策施設の完成が定められた期限に間に合わず、運転を停止した。運転の再開は12月を予定している。川内2号機も同じ理由で、5月20日に運転を停止し、再稼働は来年1月となる見込み。 』とは、もう一度、『運転差止仮処分決定』を狙って提訴するべきですよね?

③ 『テロ対策施設の完成遅れでは、関西電力高浜原発(福井県)の3号機が8月2日~12月22日の5カ月弱、4号機は10月7日~来年2月10日の4カ月強、停止する。 』とは、ここも『運転差止仮処分決定』を狙って提訴するべきですよね?

④ 『東北電力女川原発2号機(宮城県)が2月26日、規制委の審査で再稼働に必要な原発の新規制基準に適合した。東日本大震災の震源に最も近く、津波で被災した原発が再稼働の条件を一つクリア。事故対策工事は2020年度内に終わる予定だったが、追加対策が必要となり完了時期は22年度に延期となった。 』事は、2年も再稼働時期が延期されるという事ですね?

⑤ 『関電は5月8日から予定していた大飯原発3号機(福井県)の定期検査を延期。多くの作業員が集まって感染リスクが高まることに、地元自治体から懸念の声が上がっていた。』とは、時期は延びるけれど大飯原子力発電所も停止して『定期検査』入りする訳ですか?

閲覧数:
9
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/6/216:35:34

① 四国電力の伊方原子力発電所3号機が2020年1月17日に、広島高等裁判所の『運転差止仮処分決定』で運転禁止命令を受けており、定期検査で停止していたモノの、司法判断が覆ら無い限りは運転再開が出来無いのであり、高等裁判所の判断は非常に大きい意義が在ると思うのであります。

② 九州電力川内原子力発電所1号機は2020年3月16日に、2号機も5月20日に【特重施設】の未完成から運転停止させられているのであります。

裁判官にもよりますが、もう一度『運転差止仮処分決定』を狙って、提訴すべきと思うのであり、第2の樋口英明裁判長が居れば、勝訴の可能性はある程度高いと思うのであります。

③ テロ対策施設【特重施設】の完成遅れでは、関西電力高浜原子力発電所3号機が8月2日に、4号機は10月7日に停止するのであります。

当然に、此処も『運転差止仮処分決定』を狙って、提訴すべきと思うのであります。

既に、此処では樋口英明裁判長が『運転差止仮処分決定』を出した原発なので、裁判官次第では十分に勝訴出来ると思うのであります。

④ 東北電力女川原子力発電所2号機が2月26日に、原子力規制委員会の審査で再稼働に必要な『新規制基準』に適合したとされており、東日本大震災の震源に最も近く、津波で被災した原子力発電所の再稼動の条件をクリアしているモノの、事故対策工事は追加対策が必要と成り、その完了時期は2022年度に延期と成り、再稼動の心配は当面は無くなったと言う事であります。

なお、女川原子力発電所に付いては、東日本大震災により重大過酷事故寸前まで行っていたので、此処も住民側は裁判を提起して『運転差止仮処分決定』を狙うべきと思うのであります。

⑤ 関西電力は5月8日から予定していた大飯原子力発電所3号機の定期検査を延期しており、多くの作業員が集まって新型コロナウイルスへの感染リスクが高まる事に、地元自治体から懸念の声が上がっていたのであり、時期は伸びるモノの大飯原子力発電所も停止して『定期検査入』する事に変更は無いと言う事であります。

①...

質問した人からのコメント

2020/6/6 20:58:53

回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる